2016年01月31日

ストレスによる腰痛について no2

ストレスによる腰痛ということで見ています。
前回は、外的ストレスでも腰痛が引き起こされる
ことがあるという内容でした。

気候、天候などの変化が身体に及ぼす影響が引き金となり、
腰痛を引き起こすことがあるとのことでした。

では内的ストレスではどうなのでしょうか。
以下で見ていきましょう。


■ 心が疲れた時に腰痛になる

仕事や対人関係のストレスが原因で
まずは自律神経が狂い始め、
やがて腰痛を感じるようになるのがよくあるケースです。


そもそも腰部というのは身体の中心部分に位置しており、
ストレスがない状態でも、少しの動作で負担を受けやすい場所です。


ですので、ストレスがあれば
敏感に腰痛に反映されてしまうわけです。

実際に腰痛で痛みが出ている人の痛みの信号は
どのように脳から送られているのでしょうか。

この場合、慢性的なストレスのために
本来であれば多く分泌されているドーパミンという物質が
極端に減ってしまうという現象が脳内で起きているのです。

このドーパミンという物質が少なくなることで
痛みが通常よりも耐えきれなくなり、
慢性的な痛みを腰部にも感じるようになってしまうのです。
これがストレスから来る腰痛の痛みとなります。


■ ストレスと共に加速する腰痛の痛み

ストレスを抱えている以上なかなか腰痛が軽減する、
ということはありません。

逆に負のスパイラルのように腰痛の痛みが
増していくこと多いと考えられます。

ですので、腰痛自体の治療と同時に自律神経のバランスを
自分なりに整えることが大切である、
ということが必要となります。


つまり腰痛があっても
・適度に運動をし常に身体の血の巡りをよくすることを考える
・生活リズムを整えて体内時計を狂わせないように努力する

といったことが必要なのです。

そして腰痛に捉われてついつい後回しになっている趣味や
習い事などをあえて続け、
ストレスを発散できるようにすることも重要なことになります。


ということで、内的ストレスによる腰痛につていでした。
先ず認識しておかないといけないのは、
腰というものが、身体の中心に位置しており、
非常に負担を受け易い場所である、ということですね。

そういう場所ですから、ストレスも
受け易いということです。
これは初めて知りましたね。
良く認識しておきましょう。

慢性的なストレスよりドーパミンが減ってしまい、
痛みが腰に感じる、これが心の要因による
腰痛となるとのことでした。

やはりストレスを溜めないようにする、
ということが大事になりますね。
具体的な対策はどうするかについては、
次回見ていくことにしましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

ストレスによる腰痛について no1

腰痛について見ています。
腰痛はどのように発生するのか、
というのは知りたいところですが、
それは簡単ではないでしょう。

何等か外的な要因により、神経が圧迫され
発生するのが通常の腰痛では多い、
というのは過去に見てきました。

ただそれに因らないこともあるとのことです。
今回はそのなかで、ストレスが要因になっている、
という内容です。

ストレスが腰痛を引き起こす、
どいうことか以下で見ていきましょう。


■ 腰痛の原因

突然、腰痛に襲われた時にまず何が原因か、
と考えますが実のところ自分が抱えているストレスが
一番の原因になっている場合があることをご存知でしょうか。


特に精神的なストレスを溜めこんでいると
どうしても腰痛という形で表に現れる場合が多々あるとのことです。


腰痛を発症するとまずは病院で色々な検査を受けると思います。
結局これといった原因が特定できずに悶々としているうちに
慢性化してしまうのです。

そんな腰痛の対処方法を自分なりに会得して
休養を取ったり気分転換になるようなことを実践することが
一つの治療方法でもあるのです。

腰痛だからと言って行動を制限したり気分が
落ち込んだりするのはつまらないことです。

以下ではストレスによる腰痛とうまく向き合う方法を
見ていきたいと思います。

■ ストレスは腰痛の原因となるのか

はっきりとした理由がある場合には腰痛治療も色々考えられます。
その痛みをコントロールするための薬を
服用しながら病院での治療を受けることで
一週間もあれば治っていくのが普通です。

しかしながらストレスが原因になっている場合には
少し様子が違ってきます。

ストレスと一言で言っても対人的なストレスでけではなく
人によっては身体が直接感じる気温や気圧なども
ストレスに代わる場合があります。


よく雨が降る低気圧の日には腰痛が出てしまう、
という人がいます。
まさにそれが外的ストレスが原因により、
腰痛が起きているタイプの人だと言えます。


外的要因があれば、内的な要因もあります。
次回心がストレスを受けた時に起こる腰痛について
見てみます。


ということで、ストレスによる腰痛についてでした。
今回はストレスによって腰痛が現れるということと、
外的ストレスについてでした。

そもそもストレスによって腰痛が現れることがある、
というのに驚きましたね。
ストレス社会ではありますが、腰痛までもストレスが
関与しているとは、という思いです。

季節の変わり目であったり、天候であったりという
秒妙なことがストレスとなる、ということは良くあります。
それは私にも経験があります。
これが腰痛を引き起こすことがある、
そうですか。人間の身体がデリケートであることを
改めて感じる次第です。

では内的なストレスはどうか、これは次回ということです。
引き続き次回見てみたいと思います。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

腰痛と痺れについて no2

腰痛の際の痺れについて見ています。
腰痛により、足などに痺れや痛みが発生する
ことがあるということです。

前回は特に発生頻度の高い、太ももから足先にかけての痺れ
について見てみました。
坐骨神経痛と呼ばれるもので、原因としては
椎間板ヘルニアが大半であるとのことでした。

ではこれ以外にはどのような症状があるのでしょうか。
以下に見ていきます。

■ 痺れのタイプ別に原因を考える

■ 歩くうちに痺れてくる

腰痛はあるけれど普段は痺れや痛みがない、
けれど歩き出すと徐々に痺れや痛みが出てくるタイプです。

休憩して前屈みになっていると楽になってくるのですが、
歩き出して暫くするとまた痺れや痛みが出てきます。

こういう症状を間歇性跛行(かんけつせいはこう)と言います。
これは脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)に
特長的な症状です。


中身が飛び出してしまう椎間板ヘルニアとは逆に、
神経の通っている脊柱管の内部が狭くなって
神経を圧迫するために起こります。

長い時間をかけて脊柱管の内部が狭くなっていった結果
このような症状が出ます。
この症状は、高齢者に多くみられる症状ですが、
かと言って高齢者だけの症状でもありません。


ある程度の距離を歩いて、休めばまた歩き出せます。
そしてまた痺れや痛みで休んでとなりますが、
徐々に歩ける距離が短くなっていきます。
椎間板ヘルニアと同様に、
お薬などで様子をみながら良くならない時は手術になります。

■ 足先から痺れる

手の先や足の先など、身体の末端部分から痺れや
痛みが起きる場合があります。
腰痛がある人は腰痛のせいかと思いがちですが、
実はこれは糖尿病の初期症状です。


腰痛からの痺れは圧迫された坐骨神経に近いところから起こります。
腰や太ももが痺れるのはそのためです。
しかし糖尿病による痺れや痛みは神経の一番先端である
末梢神経から始まります。
もしも足先の違和感が続くことがあったなら、
腰痛の程度に関係なく、すぐに病院で受診するべきです。


■ まとめ:腰痛も痺れも早期に適切な治療を受ける

もしも腰痛を感じて1週間たっても軽くならなかったら、
また腰痛はそんなにひどくないがお尻から
太ももあたりに違和感を感じるようになったら、
とにかく早急に整形外科を受診しましょう。

腰痛には隠れた病気が潜んでいる場合が少なからずあります。
そして腰痛も痺れや痛みも、早期に適切な治療を受けることで
軽く済むことが多々あります。
素人判断で悪化させることがないように、
まずは受診して医師の指示を仰ぎましょう。



ということで、腰痛の際の痺れ、痛みについてでした。

今回は以下の2つの症状でした。
1.歩くうちに痺れてくる
2.足先から痺れる

1は脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
という症状とのことでしたね。
脊柱管が狭くなり、神経を圧迫して発生するとのことです。

歩いていると痛みや痺れがでてくる、というのも
辛いものがありますね。
今のところこういう症状は経験がありませんが、
注意はしておいたほうが良いでしょう。

2は、糖尿病の初期症状ということですから、
直ぐに病院へ行きましょう。
腰痛と思っていると大変なことになるかもしれません。

腰痛から発生する足などへの痺れ、痛みについて見ました。
いかがでしたでしょうか。
症状に心当たりのあるかたは、参考にして頂ければと思います。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

腰痛と痺れについて no1

腰痛について見ています。
今回は腰痛の際の痺れについてです。

私はあまり痺れるという感覚はないのですが、
こういう症状があるというのは良く耳にします。
具体的にはどういう症状で、どのように発生するのでしょう。
対応方法はどうするのでしょうか。

以下で見ていきましょう。

■ 腰痛と痺れ

腰痛は日本人にとって風邪と同じくらいおなじみの症状です。
日本人の8割が生涯のどこかで腰痛を感じているのです。
単なる筋肉疲労であれば時間の経過とともに楽になりますが、
腰痛になる原因がある場合はそうはいきません。

最初は腰痛だけであったものが徐々にしびれを伴うようになり、
痛みで歩けなくなることもあります。

腰痛と、そこから続く痺れの原因にはどんなものがあるでしょうか。

以下では腰痛と痺れの原因について、
痺れの種類から見ていきます。
ただし1種類の腰痛に1種類の痺れ方ではなく、
多くは複合した形で現れます。
腰痛や痺れについて気になっているならば、
是非参考にしてみてください。


■ 腰痛には2種類ある

腰痛とは読んで字のごとく腰が痛いことですが、
実は85%は特にどこが悪いと特定できない
非特異的腰痛といわれるものです。
たいていは休養を十分とってセルフケアをきちんとしていれば
軽くなっていくものです。

問題は残りの15%ですが、これには2種類の腰痛があります。
①じっとしていれば痛くないが何か特定の動きで痛くなるタイプ
②何もしていなくても横になってもどうにも痛いといったタイプ


腰痛は①のタイプが圧倒的に多く、
たいていは神経の圧迫を伴うため足の痺れや痛みにまで至ります。

そして②の腰痛は大きな病気が隠れていることがあります。
どちらにしても専門医の診察を受けることが大前提です。

■ 痺れのタイプ別に原因を考える

腰痛はあるものの湿布などでごまかしながら過ごしているうち、
徐々に足の痺れや痛みが出てくることがあります。
どのような痺れ方があるのかを見ていきます。

■ 太ももから足先にかけて痺れる

一番多い症状はお尻から太ももにかけて痺れがあり、
徐々に足先にまで広がっていくタイプです。
たいていは左右どちらかに出る場合が多いのですが、
両足に起きることもあります。
坐骨神経痛と言われる症状がこれです。


そして原因のほとんどは椎間板ヘルニアが占めています。
椎間板からはみ出した髄核がヘルニアとなって
神経根を圧迫して腰痛が起こるのですが、
腰から足先まで通っている坐骨神経まで圧迫されると
足の痺れと痛みが起こります。

ヘルニア自体は半年ほどで自然に
体内に吸収されることが多いのですが、
出てくる場所によって軽くしびれる程度であったり、
激痛を伴ったりと症状はかなり差があります。


いずれにしても整形外科を受診すれば
MRIで部位や状態を特定できるため、
様々な治療法を組み合わせることで
9割の人は症状が軽快します。
改善されない場合は手術となります。


ということで、腰痛と痺れについてでした。
腰痛により痺れや、痛みがでてくることがある
ということですね。

そして今回挙げられている太ももから足先にかけての
痺れが一番多い症状である、とのことでした。

坐骨神経痛ということですが、この症状は
私も経験しています。
その際は原因も椎間板ヘルニアであると診断されました。

私の場合痺れでは無く、かなりの痛みでしたね。
もう歩くのが辛く、引きずるようにしか動かせませんでした。
先日もこの症状に似た痛みを感じ、ヒヤッとさせられました。
寒さが厳しくなると、再発する確率が高くなるようです。

注意が必要ですね。
さて痺れですが、これ以外にも症状があるようです。
それにつきましては、次回に見ることにします。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

腰痛を起こさないための布団の選び方とは no2

腰痛について見ています。
腰痛を起こさないためにどのような布団を選べば良いか、
これが前回からの内容です。

前回は固い布団と柔らかい布団がそれぞれ
寝ている際にどのように身体に影響があるかを
見てみました。

・固すぎる布団
背骨やその周囲の筋肉が疲労し腰痛につながる。
・柔らかすぎる団
身体の支持が不安定となり筋肉への負担が大きくなる
ということですので、選択が難しいところです。

ではどのような布団がお勧めなのか、
以下で見ていきましょう。

■ 適度な硬さの布団

人は一晩に平均20回くらい寝返りをすると言われます。
寝返りをうつことによって体重が局所に集中し、
血液の流れが悪くなることを防いでいます。

しかし寝返りを多くすれば健康というわけではありません。

固い敷布団の上に眠ると、体圧分散性が悪い場合は、
頻繁に身体を入れ替えるために寝返りが非常に増えます。


その一方で、全く寝返りをしないというのは不自然です。
低反発マットレスは使っていると全身を包み込んでしまい
動きが取りづらく、寝返りを妨げます。


寝返りできる丁度良い反発が必要なのです。

■ 腰痛にならない布団の選び方

布団選びの際に大切なことは以下の3点です。

①体圧を全身に分散させることができること

②身体をまっすぐにキープする硬さと、
血液の流れに影響が出ない程度の柔らかさがあること

③寝ている時の姿勢がまっすぐにキープでき、
腰やお尻のあたりをきちんと支えることのできる弾力性があること


コイルスプリングを使用したマットレスのように、
点で身体を支える構造となっているものが良いでしょう。
但し、人の体重や体格、腰のカーブ等は人それぞれなので、
一人一人の身体に合わせたものを、
実際に自分の身体で試しながら探していく必要があります。

選ぶ際は必ず実際に横になって確認しましょう。
可能なら、1時間くらいお試しできるとベストです。

■ まとめ:腰痛にいい布団を選ぼう

腰痛には固い布団がいいというのは間違った認識のようです。
では腰痛にいい布団はどんなものでしょうか。
以下で再度確認しておきましょう。

・体圧を全身に分散させることができる
・血液の流れに影響が出ない程度の柔らかさがある
・腰やお尻のあたりをきちんと支えることのできる弾力性がある


以上を参考に、自分に合った敷布団で
腰痛のない眠りを手に入れてください。


ということで、腰痛にならない布団の選び方について
見てみました。

固すぎず、柔らかすぎずというのが決め手となるのでしょうが、
これは口でいうほど簡単ではないでしょう。
個人の体質、好みもありますので、これとは言えないと思います。

ですから、以下の点が大事になりますね。
最後のまとめにもありました以下3点です。
・体圧を全身に分散させることができる
・血液の流れに影響が出ない程度の柔らかさがある
・腰やお尻のあたりをきちんと支えることのできる弾力性がある

身体全体に体圧が分刺されるということで、
腰に力が集中しないようにすることが大事ということですね。
確かに寝ていますと、腰に全身の力が集中しているなあ、
と思います。
これを解消できる布団がベストということでしょう。

今回の話を参考にしておきたいと思います。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

腰痛を起こさないための布団の選び方とは no1

昨年末に腰痛の話題を取り上げていました。
今回から再び腰痛に関して見ていきたいと思います。

そもそもこの話題は私の寝ている際の腰の痛み、
起床時の腰の痛みが再発したことから取り上げていました。
現在この症状は一進一退を繰り返しており
痛みを感じる場合もあれば、そうでない時もある状況です。

このような状況より、再び腰痛について見ていきます。
今回は腰痛を起こさないための布団の選び方です。

■ 布団と腰痛の関係

最近は年齢に関係なく腰痛持ちの人が増えていると言います。
腰痛の原因は様々ですが、朝起きて腰が痛いというのは
布団に原因があるかもしれません。
今お使いの布団はあなたに合ったものでしょうか。

以下では、腰痛を起こさない布団の選び方について見ていきます。


■ 腰痛の原因は

腰痛の原因は様々ですが、姿勢の悪さや筋肉への負担が重なり、
堪えきれなくなって起こります。

悪い姿勢を長時間続けていると、
背骨や骨盤が歪んで筋肉が緊張し血液の流れが悪くなります。

人間の背骨はゆるやかなS字カーブとなっていますが、
このS字カーブを寝たときにも正しい姿勢で
保持することが大切です。
それにはどんな布団を選んだらいいのでしょうか。

■ 固い布団が腰痛に良いのか

昔から「固いふとんが健康に良い」と信じられてきました。
S字カーブを保持するという点では正しいといえます。
しかし、実は良質な睡眠を得るには、
敷布団の硬さは柔らかすぎず硬すぎないものがベストです。

人の筋肉の硬さくらいが丁度良いのだそうです。

通常人の体重は胸と腰で8割近い体重がかかります。
また、睡眠時には腰や肩といった部分に体重の多くが
集中することが分かっています。

硬すぎる布団は肩や腰の一部に体重のほとんどが集中し、
それを防ぐため必要以上の寝返りを打つことになります。
その結果眠りを浅くし、背骨やその周りの筋肉が疲労し、
腰痛の原因となります。


■ 柔らかすぎる布団はどうか

柔らかすぎる布団を使用すると身体の支持が
不安定になります。

すると姿勢を保持する必要性が生じ、
無意識でいつもどこかに力が入り、
筋肉への負担が大きくなります。

柔らかくて身体が沈み込んでしまうと、
最も重みがかかる尻部や胸部が余計に沈み込み、
寝返りがしづらく血流悪化の原因となります。
そのため腰痛を引き起こしたりします。



ということで、腰痛を起こさないための布団の選び方について
見ています。
布団の固さ、柔らかさというのがキーポイントということですね。

固い布団、柔らかい布団、それぞれどうなのかという観点で
見てみました。
固い布団と柔らかい布団とどちちらが好みでしょうか。
私はとちらかというと、固いものを好みます。
安定感があるようで安心感があり、良く眠れそうな気がするから
というのがその理由です。

現在は比較的固めのマットレスを使用しています。
しかしながらこの状態で腰の痛みを感じているということは
どうなのかなという気もしています。

もう少し柔らかなものでも良いのでしょうかね。
ふわふわして沈み込んでしまうとどうなのかと思うので、
そこは難しいですね。

では、どのような布団が良いのでしょうか。
お勧めの布団については次回見ることにします。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

他国の厄年について

厄年について色々と見てきました。
この習慣について随分と理解できたかと思います。

さてこの習慣、風習は日本だけのものなのでしょうか。
世界にも似たような風習などあるのでしょうか。
他国の厄年はどうなのか、以下見てみましょう。

■ 他の国に厄年という考え方はあるのか

陰陽道、神道、仏教がひろがっている国だけでなく、
キリスト教や、イスラム教といった国にも、
日本の厄年のような考えや風習があります。

厄年は、災難や、辛いことなど、
立て続けに起こったりします。
そんな時に、世界の人々も、同じように考え、
乗り越える方法を考え出しているようです。


①中国

自分の生まれた干支が、厄年になります。
よって12年に1度厄年が巡ってきます。


中国は、厄払いというよりは、厄除けという意味で、
厄の年は金色や赤い物を身につけます。
多くの人は、赤い下着を付けているようです。

厄年を迎えた、年男、年女は、春節から1週間は、
赤い服を着て過ごし、家から出てはいけない、
と言われているということです。


②イギリス

一般的に、男の人は年齢に4がつく年、
女の人は年齢に7がつく年が厄年に該当します。


厄払いは、厄年の数だけ木の実を集め、
外気に3日3晩さらした後に、
近所の庭先で、木の実を焼きます。


焼く時は、大勢の人が、見に来てくれると、
厄払いの効果が高いと言われています。

③スペイン

男の人は24歳と44歳、女の人は14歳と34歳が、
厄年に該当します。

比較的日本の厄年の年齢と近いですね。

厄払いの方法は、親戚や友人等、大勢の人が見守る中、
厄年の年齢数の馬の肉片を、見守られながら食べます。

その後は一昼夜にわたり、歌ったり踊り明かしたりする
とのことです。

④エジプト

男女の区別なく、厄年が4歳から4年ごとに訪れます。
これは50代まで続くようです。


厄払いの方法は、近隣の老人から布地をもらい歩き、
その布地を継ぎ足していって、身に纏うものを作ります。

こうして作った衣装が、厄を落としてくれる、
と考えられているそうです。


ということで中国、イギリス、スペイン、エジプト
の厄年を見てみました。

日本の厄年という考え方に似た考え方が、
世界にもあるのだということがわかりました。
これは初めて知ったことですが、
何となく日本的な考え方なのかと思っていましたので、
面白いですね。

4という数字に絡むのが多いのが特徴かと思いました。

・イギリス:男性は年齢に4が付く年
・スペイン:男性24歳、44歳
      女性14歳、34歳
・エジプト:4歳から4年ごと

これは偶然なのでしょうかね。
国も、宗教も異なるにも関わらずということで
結構興味深いと思いましたね。

厄年や厄払い、厄除けについて見てきました。
今後の参考になれば幸いです。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。



posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

厄年でなくても厄除け・厄払いは受けられるか

色々と厄除け、厄払いについて見てきました。
厄年の人にとっては注意をしたほうが良いでしょう。

既にお祓いにいかれた方も多いかと思います。
お祓いに行く、行かないはご本人の考え方ですので、
該当の方は検討してみてはいかがでしょうか。

さて、厄年でない人が、厄除け、厄払いに行くことは
良いのでしょうか。
厄除け、厄払いは受けられるのでしょうか。
以下で見ていきましょう。


■ 厄年でない人の厄除け・厄払い

厄年だから必ず厄除け祈祷を受けなければならない、
逆に厄年でないから厄除け祈祷を受けるのは良くない、
などと考える必要はありません。


例えば怪我や重い病気、事故、死などの
悪いことが立て続けに自分や家族などの
身近な人に起きていれば、
次はどんな悪いことが起きるのだろう、
と不安になってくるのは当然のことです。

そのような場合はさらに悪いことが起こらないよう
厄除けを受けた方が良いかもしれません。

しかし厄年ではないから受けられないのではないか、
と考え躊躇している人もいます。
しかし神社やお寺ではそのような方に対しても
快く厄除け・厄払いの祈祷を引き受けてくれます。


心が不安でいっぱいになっていれば
悪い事態がさらに悪くなってしまう可能性も高くなります。
また悪いことへつながりそうな兆しを見つけては
どうせうまくいかない、
どうせ駄目であろう、
等と繰り返していればうまくいくことも
うまくいくはずがありません。

そういったときに厄除け・厄払いを受ければ
心の不安を取り除くお守りの役目を果たしてくれることでしょう。


ですから、厄除け祈祷を受けておきたいと感じる場合、
或いは災厄が続いたり、災厄の気配を感じている場合、
神社やお寺に問い合わせてみましょう。

多くの神社やお寺では、
快く厄年以外の人の厄除け祈祷に
応じてくれるようです。

厄除け・厄払いの祈祷は混んでいなければ
せいぜい10分から20分程度で終了します。

ほとんどの神社やお寺では
予約なしでも祈祷を受けることができますが、
すぐに受けられるものかどうか
確認をしておいた方が確実です。



ということで、厄年でなくても
厄除け、厄払いは受けられるかということで見てみました。

厄除け、厄払いだから、厄年の人限定かと思っていましたが、
決してそういうことでは無いようですね。
いわゆるお祓いということになるのでしょうか。

年齢や時期など関係なく、厄除け、厄払いを受けられる
ということは今回初めて知りました。
これなら、例えば縁起を担いで毎年お祓いを受ける、
なんていうのもありかなと思いました。

厄年の人も、厄年でない人も悪いことが起きるなど
良くないことが多いのであれば、お祓いに行ってみては
いかがでしょうか。
心の安心感を得るのに良いことだと思います。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

厄除け・厄払いと六曜の関係について

厄除け、厄払いに行く日はいつが良いか、
ということで、前回は節分の時も良い、
という内容を見てみました。

鬼=邪気、邪気を払うということで、節分と
なったわけです。

今回はもう少し別の観点で見てみましょう。
それは六曜です。
大安、仏滅などの六曜ですね。
お詣りをする際などに、この日和を気にされる方も
多いかと思います。
どのような日であれば良いか、以下見ていきましょう。

■ 厄除け、厄払いと六曜

厄除け、厄払いの祈祷を受ける際には
必ず六曜に沿っていないといけない、
と言うわけではありません。

お日柄を気にする人が六曜の言われを知り、
日程を組む上での参考になれば良いと考えております。

1.先勝

「先ずればすなわち勝つ」という意味を持ちます。
勝負事などをする時は強気に勝負に出ても
勝ってしまうという日です。
一日の吉凶は午前中が吉ですので、
厄除け、厄払いの御祈祷も午前中に受けてしまうのが良いでしょう。


2.大安

大安は一日中どの時間でも良い日とされ、
お祝い事はもちろん厄除け、厄払いをするには
最も良い日と言えます。


普段は六曜を気にしない人でも
大安の日の意味はよく浸透しているため
神社にはお宮参りや安産祈願、
秋にもなれば七五三と祈祷を希望するたくさんの人であふれます。

結婚式のような祝い事もこの大安に集中して行われます。
ですので祈祷等は事前に予約をするか、
できない場合は余裕を持ったスケジュールを
設定しておく必要があります。


逆に厄除大師などであれば
厄除けをする人が中心に集まるため
普段よりも多く祈祷を希望する人が集まるはずですが、
様々な祈祷が行われるわけではないので
忙しなさは他の場所に比べて少ないかもしれません。

3.仏滅

何をするにも凶とされる日です。
大安と同じく六曜に関心を持たない人でも
知っていることの多い日です。
結婚式などは仏滅を避ける傾向にあります。

厄除け、厄払いの祈祷も同じく仏滅の日は
避けた方が良いでしょう。
1日予定をずらすことができれば大安となるので、
できることなら予定をずらしてみましょう。


しかしそうはいってもわざわざ厄除け、厄払いの
祈祷を受けるために会社の有給を取るのも大変ですし、
現実問題不可能である人も多いと思います。
その場合は六曜にとらわれることなく、予定が一番合う日に
祈祷を受けられれば問題はないと思います。

4.先負

「先ずればすなわち負ける」という意味を持ちます。
つまり焦って勝負などをすれば負けてしまうと言う日です。
このことから平静を保った方が良い日とされています。

午前中は凶、午後は吉とされています。

5.友引

もともとは勝負事で共に引き分けになる日、
ということから共引という名前だったのが
音が同じであることから友引と変わりました。

現在言われている友引の意味としては
凶事に友を引くということ、です。

このためお祝いごとを行う分には良いとされますが、
葬儀は友達をあの世に連れて行ってしまう、
と考えられ良くないとされています。

朝は吉、昼は凶、夕方は大吉とされています。
厄除け、厄払いの祈祷を受ける際は夕方が良いのですが、
神社やお寺でも御祈祷の時間は限られており
思ったような時間に行うことができない場合も多いと思います。


難しい場合は他の日にする、もしくは友引であっても気にせず
午後の時間に御祈祷を受けるなど柔軟に対応したいものですね。

6.赤口

一般的に厄日とされますが、
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみは
吉とされています。

「赤」という字から血、ひいては死をイメージさせるため、
怪我などをしないように注意をした方がいいとされています。

厄除け、厄払いの御祈祷を考えている人は
できれば正午前後の時間に御祈祷を受けられるように
スケジュールを調整するか、日を改めてみるのも良いでしょう。


もちろんそのために仕事を休んだり、
予定を組み直すのが難しい状況もあると思いますので、
六曜にこだわりを持たず、
家族親戚が集まり易い日に行うのが良いでしょう。


ということで、厄除け、厄払いと六曜について見てみました。
これに沿ってお詣りをする必要はないとのこどですが、
一応気にするのであれば、それぞれのお詣りに
望ましい時間帯に行きましょう、ということです。

やはりと言いますか、大安が最も良いとのことでした。
そして、仏滅は避けるのが良いとのことです。
これは、定番であって何をするにもという感じですね。

その他残りの4つ、先勝、先負、友引、赤口については、
時間帯を選びましょう、ということでした。

細かい時間、日取りを気にしていますと、
スケジュール調整が難しくなりますので、
あまり拘り過ぎるのもどうかと思います。

気持ちの問題ですので、良い日取りでお祓いを受けたい、
というのであれば、やはり大安となるでしょう。
先ずはお詣りに行くことを優先しましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

節分に厄除け厄払いをする

厄除けについて色々見てきました。
さて厄除けにお詣りに行く日はいつが良いか、
ということですが、大抵は初詣の頃というのが
一般的のようです。

ただ何回か見てきましたなかに節分の頃にいお詣りに行く、
という記述がありました。
節分と厄除けに何か関連はあるのでしょうか。
今回はこれについて見ていきます。

■ 節分は厄除け厄払いに適しているか

厄年のときに厄払いをする期間として
切っても切り離せない日というのが節分です。
古くから厄払いは節分までに行いましょう、
といったことがよく言われています。

でもどうしてだろう、と思われる方も多いと思います。

以下では厄年と節分の関係について見ていきましょう。

■ 節分について

節分の日といえば「鬼は外、福は内」の掛け声とともに
豆を撒く日として日本人にとって一般的な季節の行事です。
スーパーでもお正月が終わり、ひと段落すれば、
鬼のお面と一緒に売られる福豆や恵方巻きなどを
見かけることも多いと思います。

テレビを見れば節分の日には全国の神社やお寺で
有名芸能人や力士を招いた節分祭
(寺の場合は節分会・せつぶんえ、と読みます)が
行われその様子が放送されます。
実際に会場に出向き、福豆をキャッチしたことのある人も
いるのではないでしょうか。

そもそも節分とはどんな日なのでしょうか。
昔は節分というのは春夏秋冬の季節が切り替わる日を
意味していました。
つまり立春、立夏、立秋、立冬の前日のことです。
しかし江戸時代頃に冬が終わり春が始まる立春の前日だけを
節分と呼ぶようになったようです。


■ 厄年と節分の関係と由来

昔の日本人は季節の変わり目に鬼(邪気)が生じると考えており、
そこでその鬼払いを節分にするようになったようです。


確かに季節の変わり目には風邪をひきやすく
身体の不調が出やすい時期です。
昔の人はこういったところにも鬼を感じていたのでしょう。

邪気払いの風習は地方によって様々であり、
炒った大豆を家に撒き鬼を払うところもあれば、
柊鰯(ひいらぎいわし:柊の小枝に鰯の頭を刺したもの)という
魔除けのお守りを門口に立てるところもあります。


日本の多くの地域では炒った大豆を家に撒いて
魔除けとしていますが、
関西では恵方巻きという太巻きをその年の良い方角(恵方)
を向いて静かに食べるという風習も残っています。

鬼を払い邪気を払う節分は厄を払うのにも最適な日と言えます。
節分に合わせて「厄除祈祷祭」などの
祈祷の機会を設ける神社やお寺もあります。


初詣の際に厄除け・厄払いを受けられなかった、
という人もこのチャンスに厄除け・厄払いに
参加してみてはどうでしょういかがでしょうか。


ということで、節分に厄除け、厄払いをするということでした。
節分というつ豆撒きだけと思っていましたが、
邪気を払うということでは、厄除け、厄払いにも適しているのですね。

鬼=邪気、という関係が成り立つのだということですね。
こうなると、新年のお詣りで行くよりも
節分にお詣りをして厄払いをしてもらうのが良い、
という気がしてきました。

初詣に比べれば混雑度も下がっているような気もします。
まだ行かれていない方などは、この時期を狙ってみる
のも良いかもしれないですね。
是非検討してみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする