2014年02月: 生活全般の気になる情報

2014年02月28日

お茶を飲んで花粉症対策!6つの花粉症に効くお茶をご紹介

先日は花粉症体質を改善する方法として、ポリフェノールや、
ハーブティーが良い
ということを紹介しました。
・ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、アレルギー体質改善に適していること。
・色々な薬効のあるハーブティーのなかには花粉症に効果があるものがあること。
等を取り上げました。
今回はこれに続き、花粉症に効果のある「お茶」ということでみてみます。
花粉症に効くお茶には、免疫力を高める成分が多く含まれているということで、
花粉症に効くお茶を飲むことによって効果的に花粉症を解消することができるようです。
どのようなお茶が効果があるのか楽しみです。

■ 花粉症に効くお茶

花粉症に効くお茶には色々な種類があります。
お茶にはカフェインやタンニンが含まれている場合が少なくありません。
体質に合わないお茶を飲むと気分が悪くなる可能性もありますので
注意する必要があるでしょう。
以下にでは、花粉症に効く6種類のお茶をみていきます。

花粉症に効くお茶①:ルイボスティー

ルイボスというのは南アフリカの一部の地域に生息している針葉樹のことです。
このルイボスの葉を発酵させ乾燥させたものがルイボスティーです。
ヒスタミンを抑える成分が多く含まれていますので、
ルイボスティーは花粉症に効くお茶ということができます。
このお茶にはカフェインが含まれていませんので、
小さな子供や妊婦さんも安心して花粉症対策に使用することができます。

花粉症に効くお茶②:シジュウム茶

シジュウムというのは南アメリカの熱帯地方に生息する植物です。
シジュウム茶にはタンニンが豊富に含まれています。
タンニンはポリフェノールと呼ばれることがありますが、
ポリフェノールには抗酸化力や免疫力を高める効果があります。
そのため、シジュウム茶は花粉症に効くお茶ということができます。

花粉症に効くお茶③:シソ茶

シソの葉は日本にもたくさん生息しています。
ほとんど一年中手に入れることができますので、手軽に飲むことができます。
また、シソ茶には抗ヒスタミン成分が多く含まれています。
ヒスタミンは花粉症を引き起こす物質ですので、
シソ茶は花粉症に効くお茶だということができます。

またシソ茶にはカフェインが含まれていませんので、
カフェインの入った飲み物を飲むことができない人も安心して飲むことができます。

花粉症に効くお茶④:スギ茶

スギは花粉症を引き起こす植物として代表的なものです。
スギ花粉に悩まされている方は多くおられることでしょう。
しかしその花粉症を同じスギから作られたスギ茶によって
解消することができることが分ってきています。
スギ茶は花粉症に効くお茶というだけでなく、
その高い殺菌効果により、風邪などの病原菌を殺菌する効果もあります。
花粉症対策にスギ茶を使用してみてはいかがでしょうか?

花粉症に効くお茶⑤:レモンバームティー

レモンバームティーは、長生きに役立つとしてヨーロッパで
昔から愛飲されてきたお茶です。
高血圧や頭痛、ストレスを効果的に解消するために役立つと言われています。
また、レモンバームティーにはロズマリン酸が含まれています。
この成分は花粉症を抑えるのにとても効果的です。
ですから、レモンバームティーは花粉症に効くお茶ということができます。

花粉症に効くお茶⑥:苦丁茶(くていちゃ)

苦丁茶は中国が原産のお茶です。
中国では2000年以上前から飲まれている歴史あるお茶です。
健康茶として良く知られており、便秘解消やダイエット、風邪予防、
高血圧予防、がん予防に効果的です。
また体質改善の効果もあるため花粉症に効くお茶でもあります。
少し苦みがあることが特徴のお茶ですが、花粉症対策に使用してみてはいかがでしょうか?


以上花粉症に効果のある「お茶」ということで、6種類のお茶を見てみました。
①の「ルイボスティー」は、以前から良く飲んでいます。
花粉症対策ということではなく、カフェインが入っていないということもあり、
子供にも良いということで、飲んでいました。今もたまに飲みます。
癖もないので飲み易いですね。こんなに花粉症に効果があるのでしたら、
もう少し継続して飲んでみようかと思います。

残りの5つについては、飲んだこともありませんし、
そのようなお茶の存在すら知りませんでした。

④の「スギ茶」は、驚きですね。ショック療法とでも言いましょうか。
敢えて花粉に立ち向かうというイメージを持ちましたが、
花粉症にも良く、更に殺菌効果も高いということで、いいかもしれません。

その他「レモンバームティー」や「苦丁茶」も興味があります。
機会があれば飲んでみたいですね。
Amazonなどでも入手できるようなので、一度試してみようかと思います。

こうやってみてみますと「お茶」のパワーの凄さに脱帽ですね。
色々と試して少しでも花粉症の症状を和らげられたら良いですね。

ということで、花粉症に効くお茶でした。
本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 00:45| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

花粉症による睡魔、眠気を緩和する方法!

花粉症には、色々な症状がありますが、その1つ1つがどれも辛いものばかりです。
言わずと知れた、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどです。
その他に頭痛、喉の痛みなどもあるかもしれません。

そして、私の場合特に辛く感じるのが、睡魔、眠気、です。
ただでさえ、睡眠不足気味で、睡眠が足りていない状況にもかかわらず、
頭がボーッとしてきて、思考回路が鈍り、強い睡魔に襲われます。
また、症状を抑える、悪化させないことから、薬を服用しますが、
この薬がまた睡魔を呼び起こします。

こんな理由で、春先のウトウトするような陽気に加え、
花粉症も加わって非常に眠く、辛くなります。
何とかならないものかと思い、今回は花粉症による睡魔、眠気を
緩和する方法をみていきます。

■ 花粉症と睡魔

気候も暖かさを感じられるようになり、花粉の飛散が多くなる時期です。
花粉症の症状で一番多いのが、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目の痒みだと思います。
それに続いては頭痛、倦怠感になると考えられますが、
その他に昼間に眠気を感じている人も多いのではないでしょうか?
特にあの昼間の眠気が、数ヶ月間、スギ花粉のピークが過ぎるまで
毎日続くのは厳しいですね。

■ 花粉症で何故眠気が強くなるのか

花粉症は飛散した花粉が鼻の粘膜に付着して引き起こされるアレルギー症状です。
鼻の粘膜はこの花粉を洗い流そうと鼻水をだすので、
花粉症のシーズン中は常に鼻が詰まっている状態です。
睡眠中も口で呼吸する事が多くなり睡眠が浅くなります。
睡眠の質が悪くなり昼間に眠気を感じる事が多くなります。

目の痒みは慢性的な眼精疲労を引き起こし、これも眠気を感じる原因となります。
また、鼻詰まりによる睡眠の質の低下は昼間の眠気だけではなく、頭痛の原因ともなります。

■ 眠気を改善する為に鼻詰まりを治す
花粉症による眠気を軽減、改善していく為には鼻詰まりを治すのが有効です。
以下にその対策をまとめました。

①湯気で温める

睡眠前にこれをやるとある程度鼻がスッキリします。
熱めのお風呂で湯気をしっかりと鼻から吸い込んだ後は
蒸しタオル等を鼻にかけて鼻の通りを良くしておきましょう。
鼻粘膜の血流を改善する事でも鼻の通りが良くなります。

②運動で鼻詰まりを解消

運動で血流を良くすると、詰まってどうしようもなかった鼻の通りが
改善される事が良くあります。
熟睡にも繋がって一石二鳥です。質の良い睡眠で昼間の眠気を撃退しましょう。

③辛い物を食べる

辛いスープ等を食べた後に汗と一緒に鼻水が出てくるという経験は
誰にでもあるのではないでしょうか。
花粉症シーズンの鼻詰まりにこれを利用しましょう。
どう頑張っても通らなかった鼻詰まりが一発で治る事があります。

④アロマやハーブティー

ペッパーミントやレモンバームなどのハーブティーを飲むと、
あっさりと鼻が通る事があります。
因みにペッパーミントは頭をスッキリとさせる効果もあるので、
眠気を感じた昼間に飲むのもお勧めです。
洗面器に熱湯をはってエッセンシャルオイルを数滴たらし、
湯気を鼻から吸い込むのも効果があります。

⑤鼻腔拡張テープ

花粉症の時期の強い味方、鼻腔拡張テープを睡眠時に鼻に貼って寝ましょう。
睡眠の質がかなり変わってきます。
安眠と熟睡さえできれば昼間の眠気や頭痛も解消できるはずです。

⑥目薬をこまめに使用する

毎年花粉症で悩まされている方には当たり前の必需品ですが、
目薬をこまめにさして花粉を洗い流しましょう。
痒み止めと同時に眼精疲労防止に繋がり、眠気や頭痛の改善に繋がります。

⑦薬の選び方

花粉症の時期の眠気、鼻詰まりによる睡眠の浅さも原因ですが、
その他にも薬による副作用が考えられます。
花粉症の薬の効果と眠気は比例しないと言われています。
どうせなら眠くならない薬を選びましょう。

眠くなってしまう薬とは花粉症のアレルギーに対して
最も多く使用される抗ヒスタミン剤の事です。
こちらは眠気以外にも脳の判断力を鈍らせてしまうという作用があります。
この眠気をともなう抗ヒスタミン剤、開発は1940年代という非常に古いものです、
現在は眠くなりにくい新薬が続々と開発されているので、
薬局や医師などへ問い合わせてみると良いでしょう。

⑧喫煙と飲酒を控えめにする

分かっていても止められないのが喫煙と飲酒ですが、
これも花粉症の症状を悪化させる要因となります。
特に喫煙は鼻詰まりを更に悪化させるため、睡眠の質が低下して
昼間の眠気にもダイレクトに繋がってしまいます。
なるべくなら吸わないほうが良いのですが、
無理な人はせめて本数を減らしましょう。

飲酒の中でも特にビールは水分量も多い為に鼻詰まりの原因になります。
花粉症のシーズンはポリフェノールを多く含んで、
免疫力を高める効果のあるワインに変えると、
鼻詰まりや翌日の眠気も少しは楽になるでしょう。


ということで、花粉症による睡魔、眠気の対策を見てみました。
上記8項目、内容的にも対応し易いものばかりですので、
試してみるのにも良さそうな内容だと思いました。

私の場合、やはり気になるのは⑦薬の選び方に関するもので、
抗ヒスタミン剤の薬は、眠気を呼び起こし易いということですね。

成分などあまり気にせず、市販の薬を使用することが多いので、
或いは抗ヒスタミン剤の薬を服用していたのかもしれません。
睡魔、眠気対策からも、今後は成分や内容なども確認したうえで、
薬の選択をしてみようかと思います。

最後の飲酒ですが、控えめにするのが良いとのことで、
お酒が飲めないという別の辛さもありますが、
これは我慢するしかないですね。
ビールは控えて、ワインをメインにしようかと検討中です。
一時的なものですからね…。

ということで、花粉症による睡魔、眠気緩和方法を見てみました。
しっかり睡眠は摂って、昼間の眠気に打ち勝ちましょう。
本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 00:51| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

花粉症体質を改善する方法! ポリフェノールやハーブティーがお勧めです。

何度か書いていますが、私は花粉症を発症してかれこれ20年以上になります。
ですので、毎年この季節は暖かくなり、本格的な春を迎えるという点では、
ワクワクするような気分になるのですが、
花粉症があるため、憂鬱な気分でもあります。

市販の薬や、病院で処方された薬を服用して、花粉の飛散のピークが過ぎるのを待つ、
そんな感じです。
薬を服用すると、症状は抑えられるのですが、強烈な睡魔に襲われることもあって、
何とも辛い日々が続きます。

花粉症って完治しないんでしょうかね。
完治までいかなくても、症状を和らげていけたらなあと、いつも思います。
ということで、今回は花粉症の体質を改善する方法について見てみましょう。

■ 薬に頼らない花粉症対策

気候も徐々に良くなり、行楽シーズン、お花見など楽しい行事がやってきますが、
そんな清々しい陽気の春も、花粉症では台無しです。
また薬を服用して一時的に症状を改善しても、眠気や倦怠感などの副作用で、
今一つ楽しめないという事もあります。
花粉症はどうにかして治したいものです。
アレルギーだから治らないと諦めてはいけません。
近年注目の集まる健康食や薬効のあるハーブティーなどで、
体質を徐々に改善していき、花粉症そのものも改善してしまいましょう。

■ 花粉症は治ります。

体質改善に成功して、花粉症を治してしまった人は少なくありません。
この体質改善に成功して花粉症を治した人の多くは、薬などによる一時的な治療ではなく、
食事療法やハーブティーなどの薬効を私生活に積極的に摂り入れる事で成果を得ています。

■ 注目のポリフェノール

ポリフェノールという栄養素、御存じの方も多いと思いますが、
ポリフェノールは、ビタミン・ミネラル・炭水化物・たんぱく質・脂質、
という5大栄養素、それに続く食物繊維、これらと肩を並べて重要である
と言われている7番目の栄養素です。
多くの種類を持つポリフェノールにはそれぞれに名前が付いており、
有名なものでは緑茶カテキンなどがそれにあたります。

ポリフェノールには強力な抗酸化作用がある事が分かっており、
健康を害すると言われる活性酸素を体内から除去する働きをしてくれます。
この栄養素を積極的に体内に摂り入れることによって、
花粉症などのアレルギー症状の改善だけでなく、
老化の防止、ガン予防など様々な効果が期待できます。
ポリフェノールは植物が光合成によって作り出す苦みや渋みの成分ですので、
緑黄色野菜に多く含まれます。

よって、野菜を沢山食べて体質を改善していこうという事なのですが、
私たちの身の回りにある食材で、ポリフェノールを豊富に含む物を幾つかご紹介します。
・緑茶:緑茶カテキン
・大豆:大豆イソフラボン
・赤ワイン:プロアントシアジニン
・コーヒー:クロロゲン酸
・玉ねぎ:ケルセチン

■ その他にもポリフェノールを多く含む食品

ゴマ・紫蘇・ブドウ・イチゴ・ムラサキイモ・ミョウガ・ブルーベリー
・カカオ・リンゴ・パセリ・ピーマン等々です。

ポリフェノールは苦みや渋みの成分である為、特に野菜や果物などの皮に含まれる事が多く、
リンゴなどは皮のまま食べる事によってポリフェノールを効率よく摂取する事が出来ます。
栄養価の高い野菜中心の食生活で体質を改善し、花粉症を治しましょう。

■ ヨーグルトで体質改善

次に花粉症を改善する注目の食べ物はヨーグルトです。
ヨーグルトの乳酸菌をなるべく生きたまま腸に届ける事によって、
腸内環境を良好に保ち、免疫バランスを整えアレルギーを克服しましょう。

もちろん二三日ヨーグルトを食べただけで花粉症が治る訳ではありませんが、
毎日の習慣としてヨーグルトを食べる事によって体質を改善し、
花粉症を治した人は沢山います。
因みに朝の空腹時にヨーグルトを食べても乳酸菌が胃液に殺されてしまって
腸まで届かないので効果は半減してしまいます。
朝食や昼食のデザートとして、カロリーの気にならない人は
夕食後に食べる事によって、乳酸菌が生きたまま腸まで届き
免疫バランスを整えて体質を少しずつ改善していってくれます。

■ ハーブティーで体質改善

最後はハーブティーによる体質の改善です。
様々な薬効を持つ事で知られるハーブティーですが、
その中には花粉症に効くものも多数あります。

ハーブティーも花粉症のシーズンが本格化する前から
毎日飲み続ける事によって、体質を少しずつ改善していき、
花粉による症状を軽減してくれます。

■ 特に花粉症に効くと言われているハーブティー

①ペッパーミント

ペッパーミントのハーブティーはミントポリフェノールの力で
活性酸素を除去してくれると同時に、抗菌作用、殺菌作用で風邪の予防にも役立ちます。
頭をスッキリとさせ、鼻通りを良くするので、
体質改善目的だけでなく、花粉症の症状そのものにも効果があります。

②ネトル

ネトルのハーブティーには、アレルギー性鼻炎の緩和、
花粉症の鼻詰まりや目の痒みの緩和、それに伴う体質の改善などの作用があります。
ネトルも体質改善目的だけでなく花粉症の症状そのものに直接効くお茶なので、
花粉の飛散が激しいシーズン中の症状緩和に毎日飲みたいお茶です。

③ルイボス

ルイボスは南アフリカでは不老長寿のお茶と呼ばれるほど、
様々な健康作用があります。
ルイボスは花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和だけでなく、
豊富な栄養素による美肌効果もあります。
少し癖のある味ですが、習慣的に飲む事で体質の改善が期待できます。


ということで、飲食により花粉症の体質を改善していきましょう、
という内容でした。アレルギー体質は治せるということで、これは興味があります。
というか、私の場合何とか治したいという切実な思いですね。

先ずは、ポリフェノールが良いということで、色々な食材から摂取できますね。
上に書かれているものは、ポリフェノールの含有が豊富であるとしては有名かなと思います。

特に緑茶、赤ワイン、大豆は良く言われますね。
私も緑茶は良く摂るようにしています。
酒好きとしては、赤ワインを毎日でも飲みたいところですが…。
その他野菜に多く含まれているとのことで、
野菜中心の食生活というのは、こういう花粉症対策でも有効なのですね。

それから、ハーブティーですか。
ハーブティーを摂取することで、花粉症の体質が改善されるというのは知らなったです。
そもそもハーブティーなどあまり飲まないので、何とも言えませんが、
ただルイボスティーは花粉症に良いということで、妻から奨められてたまに飲んだりします。

でもたまにでは、駄目なんでしょうね。
体質改善ですから、長く継続することが必要だと思います。

今回見た方法は、体質改善ですので、直ぐに症状を緩和する
という方法ではないでしょうが、普段の飲食で摂取できるといことでは、
長く続け易いかもしれないですね。

継続は力なりと言いますので、花粉症の体質を改善すべく、
どれか1つでも試してみようかと思います。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 00:50| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

辛い目のかゆみ。花粉症が原因で目がかゆい場合の効果的な対処方法はこちら!

花粉症ですが、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりといった症状の他に
もう1つ大きな症状があります。
ご存知と思いますが、「目のかゆみ」ですね。

この症状も、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりと同様に大変辛いものです。
一旦この症状が出ますと、目や目の周りが猛烈にかゆくなり、どうにもならなくなります。
かゆいからと言ってかいてしまいますと、目が充血し、
赤くなってしまいますし、目の周囲がヒリヒリと痛み出します。

これは本当に辛いです。眼球を取り出して洗いたくなりますね。
私の場合、コンタクトレンズを使用しているのですが、
この時期は装着するのも辛かったりします。

さて、花粉症による目のかゆみですが、良い対処方法はあるんでしょうか。
今回は、花粉症で引き起こされる目のかゆみへの対処方法です。

■ 花粉症による目のかゆみ

目がかゆくなると、落ち着いて仕事や勉強に集中することができなくなります。
目がかゆい時に目をこすったりするなら、更に目のかゆみは悪化してしまいます。
ですから、花粉症による目のかゆみを緩和させることは大切です。

花粉症は一度かかるとその症状を緩和させることが難しい病気です。
また、今花粉症が無い人もこれから先に花粉症になってしまう可能性は十分にあります。
花粉症が原因で目がかゆいという状態を緩和させる方法は、
花粉症に悩まされている人も、今花粉症が無い人も知っておくことが必要でしょう。

花粉症によって目がかゆい場合、
その症状を緩和させる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
以下に対処方法を挙げていきます。

■ 花粉症により目がかゆい場合の対策、対処方法

対処方法①:薬

花粉症によって目がかゆい場合には、
薬を使用して目をきれいに洗うことが効果的な対策方法となります。
目薬や洗眼薬が薬局で手に入りますので、それらを使用して定期的に目を洗浄しましょう。
これにより、目がかゆい症状を抑えることができるだけでなく、
目の充血や涙目、目の病気にならないようにすることができます。

対処方法②:花粉防止用の眼鏡

最近では様々な花粉防止用に眼鏡が市販されています。
花粉症によって目がかゆい場合はそのような眼鏡を使用することにより、
効果的に症状を抑えることができます。

花粉防止のための眼鏡には色々なデザインのものがあります。
かけていると普通の眼鏡にしか見えないものもありますので、
仕事中など人前に出る時にも問題なく使用することができます。
花粉症予防のための眼鏡をかけるのであれば、
目の周りがしっかり覆われるものを使用するようにしましょう。

対処方法③:洗顔

花粉症によって目がかゆい場合、洗顔を定期的に行なうことも
効果的な対策方法となります。
花粉症によって目がかゆい原因は、顔に花粉が付着するからです。
その花粉をしっかり取り除くことができれば、
花粉症による目のかゆみを緩和させることができます。

対処方法④:髪の毛に花粉が付かないようにする

髪の毛に花粉が付かないようにすることも、
花粉症によって目がかゆい場合の効果的な対策方法となります。
花粉が髪の毛に付かないようにするためには、髪型に気を付ける必要があります。
特に女性で髪の長い人は、花粉が髪の毛に付着しやすくなります。
外出するときには髪の毛を束ねる、帽子をかぶるなどの対策を行なうと、
髪に付着した花粉で目がかゆくなるのを防ぐことができます。

対処方法⑤:コンタクトの使用は控える

花粉症で目がかゆい場合は、コンタクトの使用を避けるようにしましょう。
目がかゆい、目が充血している、というときにコンタクトを装着すると、
目のかゆみや痛みが重症になる場合もあります。注意しましょう。
花粉症の時期にコンタクトレンズを装着するのであれば、
その上から花粉防止用の眼鏡をかけると良いでしょう。

またコンタクトにも花粉が付着することがあります。
花粉症の時期は使い捨てコンタクトを使用するようにすると良いでしょう。

■ 花粉症時のコンタクトレンズの使用について

常にコンタクトを使用している方は、
花粉症の時期に目の不快感に悩まされることが多いことでしょう。
コンタクトレンズを付けたまま目をかくなら、
コンタクトずれてしまいますし、目を傷つける原因ともなります。

コンタクトを付けている時に目がかゆくなるなら、
コンタクト専用の目薬を使用しましょう。
また一度コンタクトを取り外し、普通の目薬を使用し、
再度コンタクトを付ける、という方法も効果的な方法です。
コンタクト専用の目薬は薬局や眼科などで販売されています。


ということで、花粉症が原因での目のかゆみに対しての対処方法でした。
いかかでしたでしょうか。

やはり、目のかゆみへの対処、対策としては目薬や、洗顔薬が良さそうですね。
確かに、皮膚のかゆみの際、かゆみ止めを塗りますから、原理は同じかと思います。
目薬も定期的に使用して、かゆみを封じこめられると良いかもしれません。

私の場合、コンタクトレンズなので、目薬を使用するのが大変面倒なのですが、
コンタクトレンズを装着したままで使用できる目薬もあるようなので、
使用を検討してみようと思います。

それから、花粉症によって目がかゆい場合の対策方法③の洗顔ですが、
これは知らなかったですね。
・花粉症によって目がかゆくなるのは、顔に花粉が付着するため。
・洗顔を定期的に行なうことが、効果的な対策方法となりる。

私は花粉が直接目に入ってくるようなイメージを持っていましたが、
もちろんそのような場合もあるのでしょうが、
顔に花粉が付着することでも、目のかゆみが引き起こされるとは
ちょっと驚きでした。こんなことが目がかゆい原因となっていたのですね。

花粉症となってから20年以上経ちますが、今まで思いもしなかった
目のかゆみの原因を知って、今年は少し心強い気分です。
とりあえずは、こまめに顔を洗ってみようかと思います。
効果が出てくれたら嬉しいなあと思います。

以上、花粉症が原因で目がかゆい場合の効果的な対処方法でした。
本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 00:15| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

花粉症と風邪の見分け方。花粉症と風邪の違いを知っておきましょう。

2月初めから、中頃にかけては2週続けて東京でも大雪が降り、大変でしたが、
先週末は気温は低かったですが、久し振りに晴れて穏やかな土曜、日曜でした。
私の家の近所にはまだまだ雪が残っているところも多く、
完全に溶けるにはまだまだ時間が掛りそうです。

さて、花粉症についてみています。
今年は、私はまだ症状は出ていないので比較的落ち着いていますが、
我が家の娘が発症してしまったようです。

先週金曜日あたりから、くしゃみの連発、鼻水が出る、目がしょぼしょぼ、
と典型的な症状だと思っていました。
ところが、土曜の夕方から夜にかけ、くしゃみをしたり、鼻水を出しているんですが、
ちょっと様子がおかしいんですね。
だるそうで、お腹が空いたというわりに、食欲もあまりなく、元気も無し。
頭も痛いと言い出す始末です。

風邪をひいたかと思い、熱を計ってみたところ、36.9°と何とも微妙な数字でした。
花粉症なのか、風邪なのか分からなくなってしまい、とりあえず直ぐに寝かせました。

花粉症と風邪って見分けるのが難しいですね。
ということで、今回は、花粉症と風邪の見分け方について見てみましょう。

■ 花粉症と風邪の正しい見分け方

花粉症と風邪には多くの共通する症状があります。
例えば鼻詰りや鼻水、くしゃみ、咳、発熱などに悩まされることがあります。
その原因が花粉症なのかそれとも風邪なのかという見分け方を知っていないなら、
それらの症状を効果的に緩和させることは難しくなるでしょう。
なぜなら花粉症と風邪は全く別の病気だからです。

では、花粉症と風邪の見分け方のポイントはどのような点になるのでしょうか?
ポイントは2つあります。

①症状全体を見る。
花粉症の場合と風邪の場合には同じ症状が表われるとはいえ、
その症状の重さが異なることがあります。
そこを見逃さないようにすることが、花粉症と風邪の正しい見分け方です。

②どちらかに特徴的な症状を見つける。
花粉症に合って風邪に無い症状、風邪に合って花粉症に無い症状を見つけることが、
正しく花粉症と風邪を見分ける助けになります。

以下に花粉症と風邪の見分け方について具体的に見ていきましょう。

■ 花粉症と風邪の見分け方

①:熱がどれほど上がるか

こちらは症状の重さによって花粉症か風邪かを見分ける方法です。
花粉症にも風邪にも発熱が伴うことがあります。
花粉症によって発熱する場合は微熱であることが少なくありません。
少し熱が出るだけ、という状態が長く続くことでしょう。

しかし、風邪の場合は高熱が出ることがあります。
場合によっては39度から40度ほどの熱が出ることもあります。
高熱が出た場合は花粉症ではなく風邪が原因とみることができるでしょう。
熱がどれだけ上がるかは、花粉症と風邪の見分け方として役立つ事柄です。

②:目がかゆくなる

こちらは花粉症に合って風邪に無い症状です。
目がかゆくなりそれに伴って鼻詰りや鼻水、くしゃみなどがある場合は、
アレルギー性の疾患を疑う必要があるでしょう。
花粉症になっていることは十分に考えられます。
風邪によって目がかゆくなることはありませんので、
花粉症と風邪の見分け方のポイントとなるでしょう。

③:寒気

この症状は風邪に合って花粉症に無い症状です。
風邪を引くと高熱が出る前に寒気がすることがあります。
寒気がして鼻詰りや鼻水、くしゃみがある場合は風邪の引き始めである可能性があります。
花粉症ではほとんど発熱しないか、発熱しても微熱程度なので、
寒気を感じることはないでしょう。
寒気があるかないかも、花粉症と風邪の見分け方のポイントとなります。

④:鼻詰り

鼻詰りは花粉症にも風邪にもある症状です。
しかし、鼻詰りの症状は花粉症の方が強く出ると言われています。
また花粉症による鼻詰りの方が、期間が長くなります。
風邪による鼻詰りもありますが、こちらは風邪薬を飲むと解消される場合が
少なくありません。
鼻詰りの程度を見極めることも、効果的な花粉症と風邪の見分け方ということができます。

⑤:鼻水

鼻水も花粉症と風邪を見分けるために役立ちます。
鼻水は花粉症にも風邪にも伴いますが、鼻水の種類が異なります。
花粉症の場合は鼻水が出ても無色のサラサラとしたものですが、
風邪の時の鼻水は色が黄色く粘りもあります。
鼻水の違いは、花粉症と風邪を見分ける助けになるでしょう。
鼻水の種類を知っておくことも、花粉症と風邪の見分け方のポイントとなります


ということで、花粉症と風邪の見分け方についてみてみました。
上記5つを当てはめることで、花粉症なのか、風邪なのか見分けられそうですね。

「目がかゆくなる」、これはやはり花粉症の症状なんですね。
先ずはここから疑っていくのが良さそうです。
私の場合も目がかゆくなるので、ほぼこの時期は花粉症かと思います。

「発熱」はどちらの場合にも該当する症状ということですが、
急激に熱が上がらない場合は花粉症と判断して良いようです。
土曜の娘の症状は37°程度でしたので、花粉症の一環かと思います。
ちなみに日曜の朝は元気に起きてきましたので、花粉症の症状が
少々重くなったことに因るものと思います。

私もこれから徐々に症状が出てくると思いますが、
気温も不安定であったりして、体調も崩しやすく
花粉症なのか、風邪なのか分からなくなる時が毎年良くあります。

今回の内容を参考にして、花粉症・風邪を見分けて
正しく対処していきたいと思います。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

花粉の付着を防ぐには? 洗濯物に花粉を付けない方法。

前回は、花粉の減らし方や、取り除き方を見てみました。
外出時、帰宅時、屋内や室内での対策を色々見てみました。

・風の強い日は可能な限り外出を控える。
・帰宅時はしっかりと花粉を払ってから家に入る。
・部屋の窓の開け閉めは、早朝や夜にする。
・布団を干した時は、十分たたいて、花粉を落とす。

等々、ある意味良く言われていることですし、基本中の基本かもしれませんが、
そういったことの積み重ねが大事なのではと思います。

さて、今回も花粉の減らし方、取り除き方の続きとなります。
洗濯物など衣服に着いた花粉への対策はどうしたら良いか、見てみましょう。


■ 見えない花粉をどう減らすか

花粉の飛散については、風の強い晴れた日は特に注意が必要です。
花粉の大きさは20~30μmですから、実際には1つ1つは見えません。
自分の服に花粉がついているかは目で見ても分かりませんが、
花粉は受粉のため、色々なものにくっつきやすい性質を持っています。
ですので、花粉症シーズンは、外出した衣服にはついていると考えたほうが良いでしょう。

衣服についた花粉を持ち込まないためにも、家に入る時には、
必ず衣服をはたいて入りましょう。
花粉がつきにくいよう、できるだけ表面がツルツルした服を着るのがお勧めです。

さらにしっかり花粉を減らしたいなら洗濯が有効です。
衣服が傷まない程度にしっかり洗濯して、ついた花粉を落とします。

■ 花粉をつけない洗濯物の干し方

①屋外で干す場合

屋外ではどうしても、洗濯物に花粉がついてしまいます。
花粉飛散情報に注意して、飛散する花粉量の少ない日に干すようにしましょう。

洗濯物を外干ししておく時間が長くなるほど花粉がたくさん付いてしまいます。
洗濯物は乾いたらすぐ取り込み、長時間干しっ放しにしないように気をつけましょう。

干した後は、しっかりとはたいてから、家に取り込むようにしましょう。
振りはらうだけでも洗濯物に付いた花粉をかなり落とすことができます。
そのときには、マスクや眼鏡の着用も大切です。

②屋内で干す場合

洗濯物に花粉がつくことは非常に少なく、花粉の時期にはお勧めです。
特に浴室乾燥機や洗濯機に乾燥機がついている場合は問題ありません。

気をつけなければならないのは「部屋干し」です。
気になるのは臭いと、そこからくる菌の繁殖。
アレルギーのある人は、花粉だけでなく、菌がついてしまうのも困りますよね。

部屋干しの生乾きの嫌な臭いは、洗濯で落としきれない酸化した「汚れ」と
湿度の高い中で「菌の増殖」が原因です。

■ 部屋干しの生乾きの嫌な臭いを防ぐ方法

・しっかりと洗濯して汚れを落とす。
・洗濯物が乾きやすい環境にする(衣類の間を空けて風通しをよくする)
・細菌の繁殖を防ぐ。これには、抗菌効果のある柔軟剤で柔軟仕上げをしましょう。
 柔軟剤は最後のすすぎ時に加えます。 

衣類についた細菌は、アトピーの湿疹も悪くしますので、
しっかりと汚れを落とす洗剤を使いましょう。


ということで、洗濯物に花粉を可能な限りつけないようにする対策でした。
衣類の洗濯は毎日発生するものです。花粉の飛散が多いから洗濯しない
というわけにはいきませんので、悩ましいことだと思います。

洗濯物に対し、全く花粉を付けないようにする、ということはできないでしょうが、
影響は少しでも減らしたいですね。
折角洗濯しても花粉が付いてしまっては、がっかりです。

外干しなら、
・干す時間を選ぶ
・乾いたらすぐに取り込む

部屋で干すなら
・しっかり洗い、菌の繁殖を防ぐ
・抗菌効果のある柔軟剤を使用する

こういったことを1つ1つ確実に実施して、花粉から洗濯物を守る、
というこれまた基本に忠実に実施するということになるかと思いました。

洗濯物は、晴れた太陽のもとでしっかり乾かすというのが理想ですが、
花粉の飛散が多くなるこの時期については、花粉の付着の防止を優先して
快適な生活を送れるようにしましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

花粉は持ち込まない! 花粉の減らし方・取り除き方はこちらです。

花粉症について色々と見ています。
私の場合はまだ症状は出ていません。世間の人はどうでしょうかね。

東京はまだ寒いこともあって、花粉が飛散しているという情報は
あまり聞きませんが、どうなんでしょうか。
日本気象協会の花粉情報をみてみましたところ、九州、四国地方は辺りは
飛散が多いようですね。
東京も来週後半あたりから多くなりそうという予報で、少々不安です。

さて、普段の生活をしている以上、花粉から逃れるのは難しいと思います。
そうすると、どうしたら花粉を減らせるのか、取り除けるのか、といったことが
重要になってくるのではと思います。
前回は自分でできる花粉症対策というのを見てみました。
今回はそれに引き続いて、花粉の減らし方、取り除き方を見てみます。

■ 自分の身の回りの花粉を減らすことを心がけましょう。

■ 外出時の対策

・花粉飛散情報に注意する。

・晴れて風の強い日は花粉の飛散が多いので、外出は控える。

・花粉が付着するので使い捨てマスクをする。

・眼鏡・ゴーグルをつける。

・花粉が付きにくい、スベスベした生地の服を着る。

・洗濯物は花粉飛散量が少ない日に干すようにする。

・干した後は、しっかりとはたいてから、家に取り込む。

・髪の毛は花粉が付きやすいので、帽子でカバーし、長い髪はまとめる。

■ 帰宅時の対策法

・家に入る前に玄関先で服をはたき、花粉を払い落とす。

・洗顔をする。

・うがいをする。

・目を洗う。

・手洗いをする。

■ 屋内での対策法

・窓はなるべく開け放さない。

・風の強い日の喚起は特に止める。

・換気のために開け閉めする場合も、花粉の飛散が多い昼間は避け、
 早朝や夜などにする。

・カーテンをしたまま換気するようにする。

・花粉の多い時にはふとんを干さない。

■ 室内の花粉の取り除き方

・床は掃除機ではなく、ウェットシートなどで拭き掃除をする。
→ 掃除機は床の花粉を空中に舞い上がらせるので、花粉を取り切れないこともあります。
掃除機のあとに、ぬれぞうきん等で拭き掃除をすると効果的

・カーペットや布製のソファに十分に掃除機をかける。

・布団も掃除をする。

・花粉の多い時には布団を干さない。

・布団を干した時は、十分たたいて、花粉を落とす。

・空気清浄機で室内の花粉を取り除く

・温風で暖めるタイプのエアコンは、床に落ちた花粉を空中に舞い上がらせてしまうので、
エアコンの風は控えめにする。

・部屋の湿度は高めに設定する。
花粉は乾燥した場所では空中に漂い、湿度が高いと水を含んで
床に落ちていきます。
室内では加湿器などを使って、湿度を50〜60%に調整するとよいでしょう。

ということで、花粉の減らし方、取り除き方ということで見てみました。
これからの季節、風の強い日も多くなると思いますので、そうすると
花粉の飛散量も増加の一途を辿るのでしょうね…。

常に花粉に接する機会を減らし、付着した花粉は少しでも取り除いて、
家の中に持ち込まない、そういう心がけが必要かと思います。

このような減らし方、取り除き方への取り組みですが、
正直今まではあまり真面目に対応していませんでした。
これでは、花粉症の症状が悪化しても文句言えないですね。

外から帰ったら、ブラシなどで服をはたいてから家に入る、
窓の開閉を控える、洗濯物は良く払ってから取り込む、、
等々、以前からよく言われることは基本として、
取り組まないといけないと、反省しています。

どれだけ花粉を減らせるか、取り除けるか、で症状が変わりますので、
意識して、決意してやっていこうと思います。
せめて家のなかでは、良い環境で過ごしたいと思いますので、
花粉は減らす、しっかりと取り除く、これを肝に銘じておきたいと思います。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 01:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

こんな方法はいかがでしょう。自分でできるお勧めの花粉症対策!

今年は、この時期にしては珍しく大雪が降ったり、寒さが続いていたりで、
まだそれほど花粉は飛散しているようでもないですね。

花粉予報でも、私の住んでいる関東では少ないという様子です。
ただ花粉の飛散が多くなるのは時間の問題でしょうね。

3月になれば暖かい日も増え、気温も上がるでしょうし、
春一番を初めとして、強い風も吹くでしょう。
そうすれば、一気に花粉も飛散し、私もあっという間に
花粉症を発症するということになると思います。

毎年わかっていることですので、何らか対策したいと思います。
ということで、今回は自分でできる花粉症対策です。

■ 目の症状へのセルフケア

まずは、花粉の侵入をブロックすることが重要です。
花粉が目の表面につくと、かゆみや涙、充血などの症状が起こります。

セルフケア方法は以下の通りです。

眼鏡やゴーグルなどで花粉が目に入らないようにする。
ゴーグルタイプは、花粉の侵入が少ないのでお勧めです。
最近はゴーグルタイプでもおしゃれなデザインがあります。

・コンタクトレンズはできれば避ける。
コンタクトレンズは、結膜炎を悪化させたり、花粉が付着します。
どうしても必要なら、使い捨てソフトコンタクトレンズの方がいいでしょう。

・花粉を洗い流すために顔を洗う
目の対策としては目の周りをしっかりと洗いましょう。

・花粉を洗い流すために目を洗う。
人工涙液を使って洗うのが効果的です。ただ、防腐剤入りの人工涙液は、
安全性から頻回に使うのは避けたほうがいいでしょう。
水道水でもいいのですが、安全性から頻回に使うのは避けたほうがいいでしょう。

■ 鼻の症状へのセルフケア

鼻に入る花粉をブロックすることが重要です。
オーソドックスな方法ですが、まずはマスクを使うことが有効です。

セルフケアとしては、

・マスクをする
できれば使い捨てがお勧めです。マスクにも花粉が付いているので、
使い捨てだとそのまま花粉ごと捨てることができます。

・花粉を洗い流すために顔を洗う。
鼻の対策としては鼻の周り、特に鼻の下をしっかりと洗いましょう。

・鼻を洗う
市販の鼻洗浄液で洗いましょう。
しかし、鼻の粘膜は敏感ですから、洗うのは少し辛いかもしれません。

■ 食事での花粉症対策

様々な食材が花粉症に良い効果をもつと言われています。
まずはお茶です。茶葉には、いろいろな成分が含まれています。
・タンニン(カテキン類)
・ビタミンC
・テアニン(アミノ酸)
・カフェイン
・ポリフェノール
特に共通して含まれているのがカテキンとビタミンです。
カテキンは、アレルギーを抑える作用があると言われています。

①甜茶(テンチャ)

中国南部を原産地として、バラ科キイチゴ属の植物です。
甜とは、「甘い」という意味です。
効果ですが、甜茶の成分、肥満細胞からのGODポリフェノールが
ヒスタミンの分泌を抑える作用があるといわれています。
ヒスタミンは、花粉症の鼻水、くしゃみ、アトピーでの痒みの原因物質の1つです。

②グァバ茶(シジュウム)

熱帯アメリカを原産とし、日本では、温かい沖縄や九州南部で栽培されています。
グァバは日本ではバンザクロやバンジロウと言ったり、
中国では蕃石榴と呼ばれたり、また南米ではシジュウムと呼ばれます。
葉にはビタミンB群や多量のタンニンなどが、果実には、ビタミンC、
カルシウム、カリウム、鉄分が豊富に含まれています。
花粉症予防や治療として効果があるといわれています。

③べにふうき緑茶

日本で、アッサム雑種の紅茶「べにほまれ」と
ダージリン系「枕Cd86」によって作られました。
カテキン含量が多く、メチル化カテキンを多く含んでいます。

メチル化カテキンは、茶の主要カテキンで、
エピガロカテキンガレートがメチルエーテル化された物質です。
肥満細胞のIgEに結合する部分を抑えること、
ヒスタミンの放出の抑制によってアレルギーを抑えると報告されています。

④乳酸菌

乳酸菌は、IgEを抑えたり、アレルギーを抑える「Th1」の働きを
強めていたという報告がありました。
さらに、マウス実験において、乳酸菌はアレルギーを起こす
「Th2」の働きを抑えたという報告がありました。
この報告によって、乳酸菌が、「Th1」を増強して、
「Th2」を抑制して、IgEを抑えてアレルギーを抑える仕組みが判明しました。
様々な乳酸菌が花粉症に効果があると言われています。

ということで、自分でできる花粉症対策でした。
既に実施しているという項目もあるでしょうし、初めてというのもあると思います。
前回もみましたように、症状も発症時期も人それぞれですので、
対策も人それぞれになるかなとは思います。

今回みたのは、そのようななかでも基本としてどのような症状の方にも
対策として有効性が高いのではと思います。
ゴーグルや眼鏡は良いと思いますね。
ただでさえ埃っぽいこの時期ですから、目を開けるのもつらいという
強風の日にはとても心強い味方です。

実は私はコンタクトレンズを使用していて、毎年この時期が
使用していて一番辛いさを感じます。
目が痒いにも関わらず、コンタクトレンズを装着しなければならず、
尚且つ外を歩けば埃がいつ目に飛び込んでくるかもしれないという
状況で、冷や冷やしています。

コンタクトは使用しないほうが良いとありますが、
できればそうしたいんですが、眼鏡では不便なのでついつい使用しています。

後は食事でしょうか。
今回はお茶が中心でした。甜茶は、以前よく飲んでいましたね。
今年辺りはまた復活させてみようかとも思っています。
その他にも色々な種類のお茶があるので、試してみるのもいいかもしれません。
自分なりに対策を講じて、辛い花粉症を乗り越えていきましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

花粉症の症状は人それぞれ。こんな症状もが花粉症が引き起こす!

花粉症について色々とみています。
花粉症の原因、仕組みや、症状の重さ等々です。

私の場合、前回も書きましたが症状はその時々で変わります。
軽い時もあれば、重い時もあります。
恐らく花粉の飛散量に関係しているのかなと思ったりしていますが、
実際のところは不明ですね。
花粉予報というのがありますが、その予報通りになったとして、
素直に症状が出るかというとそうでもないですからね。

逆に飛散が少ないというので安心していると、
予想以上に悪いということもあり、安定しないですね。

さて花粉症ですが、その症状は人それぞれのようです。
とても花粉症の症状とは思えないものもあるということで、
今回はそんな花粉症の症状について見てみましょう。

■ 様々な花粉症の症状

①発熱

日本の教科書的な記載では、発熱は花粉症の症状とはされていません。
しかし春一番が吹いて花粉の大量飛散が始まると、
微熱が出てしまうということがあります。
花粉症には「枯草熱(こそうねつ)」という別名もあります。

②顔の浮腫(むくみ)

花粉症で炎症がおきる場合もあります。
炎症が起こると、血管外に白血球が出やすくなり、
血しょう水も細胞間質に出やすくなります。
つまりむくみやすい状況になるということです。
この浮腫状態が顔に出ると、むくんだ顔になります。

③化粧品アレルギー・金属アレルギー

花粉症の時期は空気が乾燥しています。
乾燥肌、敏感肌の人は乾燥だけでも皮膚に症状がでがちです。
花粉に暴露される顔は化粧品、眼鏡枠の金属もある場所です。
花粉症の時期に急に化粧品や金属アレルギーになる事があります。

④吐き気

目、鼻、喉の症状だけが花粉症ではありません。
人間の肺は、魚の浮き袋と起原が同じものです。
浮き袋は消化器が括れてできた器官ですので、口を含む呼吸器系に症状を起こす花粉が、
消化器系に症状を起こしても不思議はありません。

砂埃を吸い込んだ時のように、口の中がざらざらした感じがする人も
多いのではないでしょうか?
これによって胃酸分泌が増えてしまうと、逆流性食道炎を引き起こします。
胃の炎症が強く胃粘膜が抵抗しきれないと、胃潰瘍やビランになります。

腸全体で炎症が起きるとおなかに風船が入ったような感じがします。
この場合は過敏性大腸症と診断される可能性があります。
口が痒い時期は出口(肛門)も痒くなります。

⑤頭痛、ふらつき、頭がぼーっとする

これらの症状は、花粉症の症状そのものであることもありますし、
鼻や喉の炎症から引き起こされている場合もあります。
他にも、アレルギー症状と自律神経は関係が深く互いに作用しあうので、
自律神経の乱れから誘発されていたり、花粉症で服用する薬の影響であったりと、
はっきりとした原因を特定するのが困難ですが、多く見られる症状です。

⑥皮膚症状

花粉症の人によく見られるのが、目の周りの皮膚が炎症を起こし、
赤くカサカサとなっている状態です。
目のかゆみから強くこすってしまうことも原因ですが、
皮膚表面に花粉が付着すると、アレルギー性の皮膚炎を起こすことがあります。

特に目の周りの皮膚は薄くて柔らかいので、炎症を起こしやすいのです。
また、手や足、腹や背中など全身のどこにでも、じんましん状の発疹が出たり、
強いかゆみをおぼえることがあります。
これは、花粉症によりアレルギーのスイッチが入ったような状態になり、
身体全体がアレルギーを起こしやすく、皮膚症状も出やすくなっていることが考えられます。


ということで、花粉症が引き起こす6種類の症状について見てみました。

頭痛などは私も花粉症の時期、時々起るものなので、
そうだよね、と言えるのですが、例えば②顔の浮腫(むくみ)、
③化粧品アレルギー・金属アレルギー④吐き気、
といったものまでも花粉症が引き起こすとは
意外というか、驚きでしたね。
一見すると花粉症とは結びつかない症状ですから。

それぞれ内容を確認すると、どれも納得できるのですが、
前もって知っておかないと、こういった症状では、花粉症と思えないですね。

例えば急に金属アレルギーになったからと言って、
今の季節だから花粉症が引き起こしたのでは、といった判断は
少なくとも、自分ではできないと思います。

くしゃみ、鼻水、目の痒みばかりが、花粉症と思っていただけに、
今後は症状に対し、もう少し範囲を拡げてみてみる必要がありそうですね。
そういう意味では、専門医に診断してもらことも大事と考えます。
こんなに色々な症状を引き起こす花粉症、改めて恐ろしいと思いました。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

「花粉症」の症状をチェックして、対策をしましょう。

前回は花粉症の仕組みや、原因など見てみました。
花粉に対して、過剰な反応がされて発症してしまうということで、
体内に異物を入れないのはいいのでしょうkが、
あまりに過剰な反応となると、花粉症のようなことになります。

私の場合、高校卒業頃に発症したと思います。
くしゃみ、鼻水がひどかったと何となく記憶しています。
当時は鼻炎とかそういう病気かと思っていましたね。

さて花粉症ですが、症状によって対策、治療も変わってきます。
今回はそれについて見てみることにしましょう。

■ 症状によるチェック

①軽症
・くしゃみ 1-5回/日
・鼻汁   1-5回/日
・口呼吸は全くないが鼻づまりはある。
・日常生活にはあまり支障はない。

②中等症
・くしゃみ 6-10回/日
・鼻汁   6-10回/日
どちらかを満たすか、下記の症状
・鼻閉が強く、口呼吸が1日のうち時々ある。

③重症
・くしゃみ 11-20回/日
・鼻汁   11-20回/日
どちらかを満たすか、下記の症状
・鼻閉が非常に強く、口呼吸が1日のうちかなりの時間ある。
・日常生活は、手につかないほど苦しい。

④最重症
・くしゃみ 21回以上/日
・鼻汁   21回以上/日
どちらかを満たすか、下記の症状
・鼻閉が1日中完全にしまっている。
・日常生活は、全くできない。

■ 軽症の治療

軽症の治療は、薬物治療となります。

・薬物治療
予防の治療のような抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬が中心になります。
内服薬、点鼻薬でも症状に応じて使い分けます。
鼻噴霧用ステロイド薬(アルデシン・リノコート・フルナーゼ)も使用します。
もちろん、鼻づまりが強い場合は、抗ロイコトリエン薬も効果があります。
目の症状には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の点眼薬を使用します。

■ 中等症の治療

中等症の治療は、くしゃみや鼻水が中心になっている場合と、
鼻閉が中心になっている場合に分かれます。

・くしゃみや鼻汁のあるとき
軽症の治療のように、抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬を使用します。

・鼻閉のあるとき
抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬に加えて、抗ロイコトリエン薬を使用します。
目の症状には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の点眼薬を使用します。

■ 重症・最重症の治療

基本的には、中等症の治療に似ています。
くしゃみや鼻水が中心になっている場合と鼻閉が中心になっている場合に分かれます。
基本的には、鼻の腫れた粘膜を取る、鼻水を出す神経をブロックすることになります。

・くしゃみや鼻汁のあるとき

中等症の治療と基本的には同じです。
つまり、抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬を使用します。

・鼻閉のあるとき

抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド薬に加えて、抗ロイコトリエン薬を使用します。
必要に応じて、点鼻用血管収縮薬を使用します。
血管を収縮することで鼻粘膜の浮腫をとります。
即効性はあるのですが、続けて使うと鼻炎が悪化するので、14日以内にしておきましょう。
ステロイドの内服もすることがありますが、これも副作用の点から、
7日以内程度までにしたほうがいいでしょう。

目の症状には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の点眼薬を使用します。
時には、ステロイド点眼薬も使用されます。
ただし、ステロイド点眼薬では、白内障、緑内障には注意が必要です。

■ 予防としては

予防としては、内服薬を使用することになります。

・抗ヒスタミン薬
くしゃみや鼻水に効果がありますが、副作用としては眠気があります。

・抗アレルギー薬
効果がやや弱く、効果が出てくるのに時間がかかります。
眠気などの副作用は少ないようです。

・抗ロイコトリエン薬
免疫の細胞から放出される化学物質「ロイコトリエン」を抑制する薬です。
ロイコトリエンは鼻粘膜の浮腫を起こします。

■ 花粉をできるだけ少なくする方法

・花粉情報に注意する。
・花粉の多いときには外出を控え、窓や戸を閉めておく。
・外出する場合はマスクや眼鏡を使う。
・花粉のつきそうな毛の衣服は避け、帰宅時には、衣服や髪についた花粉をよく掃う。
・家に着いたら、洗顔、うがい、洗眼、鼻をかむ。
・家の中には花粉があるので、掃除をする。


ということで、花粉の症状とその対策、治療法などでした。
私の場合、ひどい時はくしゃみが連発し、鼻水が止まらないという事態に陥り、
とても他のことができない、とい状況になります。
重症・最重症というレベルと思います。そこまでいかないように注意していますが。
こんな時は、もう薬を服用して寝るだけです。
そうでもしない限り、症状が治まりません。

通常であれば、中等症くらいでしょうか。
薬を服用して、症状を出さないようにする、というところですね。

但し、薬は睡魔を起こします。とてつもない睡魔に襲われます。
くしゃみ、鼻水の症状が抑えられているのは、大変嬉しいのですが、
容赦なく訪れる睡魔は、またこれはこれで、大変辛いものがあります。

毎年、睡魔とくしゃみ・鼻水のどちらかを選択するかで、悩まされています。
とは言っても、くしゃみ・鼻水対応が優先になりますよね。

間もなく薬を服用する時期になりますが、
暫くは仕事中の睡魔との戦いが続きそうです。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
それでは、また。

posted by goodlife提供 at 01:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする