生活全般の気になる情報

2018年02月18日

布団をコインランドリーで丸洗いする方法 no2

コインランドリーを使用して布団を
丸洗いする方法について見ています。

コインランドリーで布団を洗うに際し、
上手に洗濯する方法を把握しておきましょう。
洗濯する以上失敗はしたくないですからね。

以下見ていきましょう。


■ コインランドリーで布団を丸洗いする

・使用するコインランドリーのサイズ

コインランドリー内の洗濯機のサイズには、
大・中・小があります。
家の布団を洗う際には、大きい洗濯機を使用しましょう。

洗濯機が小さいと、脱水のときに
布団の中に水分が残ってしまい、
乾燥に余計な時間がかかるためです。


・使用する乾燥機のサイズ

また、乾燥機にもドラムが大きいタイプと
小さいタイプがありますが、
大きい方を選びましょう。


ドラムが小さいと、熱カロリーが弱く、
乾燥用の空気が布団全体に行き渡りにくいため、
乾燥に時間がかかってしまうからです。

乾燥機はたいてい温風式ですが、
中には温風乾燥と自然乾燥の何れかを
選ぶタイプもあります。
その際には、布団の中まできちんと
乾かすために温風乾燥を選びましょう。


・金額

金額は洗濯機が600円から1,000円前後、
乾燥機が1,000円から2,000円前後となっています。


コインランドリーにはたいてい両替機が
用意してありますが、
お店によっては両替機がないところもあるので、
100円玉を十分に用意していきましょう。


ということで布団をコインランドリーで丸洗いする
方法についてでした。

先ずは使用するコインランドリーの装備からでした。

・使用する洗濯機のサイズは大を選ぶ
布団を洗濯するということですので、
最も大きいサイズを選ぶということになります。

これは理解できることですね。
布団は大きいものですから、余裕をもって
大きいサイズの洗濯機を選びましょう。

・使用する乾燥機もドラムの大きいものを選ぶ
布団は洗濯も大切ですが、その後にしかっりと
乾燥させることは更に重要となります。

湿気のある布団では眠ることになってしまっては、
本来の洗濯するという意味がなくなってしまいます。
また布団にカビが発生してしまうことにもなります。

しっかりと乾燥させるためにも
熱が強く布団の中まで乾燥できるものを使用しましょう。
しっかりと洗濯するためにも、
こういった点は把握しておきましょう。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

布団をコインランドリーで丸洗いする方法 no1

前回までは布団を洗濯する方法について
色々と見ました。

布団の洗濯には以下の2つの方法がありましたね。
・専門のクリーニング業者に依頼する
・自分で洗濯機で洗濯する

どちらも有効な方法でありますが、
どちらもそれぞれに一長一短がありました。
まあ完璧な方法などないのですから、
それはそれで良いでしょう。

そこで今回は自分で洗濯する方法にあった
コインランドリーを使用するあたって
もう少し詳細をみていくことにしましょう。


■ 布団をコインランドリーを使用して洗濯する

普段からシーツや枕カバー、
布団カバーはこまめに洗濯しているけれど、
布団本体は天気の良い日に外に干したり、
布団乾燥機にかけるだけ、
という方が多いかと思います。

布団は毎日使用するものですし、
大きいものですので、
取扱い、管理も大変ですので
清潔感を保つのも苦労します。

そのような時に布団ごと丸洗いできれば
清潔ですっきりするものです。
布団の丸洗いは布団屋さんやクリーニング店で
受け付けてくれますが、
日数もお金もかかるのが悩みどころです。


そこで前回まで見ましたように、
敷き布団から掛け布団まで
布団一式をコインランドリーで
すっきり丸洗いする方法と
布団を上手に洗いあげるための方法を見ていきます。


いつも清潔な布団で寝たい方、
急に泊りがけのお客さんが来ることになったので
布団を干したけれど、それだけではなんだか心配という方、
子供が布団を汚してしまって困っているという方等々、
布団について色々と悩んでいる方
是非とも参考にしてみて下さい。


ということで布団をコインランドリーで丸洗いする
方法についてでした。

前回までで見ましたように
布団を自分で洗濯するにあたっては
限界がります。

それは布団のサイズによっては自分の持つ
洗濯機では収まらないということです。

敷布団にしても掛布団にしても
サイズはそれなりに大きなものですので
洗濯するにはそこをクリアする必要があります。

最近の洗濯機は機能や、対応容量も大きくなっているので、
随分と良くなっているとは思いますが。

とは言っても難しいということもあるでしょう。
そこで支援してくれるのがコインランドリー、
ということになるかと思います。

ではコインランドリーを使用して上手に
布団を洗濯する方法はあるのでしょうか。
次回から見ていくことにしましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする