2015年11月: 生活全般の気になる情報

2015年11月30日

食パンを長持ちさせる保存法をご紹介

朝食メニューについて見てきました。
パンやトーストのレシピはいかがでしたでしょうか。

比較的簡単に作れるものが多いので、
忙しい朝でも結構いけるかもしれないですね。
色々と試してみて下さい。

さて、トースト用にと食パンを買ってはみたものの、
賞味期限が大丈夫かという問題があります。
特に安売りで買ったものの、期限が直ぐでは心配です。

そこで今回は食パンを長持ちさせる保存方法について
見ていきましょう。

■ 食パンを長期保存

意外に食パンの賞味期限は短いものです。
安いからと買ったものの、結局期限までに消費しきれずに
廃棄処分、等という経験はありませんでしょうか?
今回紹介する方法を使えば、ある程度の期限が過ぎても、
トーストにして美味しく食べられます。

■ 食パンを冷凍保管

パンは時間とともに水分を失って固くなります。
ですので早めに食べるのが良いのですが、
すぐに食べないときは冷凍しておきましょう。

①食パンを一枚一枚、ラップで包みます。
ラップに包むときは空気が入らないように注意しましょう。
形が変形しないように、優しく包んでおくと良いでしょう。

②ご家庭の冷凍室に入れて凍らせて保存します。

③食べる時にラップから取り出して、いつも通りトーストしましょう。
この時解凍せずに、そのままトーストしてください。

普通の食パンと同じ様に、美味しく頂けます。
また、レンジで温め直すと時間の節約にもなります。

④冷凍室での保存期間は、1~2ヶ月程度が目安となります。

*フランスパンもスライスしてから食パンと同様にして冷凍可能です。

■ 腐ってしまった場合はどうするか

保存期間が少し延びるといっても、限度はあります。
放置しすぎて痛んでしまった物を食べると、
衛生上危険ですのでご注意下さい。

以下のような状況になってしまった場合は、
食べることは避けましょう。

・糸を引いている
・異臭がする
・カビが生えている
・カチカチに硬くなっている

■ まとめ

今回の方法はトーストする場合に限られます。
尚痛んでしまった食パンは、焦がしてから冷蔵庫に入れておくと
脱臭剤替わりとなります。
(炭に脱臭作用があるためです。)


ということで、食パンを長期保存する方法でした。
毎日食べるのであれば、週の初めに買っておいても
週末には処理できるので、あまり賞味期限をきにしなくても
良いのではと思います。

しかし大量に買い込んだり、毎日消費できなかったりと言う場合、
何等か保存を考える必要がでてきますね。

そこで冷凍保存が可能ということで今回の内容でした。
これである程度賞味期限が延ばせるというのは良いですね。

1枚1枚をラップで包むという手間はあるものの、
後は冷凍室に入れておけば良いので、
これは実践してみたいですね。
お試し下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

その他の朝食メニュー

朝食に合うトーストということで見てきました。
色々なトーストがあり、驚きましたが、
どれも美味しそうだなと思いました。

色々工夫することで、トーストのメニューは
まだまだ増やせそうですね。
今後も注目していきたいと思います。

さて、今回はトースト以外で朝食にピッタリの
メニューをみていきたいと思います。

■ トースト以外のパンを使用した朝食

スーパーで売っているお惣菜のコロッケや
作りすぎたおかずを使えば簡単に短時間で
サンドイッチが作れます。
忙しい朝に簡単に作れる朝食として
サンドイッチを紹介します。

①きんぴらごぼうサンド

【材料】(1人前)

・食パン:(8枚切り)2枚
・きんぴらごぼう
・マヨネーズ

【調理方法】

1.きんぴらごぼうをマヨネーズで和える。
2.1でできたものを食パンでサンドする。


以上できんぴらごぼうサンドの完成です。

②コロッケサンド

【材料】(1人前)

・食パン:(8枚切り)2枚
・コロッケ:1個
・キャベツ:適量
・マーガリン
・ケチャップやとんかつソース

【調理方法】

1.食パンにキャベツの千切りとコロッケをのせる。
2.食パンにマーガリンを塗る。
3.ケチャップやとんかつソースをかけ、サンドする。


キャベツの千切りは前の日の夜に準備しておくと
朝は調理の手間がかかりません。


スーパーのお総菜は、コロッケを、
おかずはきんぴらごぼうをサンドしましたが
唐揚げやとんかつ、ポテトサラダなど
何でもサンドできますので、色々試してみましょう。

③朝食用クラムチャウダー

白ワインが効いて大人の味になったクラムチャウダーです。
アサリのうまみもたっぷりとでています。

【調理方法】

1.玉ねぎ4分の1個をみじん切りする。
2.じゃがいも2分の1個を5ミリ角に切り、水にさらす。
3.鍋にバター10グラムを熱し、玉ねぎを入れ、
しんなりするまで炒める。


4.アサリのむき身80グラムに、じゃがいもを加え炒める。
ここに塩少々、こしょう少々をふる。
5.ふるった小麦粉大さじ1を加え、全体が混ざり合うように炒める。


6.白ワイン50ミリリットルを加え、アルコール分が飛ぶように炒める。
7.牛乳250ミリリットルと生クリーム50ミリリットルを加え、中火で10分煮る。
8.味を見て塩少々、こしょう少々で整える。
9.好みでクラッカーを加える。


以上でクラムチャウダーの完成です。


ということで、トースト以外のパンを使用した朝食メニューでした。
サンドイッチと、クラムチャウダーでしたね。

サンドイッチというと、小さなパンでというイメージがありますが、
最近はそうでもないですね。
豪快に具材を挟んで、かぶりつくのも良いかもしれません。

きんぴらごぼうは、マヨネーズとまた良く合いますね。
パンにサンドして食べるのにも大変良い食材です。
シャキシャキ感と、ごぼうの歯応えが良いです。

スーパーなどのお惣菜は、サンドするには持ってこいでしょう。
何でもいけそうです。お腹が空いてきますね。

クラムチャウダーは、少々手がかかるかもしれませんが、
身体も温まり、栄養も満点そうです。
時間があれば試してみて下さい。

ということでトースト以外のパンを使用したメニューでしたが、
いかがでしたでしょうか。
これもレパートリーといきましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

意外に合うパンと生姜

朝食に合うトーストを見てきました。
変わり種も含め結構色々なレシピが出てきましたね。

お気に入りにのレシピ、試してみようと思うレシピ、
等々ありましでしょうか。
私はチーズマヨネーズトーストを試してみましたが、
なかなか美味しかったですよ。
これからも色々試してみようと思います。

さて今回は生姜を使用したトーストということです。
どのようなレシピか、以下見てみましょう。

■ パンと生姜の相性

間もなく12月なります。徐々に寒さが増してきますね。
そんな時摂りたいのは、身体を温める食材の生姜です。
なかなか摂取しにくいですが、
朝食でパン食の方にお勧めな生姜の食べ方を紹介します。

①基本の生姜トースト

【調理方法】

1.食パンを用意する。
2.液体の糖類(はちみつ・メープルシロップ等がお勧めです)
に粉末の生姜を混ぜ合わせたものを作る。
3.トースターでパンを焼く。
4.パンに2を塗る。
5.更にトースターでパンを焼く。


以上で生姜トーストの完成です。
非常に簡単ですね。
生姜はすりおろしたものでも構いません。

バターやマーガリン等もつけてみて、
色々な味の発見をしてみてください。

②ウインナーと生姜トースト

【調理方法】

1.ウインナーを薄く切ります。
2.食パンにウインナーを乗せ、隙間を生姜で埋めて、
その上からマヨネーズをかけます。
3.ピザ用チーズ、もしくはスライスチーズをたっぷり乗せて、
トースターで焼きます。


以上でウインナーと生姜トーストの完成です。
生姜はチューブタイプを使用するといいでしょう。
マヨネーズや、チーズの量はお好みで調整して下さい。

③岩海苔生姜和風トースト

【調理方法】

1.食パンに岩海苔、生姜の佃煮をまんべんなく乗せる。
2.次にチーズを乗せてトースターで焼く。
3.焼き上がりに、お好みでパセリを乗せる。


以上で岩海苔生姜和風トーストの完成です。
海苔は食パンに合います。

④セロリ&ベーコン&塩昆布の生姜トースト

1.セロリは斜め薄切りにし、ベーコンは1cm幅程度に切る。
2.パンにごま油とお好み量のすりおろし生姜を塗り拡げる。
3.セロリ、ベーコンと手でちぎったチーズを乗せ塩昆布を散らす。
4.マヨネーズをかけ、粗挽き胡椒を振り、トーストする。
5.焼き上がりにパセリを散らし、お好み量のレモン汁をふる。


以上でセロリ&ベーコン&塩昆布の生姜トーストの完成です。
レモン汁はお好みで量を調整して下さい。

■ まとめ

生姜を入れすぎると辛みが立ってしまうかもしれません。
お好みで試されてください。


ということで、生姜を使用したトーストでした。
トーストに生姜というのも結構意外な発想ですね。
こんなにレシピが出てくるとは、それだけ
相性が良いということなんでしょう。

確かに身体を温めてくれる生姜は、
これからの季節に持ってこいですね。

①基本の生姜トースト
②ウインナーと生姜トースト
③岩海苔生姜和風トースト
④セロリ&ベーコン&塩昆布の生姜トースト

どれも美味しそうですし、作り方も今までの
トースト同様それほど大変ではありませんので、
朝食にもいいですね。

寒い朝に生姜で身体を温めて、出勤、登校というのも
良いのではないでしょうか。
是非ためしてみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

お勧めトーストメニューご紹介 no3

朝食にお勧めのトーストの紹介です。
前回は少々変わったレシピを紹介しました。
ただ変わったと言っても、食材ですから決して無理
というわけではないと思います。

魚であっても、ツナのようになれば
パンに十分合いますからね。
ということで今回はどのようなトーストが
でてきますか、楽しみです。

■ 変わり種トースト

①めんたいトースト

【調理方法】

1.明太子、またはたらこを、少し温めて緩くします。
2.1の明太子、たらこをバターと和えます。
3.パンに塗ってトーストします。


以上でめんたいトーストの完成です。
よくパン屋さんで売ってる明太フランス
のような味になります。

②ぜいたくハニートースト

【調理方法】

1.パンをバターをたっぷりひいたフライパンで
両面こんがり焼きます。トースターは使用しません。
2.バターがたっぷりしみ込んでサクサクになったら、
お皿に乗せ、はちみつをかけます。


以上でハニートーストの完成です。
かなり濃厚な、贅沢ハニートーストです。

③海苔つくトースト

【調理方法】

1.食パンをトーストでこんがり焼く。
2.バターを塗り、その上から更に海苔の佃煮を塗る。


以上で海苔つくトーストの完成です。
海苔とパンは意外なほど良く合います。
味付け海苔でも美味しいですし、
ふりかけでも意外とイケます。
だまされたと思って試してみて下さい。

④卵をのせたトースト

【調理方法】

1.マヨネーズをパンに塗る。
2.パンの周り(ミミの手前ぐらい)をマヨネーズで囲います。
この際、中に卵を入れるため適度な高さが必要です。
3.その中に卵を割り入れます。
お好みでケチャップをかけます。
4.卵以外の部分をアルミ箔等で焦げないように工夫をします。
5.トーストで焼きます。


以上で完成です。
トーストする際は、卵をこぼさないように
注意して下さい。


ということで、変わり種トーストでした。
前回に引き続いてでしたが、いかかでしたでしょうか。

①めんたいトースト
②ぜいたくハニートースト
③海苔つくトースト
④卵をのせたトースト

①、③はまたまた魚介系ですね。
めんたいトーストは、馴染深いですね。
とても美味しいので、私も大好きです。
自宅で作れるとなると、嬉しいですね。

海苔つくトーストは、意外な印象でした。
トーストに海苔ですか。パンとも良く合うそうなので、
チャレンジしてみますかね。

④の卵をのせたトーストは食材自体はポピュラーですね。
バターを一切使用せず、マヨネーズのみですので、
マヨネーズ好きにはたまらないのではないでしょうか。
私も是非食べてみたいです。

今回も色々なトーストを見てみました。
気に入ったレシピはありましたでしょうか。
レパートリーに取り入れられるものがありましたら、
是非試してみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

お勧めトーストメニューご紹介 no2

朝食にお勧めのトーストをご紹介しています。
色々あるんだなと、思います。

初めて知るメニューも多いのですが、
一番感じるのはどれも美味しそうである、
ということですね。
味わったことはないレシピですが、
是非食べてみたい、と思わせるものばかりです。

今回はどのようなレシピになるか、
以下見ていきましょう。

■ 少々変わったトースト

朝食でパンを食べる方も多いと思いますが、
ジャムやマーガリンではなくて、
意外なものをつけて食べてもおいしいですよ。
意外と栄養バランスもいいかもしれませんね。

①野沢菜トースト

【調理方法】

1.トーストにマーガリンを塗る。
2.少々温めた野沢菜をたっぷり乗せる。


以上で野沢菜トーストの完成です。
冷たい野沢菜でも美味しく頂けます。

②バニラアイストースト

【調理方法】

1.食パンをトーストで焼く。
2.焼きあがった熱々のトーストに
バニラ味のアイスを乗せる。


以上で完成です。
アイスが溶けてトーストに染みこむと
更に美味しくなります。
その上に、蜂蜜をかけたら格別です。

③ウニトースト

【調理方法】

1.食パンをトーストで焼く。
2.焼きあがった熱々のトーストにマーガリンを塗る。
3.更にその上にウニをたっぷりと乗せる。


以上で完成です。
ちょっと贅沢ですが、ウニの甘みが
トーストのうまみを引き出して大変美味しいですよ。

④まぐろトースト

【調理方法】

1.マグロを少し焙る(できればトロがいいでしょう。)
2.食パンにバターを塗る。
3.更にその上に焙ったマグロを乗せる。


以上で完成です。
ハムのような、お肉のような、
柔らかいハンバーグのような味になります。

大変美味しいです。
マグロのお造りが翌日に余ってしまった、
そんな時は是非お試しください。

⑤ポテトサラダトースト

昨晩の残り物のポテトサラダは
翌朝パンに塗って食べれば、
おいしいポテトトーストの出来上がりです。
少々塩をまぶした方がいい場合もあります。


ということで、朝食にお勧めのトーストのご紹介でした。
今回は少々変わった食材を使用して作るトーストでしたね。
いかがでしたでしょうか。

①野沢菜トースト
②バニラアイストースト
③ウニトースト
④まぐろトースト
⑤ポテトサラダトースト

⑤のポテトサラダトーストを除けば、
あまりお目にかかったことのないレシピですね。

①の野沢菜は、塩味が効いていて美味しそうですね。
こういうお漬物とパンが意外に合うというのは
耳にしたこともあるので、ちょっと興味があります。

③のウに、④のマグロともに高級食材ですが、
トーストに乗せてしまうというものですね。
結構大胆で、贅沢なレシピですね。
一度は食べてみたいですが、ちょっと勇気がいるかもしれません。

②のバニラアイスは、甘い物好きな方には
どうでしょうか。溶けていくアイスをほうばりながら、
パンを食べるという感じになるんですかね。
味は良さそうです。

個人的には、③、④を是非食べてみたいと思いました。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

マヨネーズを使用したトーストをご紹介

朝食にお勧めのトーストを見ています。
手軽に作ることのできるトーストは
朝食にも持ってこいですね。

今回はマヨネーズを使用したトースト
について見ていきます。

■ マヨネーズとトースト

マヨネーズの好きな方なら一度は
食べたことがあるかもしれないでしょうか。
チーズとマヨネーズのトースト(略してチーマヨ)と、
マヨネーズを使ったトーストのバリエーションをご紹介しましょう。

①基本のチーマヨトースト

1.食パンにスライスチーズを乗せる。
2.その上からマヨネーズ(細口を使用)を
全体にまんべんなくトッピングする。
3.オーブントースターできつね色になるまでこんがり焼く。


以上で完成です。
たったこれだけですが、毎日食べても飽きない魅力的な味です。
スライスチーズは、お好みでとろけるタイプと
普通のタイプを使い分けて下さい。

どちらで食べても非常に美味しい味に仕上がります。
時間のある方は、他のバリエーションもお試し下さい。

②栄養満点!パセリトースト

【材料】
・パセリのみじん切り:1~2本
・卵:1個
・ちりめんじゃこ
・マヨネーズ

【調理方法】

1.材料をすべてよく混ぜる。
2.食パン全体に耳の方までしっかりのせてトーストする。


ちりめんじゃことマヨネーズはお好みの量を入れて下さい。
パセリは、豪快にざくざくとみじん切りにして下さい。
栄養豊富で、卵、マヨネーズと和えると
パセリ特有のクセが全然気にならなくなります。


ちりめんじゃこが無い時は、代わりにピザ用チーズを
入れても美味しいですよ。

③半熟が美味しい!玉マヨトースト

【材料】

・食パン:6枚切りかそれ以上の厚さのあるもの
・卵:1個
・マヨネーズ

【調理方法】

1.食パンの中央部分を薄くちぎって窪みを作る。
この時、穴があかないように注意する。
2.窪みの部分に、マーガリンを薄く塗る。
3.窪みを囲むように周りにマヨネーズ(太口を使用)を
しぼって土手を作る。
4.そこに生卵を割り入れ、あらびきコショウをかけてトーストする。


以上で完成です。
とろっとした半熟玉子と、
こんがり焼けたマヨネーズのコンビネーションが絶妙です。

④ゆでたまご・トマト・アスパラのマヨトースト

【材料】

・食パン(可能であれば山型食パン)
・ゆでたまごの輪切り(適量)
・トマト:角切り
・アスパラ:塩ゆでしたもの

【調理方法】

1.食パンに、バターとマスタードを塗る。
2.アスパラ、トマト、ゆで卵を好きなだけのせる。
3.2の上からマヨネーズをかけてトーストする。


以上で完成です。

⑤ソーセージとえのきのマスタードマヨトースト

【材料】

・ソーセージ:5mmの斜め切り
・えのき:根元を切って3等分
・クレソンの葉:お好み
・マヨネーズ:お好み
・粒マスタード:お好み

【調理方法】

1.クレソンの葉とソーセージ、えのき、マヨネーズ、
粒マスタードをよく和える。
2.1で和えた材料を食パンにのせトーストする。


以上で完成です。

■ まとめ
時間の余裕や食材にあわせて、いろいろお試しください。


ということでマヨネーズを使用したトーストのレシピでした。
いかがでしたでしょうか。

パンとマヨネーズは相性が良いので、それだけでも
十分トーストとして成り立つと思います。

「基本のチーマヨトースト」はその例ですね。
パンにチーズを乗せて、マヨネーズをかけて、
トースターで焼く、たったこれだけですが、
確かに美味しそうですね。

朝の5分、いえ3分もあれば作れてしまうでしょう。
このトーストとミルク、もしくはコーヒーでもあれば
立派な朝食となり、安心して出社できそうです。

これを基本に②以降の材料をトッピングしていけば、
バリエーションも拡がり、充実した朝食になりそうですね。
色々と試してみてはいかがでしょうか。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

お勧めトーストメニューご紹介 no1

朝食メニューとして、トーストを取り上げています。
前回は美味しくトーストを焼くコツを見てました。

今回からは再びトートの色々なレシピを見ていきたいと思います。
朝食に使えるものとしてどのようなものがあるか
非常に楽しみです。

■ 朝食メニューとしてのトースト

朝、栄養バランスよく、しっかり食べたいですね。
自分で手軽にのっけて食べるセルフモーニングはいかがでしょう。
以下では、朝食にもってこいのトーストメニューをご紹介します。
きっと楽しい気分でいただけそうです。

■ じゃこ入りチーズトースト

【材料】(1人前)

・食パン:1枚
・ピザ用チーズ:30g
・ちりめんじゃこ:5g
・大葉:1枚

【調理方法】

1.食パンにピザ用チーズ、ちりめんじゃこを乗せる。
2.オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。
3.大葉1枚を手でちぎって、焼き立ての食パンの上に散らします。


以上で完成です。
じゃこチーズトーストと、コーヒーとで
至福の朝食を頂きましょう。

■ 前夜のご飯の余りで作るトースト

前の日の晩ご飯が余ったら、
あるモノがあれば変身させることができます。
ちょっと変わった食べ方で
朝食として食べてみましょう。

■ マカロニサラダトースト

【調理方法】

1.食パンにマカロニサラダとピザ用チーズをのせる。
2.チーズが溶けるまでトースターで焼いて完成です。


ポテトサラダやごぼうサラダでも同様にできますので、
こちらもお勧めです。

■ カレートースト

【調理方法】

1.食パンにカレーとピザ用チーズを乗せる。
2.チーズが溶けるまでトースターで焼いたら完成です。


カレーをドーナツ状にのせ、真ん中に卵を割り入れ、
チーズをのせて焼いても美味しいでしょう。

■ なすび&ミートソース

【調理方法】

1.なすびは縦6枚くらいにスライスし、
油を熱したフライパンでこんがりと焼きます。
2.食パンにミートソースを塗り、1とピザ用チーズをのせます。
3.チーズが溶けるまで焼いたら出来上がりです。


■ まとめ

食パンとピザ用チーズがあればアレンジ可能ですね。
夕食が多く余ってしまった際、
「翌朝も同じ料理を食べるのは」という時にも、
簡単に作れますので忙しい朝にお勧めです。


ということで、朝食向きのトーストメニューでした。
結構色々なメニューが出てきましたね。

・じゃこ入りチーズトースト
・マカロニサラダトースト
・カレートースト
・なすび&ミートソース

基本的にどのメニューについても前夜の残りを使用する、
という経済的なメニューですね。
また作り方も簡単ですので、忙しい朝にも持ってこいですね。

また言えるのは、どのメニューも朝食に限ることなく
頂けるのではないか、ということです。
しっかりとしたメニューですので、
いつ食べてもokだと思います。

なすび&ミートソースは是非食べてみたいですね。
朝食のレパートリーにいかがでしょうか。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

トーストをおいしく焼くコツ

朝食のメニューについて色々見ています。
前回トーストのレシピを見てみました。

トーストは朝食の定番とも言えるメニューですね。
手軽に作れますし、まとめて買っておくことで
例えば1週間分の朝食が賄えたりします。

後はどのように料理するか、ということでしょう。
そこで基本となるトーストの焼き方について
一度確認しておきましょう。

■ 美味しくトーストを焼く

トースト一枚を焼くにも、個性があると思います。
例えばバターを塗るタイミングでも、
・パンを焼く前に塗る人
・パンを焼いた後に塗る人
・全く塗らない人

それぞれいますよね。
以下ではトーストをおいしく焼くポイントをご紹介します。

①パンの厚さで食感が変わる

・6枚切り
焼くと外はパリッと香ばしく、中はふっくらとなります。

・8枚切り
サクサクした食感が楽しめます。

②バターを塗るタイミング

・バターはパンを焼いてから塗る。

焼く前に塗ってしまうと、バターがパンにしみ込んでしまうので
パリッとした食感が損なわれてしまいます。

冷蔵庫から出したバターをそのまま塗ると、
パンがへこんでしまって塗りにくいので、
室温に戻すか薄く削って塗るようにしましょう。

③パンを焼く時のコツ

・パンを焼く前にオーブントースターを温めておく。

だらだら焼くとパンの水分が飛んでしまうので、
パサパサになってしまいます。
おいしいトーストを焼くには、
短時間で焼きあげるのがポイントです。


時間がたって乾燥してしまったパンは、
焼く前に霧吹きでさっとひと吹きしましょう。

・食パンの上下に注意して、下の方をトースターの奥に向けて焼く。

食パンの上下と言われても、ピンと来ないですね。
山型食パンは、膨らんでいる方が上です。

四角い食パンにも、上下があります。
見分けるには、耳の部分に注目します。

・上:四方の耳のうち、ツルツルで見た目がきれいな耳。
密度が低く、ふわふわな食感で、熱が通りやすい。


・下:四方の耳のうち、一番シワシワで、
触るとザラザラしている耳。
密度が高く、モチモチとした食感で、熱が伝わりにくい。


一般的にトースターは、奥が比較的温度が上がりやすくなっています。
よって、熱が通りにくい下を奥に向けて入れると、
焼きムラがなく均一に焼けるとのことです。



ということで美味しくトーストを焼くコツということで
見てみました。

パンの厚さといのは、大きいですね。
食べ応え、歯応え、満足度、なと影響があります。
空腹度によっても、どの厚さを選ぶかが変わってきます。

基本私は厚めのトーストが好きですね。
食べ応えもありますし、食感も好きです。
バターをたっぷり塗って、焼き立てを食べるときは
本当に美味しいですね。

バターの塗り方ですが、私の場合は以下にしています。
1.焼いた後、一旦パンにバターを乗せる。
2.この時は塗り込まない。
3.このパンをトースターに戻し、余熱で溶かす。
4.ある程度バターが溶けたらトースターから取り出す。
5.溶けたバターをパンに塗る。
6.追加で更にバターを塗る。
こうして頂いています。バターがパンに馴染んで良いです。

パンの上下という話は初めて知りましたね。
トースターが奥が温度が上がり易いなど、押さえておきましょう。
焼き方のコツを把握しておき、美味しいトーストを食べましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

納豆とマヨネーズ、納豆マヨトーストの作り方

朝食のメニューを色々見ています。
今回は納豆になります。

朝食の定番である納豆ですが
ご飯にかけて頂く、というスタンダードな
食べ方以外にも、色々とアレンジができます。

今回はマヨネーズと合わせます。
どのようなメニューになるのでしょうか。
以下見ていきましょう。

■ 納豆とマヨネーズ

納豆にマヨネーズはいかがでしょうか。
合うと思われますか。
納豆が好きな方はどのように思いますかね。

ところが以外や以外ですが、合います。
納豆のネバネバ感と、マヨネーズのこくが
とてもマッチします。

だまされたと思って、是非やってみて下さい。

■ 納豆トースト

【調理方法】

①納豆をあける

開けたマヨネーズを入れて混ぜます。
少々多めに入れるのがお勧めです。

たれも入れてOKです。

②ポイント

食パンにマヨネーズで縁取りします。
こうすれば、納豆がこぼれ出ることがありません。

③納豆を乗せる

マヨネーズを入れた納豆を
食パンの中央にどどーんと乗せます。


④普通にトーストする。

マヨネーズのこげた良い香りがしてきます。

⑤完成

納豆がこぼれないように気をつけながら頂きましょう。

⑥トッピング

以下の食材もトッピングとしてお勧めです。
・ねぎ
・海苔
・チーズ
・キムチ


普通、納豆にトッピングする具を一緒に入れて
焼いても、非常に美味しいです。
是非試してみて下さい。

■ まとめ

マヨネーズを大目にして、
こんがり焼くのがポイントです。

納豆好きにはたまらないですよ。
朝食に頂けば食物バランスもgoodです。


ということで、納豆マヨトーストでした。
私も納豆は好きですし、マヨネーズも大好きです。

しかし納豆とマヨネーズを組み合わせるという発想は
これまでありませんでした。
正直最初はどうなのかと思いましたが、
結構いけそうですね。

考えてみれば、納豆に卵を合わせることは良くしますし、
マヨネーズは卵がベースで作られていますから、
相性はいいですね。
何でいままで気づかなかったのかと思ってしまいました。

作り方も簡単ですし、朝食にも持ってこいですね。
栄養もあり、一日のスタートにも良さそうです。
朝食メニューの1つに加えてみてはいかがでしょうか。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

朝食の定番メニューに一工夫してみましょう

朝食のメニューを色々見ています。
簡単に作れるもレシピを色々と見てきました。

ただそうは言ってもなかなか手をつけられるかというと、
そうもいかない、という方もいらっしゃると思います。

そういう時は、今まで食べているものが続くことになります。
そこでその定番で食べているメニューを少々アレンジしてみては
いかがでしょうか。
以下で見ていきましょう。

■ 朝食メニューに一工夫

和朝食に定番な、納豆、じゃこ、海苔にもう一工夫加えて、
栄養価をさらにアップさせたご飯のお供を紹介します。

①納豆のネバネバ和え

[材料]
・長いも(3センチ)
・納豆(1パック)
・めかぶ(大さじ1)
・ポン酢(適量)

1.長いもは酢水に5分ほどさらし、
ビニール袋に入れてすりこぎなどで叩き砕きます。
2.納豆をよく混ぜ、長いもとめかぶを加えて混ぜ合わせ、
ポン酢を加えて和えれば完成です。


②じゃこのミネラルふりかけ

[材料]
・ちりめんじゃこ(大さじ1)
・アミ(大さじ1)
・青のり(大さじ1)
・醤油(小さじ1)

ちりめんじゃこ、青のり、アミをボウルに入れて混ぜ、
全体に醬油をかけて混ぜ合わせるだけです。


③韓国海苔風和えもの

[材料]
・焼き海苔(1/2枚)
・キムチ(大さじ1)
・ごま油(小さじ1)
・煎りゴマ(小さじ1/2)

1.海苔を軽くあぶり、食べやすい大きさにちぎってボウルに入れます。
2.全体にごま油をかけ、混ぜます。
3.キムチを細かくきざんで加えて混ぜ合わせ、
煎りゴマをふれば完成です。



ということで、朝食メニューに一工夫をしてみては
というものでした。いかがでしょうか。

①納豆のネバネバ和え
②じゃこのミネラルふりかけ
③韓国海苔風和えもの
と3種類ですが、どれもお馴染み食材です。

どれも本当にちょっと手を加えただけ、
という感じで簡単にできそうですね。
元々栄養のある、納豆、じゃこ、海苔という食材ですし、
栄養価のアップが見込めそうです。

私は、納豆にめかぶを入れて食べたことがありますが、
これは大変美味しかったですので、お勧めです。
ここに長芋を加えれば更にネバネバ度があがり、
健康度合いも充実するというところですね。

毎日食べる食品はワンパターン化しやすいので、
こういう工夫をしていくことがいいですね。
試してみてはいかがでしょうか。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする