2016年02月29日

即効性のあるツボを刺激して腰痛対策 no2

腰痛とツボについて引き続き見ています。

・腎ゆ【じんゆ】
・大腸ゆ【だいちょうゆ】
・中封【ちゅうほう】
という3種類のツボが腰痛に良いということでした。
ツボの数は多いことが良く分かります

ではこれらのツボはどのように刺激していけば良いでしょうか。
今回はそれについても見ていきます。

■ ツボ押しの方法

・叩いて刺激する

背中や腰のツボは自分では力を入れにくい場所にありますので、
押すときはひと工夫が必要です。

拳骨を作って、たたいて刺激する方法があります。
1秒間に2回くらいの速さで、最初に強弱をつけて
刺激してから、一番気持ちのよい強さを見つけて叩きます。

・体重をかける

骨の際を刺激するときは、拳骨では痛くなってしまいます。
そんなときは、硬式野球ボールや硬式テニスボールが役立ちます。

床と身体の間に入れて、体重を使って刺激します。
強さは自分で気持ちが良いと感じる強さが適圧です。
同じ体重をかけるにしても、床の上と畳の上、
或いは絨毯などの敷き物の上などによって、
力の強さは変わります。

敷き物などで刺激の強さを調整して、
あなたの適圧を見つけてください。

・お腹をほぐす

腰や背中に手を回せない、触ると痛む、
そんな腰痛の時はむやみに腰に触れずに、別の方法を使います。

一つは、おへその両側をもみほぐす方法です。
腹筋がほぐれると腰が伸び、腰がラクになります。

また、足首にあるツボを刺激して、
腰痛を楽にすることもできます。


■ 腎ゆのツボ押しのやり方

・立った姿勢
1.腎ゆのツボに拳骨を当てます。
2.気持ちが良いくらいの力を加え、
左右の腎ゆのツボを交互に叩きます。

・寝ながらの姿勢
1.あおむけに寝て、膝を立てます。
拳を作って腎ゆのツボに当てます。

2.手をそのままにして、膝を左側に倒していきます。
ゆっくりと5秒かけて倒していきます。
5秒そのままにすると、左側の腎ゆのツボを刺激できます。

3.次に、膝を右側に倒していきます。
ゆっくりと5秒かけて倒すと、
右側の腎ゆのツボを刺激することができます。

4.2と3を5回繰り返します。

■ 大腸ゆのツボ押しのやり方

親指の腹を大腸ゆに当て、3秒押して3秒離す、
を数回繰り返します。

また、握りこぶしを大腸ゆに当てた状態で仰向けに寝て、
立てた膝を左右に動かすようにすると均等に刺激できます。
この刺激は強めなので、長時間しないようにしましょう

■ 中封のツボ押しのやり方

つま先を上にそらした時に、
内くるぶしの前側に腱が浮き出てきます。
中封はこの腱と内くるぶしの間に出来た窪みの中心にあります。

ここに親指をあて、3~5秒押してからゆっくり離します。
それを3~5分繰り返しましょう。
痛いけれど心地良いと感じる程度の強さで押しましょう。


ということで、腰痛に効果のあるツボでした。
ツボの刺激方法や、前回みました以下3種類のツボの刺激を見ました。
・腎ゆ【じんゆ】
・大腸ゆ【だいちょうゆ】
・中封【ちゅうほう】

それぞれのツボについてですが、
共通しているのは、3~5秒程度押して
その後離すを繰り返すというものです。

何となく経験でそのように実践していましたが、
およそこの方法で良いようです。
力加減はあるとは思います。
その日の体調によっても、強く押しても良い場合や、
駄目な場合もあるので、臨機応変に対応かと思いました。

是非こちらも実践してみて下さい。
このツボの話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

即効性のあるツボを刺激して腰痛対策 no1

前回まで腰痛に効果のあるツボということで
見てきました。

3種類のツボについて見ました。
・崑崙のツボ
・腰腿点のツボ
・中封のツボ

今回も腰痛に関するツボに関して見ていきます。
どのような内容か以下見ていきましょう。

■ ツボと腰痛

ツボの数は全身で670種類あるそうです。
ツボの一つ一つに名前があり、
身体の各器官に関係しているそうです。

東洋医学では、ツボを触ったり、
刺激したりする事で身体の異常を見つける事が出来ます。
ツボは、東洋医学で言う「経穴」の事をいい、
病気の時に反応の現れやすいツボを刺激すると
治療に効果的とされています。


また、人間には14本の経絡が通っており、
経絡上にあるものがツボです。
この経絡の流れが滞ると体調が崩れたり、
痛みなどの原因となったりします。

経絡には東洋医学で言う、「気」と「血」が流れています。
その「気」と「血」がスムーズに流れると健康が保たれます。
ツボを刺激する事により、身体の体調を整える効果もあります。


以下では、「腰痛」に良いツボと、
効果的なツボ押しの方法を見ていきます。

■ 腰痛に効果のあるツボ

・腎ゆ【じんゆ】
ウエストと背骨の交わるところから指はば2本分、
左右にいったところ。

・大腸ゆ【だいちょうゆ】
腎ゆの下、指幅2本分のところ。
仙骨の際にあります。

・中封【ちゅうほう】
内くるぶしから親指方向に斜め下にいったへこみ。


■ ツボの見つけ方

ツボは、骨や間接を目印として位置を確かめます。
背中側なら背骨や肩甲骨、骨盤の骨などです。
お腹側なら肋骨や骨盤の骨を目安に、
手足は骨と関節を目安にします。

更に位置を絞るには、自分の指幅を使います。
親指の幅か、人差し指の第一関節から第二関節までの
長さを「1寸」と言います。


次に、人差し指と中指を加えた幅が1.5寸です。
そして親指を除く、他の四指の幅が3寸となります。


このように、手指で大体の目安として
ツボを見つけてみてください。
手首の関節から指2本分、3本分などと言うような感じで
寸法を測ると、ほぼ正確な位置が見つかります。


ということで腰痛とツボについてでした。
以下3種類のツボが効果があるとのことです。

・腎ゆ【じんゆ】
・大腸ゆ【だいちょうゆ】
・中封【ちゅうほう】

最初の2つは背中の下、腰の付近ですね。
3つ目は、足になります。
前回と併せると6個のツボということになります。

色々あるものだなと思います。
それぞれ自分なりに試してみて、
効果がありそうなものを選んでみましょう。

このツボの話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。



posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

腰が痛い時に刺激したいツボとは no3

腰痛に効くツボ、ということで見ています。

前回は以下でした。
・慢性腰痛に効果のあるツボ
腰腿点のツボ、
・ぎっくり腰に効果のあるツボ
中封のツボ
これらは前々回の崑崙のツボと併せて
一緒に覚えておきましょう。

さて今回はツボの刺激の効果が無い腰痛です。
どのような腰痛なのか、以下見てみましょう。


■ ツボ刺激が効かない腰痛

慢性腰痛やぎっくり腰などの場合には
ツボ刺激が痛みの解消に効果があります。
特に、原因がはっきりとしない
慢性腰痛に対してはツボ刺激はお勧めできます。

一方でツボ刺激が効くことが全くない腰痛もあります。
代表的なものとしてはヘルニアによる腰痛です。

腰のヘルニアは椎間板という背骨の間にあるクッションが
本来の場所から飛び出してしまい、
神経を圧迫しているという物理的な原因で起きている腰痛です。
そのため、原因を取り除かなければヘルニアは解消しません。

また、重い内臓疾患による腰痛にも
ツボ刺激は効くことがありません。

ヘルニアや内臓疾患による腰痛の場合には
病院での治療が必要です。

腰痛がある場合にツボ刺激が効くかどうかは、
どのようなタイプの腰痛かということに左右されます。

そのため、腰痛の原因を判明させた上で
ツボ刺激をすることが良いと言えるでしょう。


■ まとめ:腰痛とツボ治療について

腰痛の症状がある場合のツボ刺激について
まとめますと以下のようになります。

・慢性腰痛に対してはツボを刺激することで
効くことがあります。

慢性腰痛の場合に効果的なツボとしては、
崑崙のツボや腰腿点のツボなどを挙げることができます。

・ぎっくり腰(急性腰痛)に対しても、
ツボ刺激は効果があります。


ぎっくり腰の場合には、中封というツボを
刺激することがお勧めです。
但しぎっくり腰の場合にはツボを押すだけではなく、
安静にされることや冷やすこと、
専門家の診断や施術を受けることも重要です。


・腰痛の中でもヘルニアや内臓疾患によって
腰痛が起きている場合には、ツボ治療では
効果が期待できません。

ヘルニアや内臓疾患の場合には病院での治療が必要です。


ということで、腰痛に効果のあるツボでした。
今回は、ツボの刺激に効果が無い腰痛でしたね。
・ヘルニア
・重い内臓疾患による腰痛

これらは前回、前々回でみたツボ刺激でも
効果が無い、ということですので、
早期に病院にて診断と治療を受けましょう。

ツボ刺激をするにしても、病院などで治療を受け、
ヘルニアや内臓疾患で無いかを確認しましょう。
3回に渡ってツボ刺激による腰痛対策を見てみました。
是非参考にしてみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

腰が痛い時に刺激したいツボとは no2

腰痛に効くツボ、ということで見ています。
どのような原因か不明だが、腰痛である場合、
ツボの刺激で痛みが緩和される可能性がある、
ということですので、試してみたいですね。

前回は崑崙のツボを見てみました。
くるぶしの出っ張りの後ろにあるツボでした。
家でリラックスしている時などに
ちょっと刺激してみてはいかがでしょうか。

さて今回も慢性腰痛に効くツボを見ていきましょう。

■ 慢性腰痛に効くツボ

・腰腿点(ようたいてん)のツボ

腰腿点(ようたいてん)というツボも
慢性腰痛には効くツボです。


腰腿点のツボは手にあります。
ジャンケンの「パー」のように手を広げて、手の甲を見ます。
そして手の甲で人差し指と中指の間、
薬指と小指の間にあるのが腰腿点のツボです。


厳密な場所はわかりにくいので、
手を「パー」にしたときの手の甲を揉む、
押すという刺激をすることが良いと言えるでしょう。

このツボは崑崙とは異なり、手にありますので
刺激がしやすいのが良いところと言えます。

職場などで腰痛を感じたら
気軽に刺激することができるツボと言えます。

■ ぎっくり腰に効くツボ

中封(ちゅうほう)のツボ

急性腰痛、いわゆるぎっくり腰に効くツボです。
ぎっくり腰の際には、基本的には患部を動かさずに
安静にして整形外科や接骨院などで治療を受けることが
良いと言えます。

但しツボの刺激もぎっくり腰に効果のある対処法です。
ぎっくり腰に効くツボとしては中封(ちゅうほう)
というツボが挙げられます。


中封のツボは、足にあるツボです。
つま先を上向きにそらして、
くるぶしの内側に浮き出る腱が目印です。
この腱とくるぶしの間にできたくぼみの部分が中封になります。


ぎっくり腰の時にはこの中封のツボに親指を当て、
3秒押しては放す、という動作を3分程度行うことで
腰痛の症状が緩和してきます。


尚ぎっくり腰は安静にして冷やすという対処に加えて、
専門家による診断を受けた方が良い腰痛です。
ツボ刺激に加えて接骨院等で診てもらう、
ということも必ず行うようにして下さい。


ということで腰痛に効くツボでした。
今回は慢性腰痛に効果のあるツボとして、
腰腿点のツボ、
ぎっくり腰に効果のあるツボとして、
中封のツボ
の2つがありました。

腰腿点は手にあるということですので、
前回の崑崙のツボ以上に刺激し易いと言えますね。
仕事中の休憩時などに刺激しても良いでしょう。
普段から実践してみましょう。

中封は、ぎっくり腰に効果があるということでした。
これは知っておくと良いかもしれないですね。
いつ何時、ぎっくり腰になるとも限りませんからね。

中封は、くるぶしの内側に浮き出る腱どいうことですので、
座ったりしないと刺激できないですね。
ぎっくり腰になってしまった場合に、
このようなツボを刺激できる余裕があるのか、
という話もありますが、知っておいて損はないでしょう。

発症後暫くしてからでも刺激しても良いのでは
と思いますので、機会があれば試してみましょう。

次回はツボの刺激が効かない腰痛について
見ていきます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

腰が痛い時に刺激したいツボとは no1

腰痛対策として、筋トレやストレッチなど
身体を動かす方法を暫く見てきました。

腰回りの筋肉を鍛えるのは、腰を支える
筋肉を鍛えることになりますので、有効です。

ただ様々な事情からこのような運動的なことができない、
そういう人もいるかと思います。
そのような方はどうすればよいでしょうか。

そこで登場するのが、ツボの刺激です。
腰痛に効くツボがあるようです。
以下で見ていきましょう。

■ 腰痛とツボの刺激

腰痛は日本人にとって比重にポピュラーな
身体症状となっています。
そして腰痛がある場合の一つの対処方法として
ツボを刺激するという方法をお勧めできます。


具体的には慢性腰痛や急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)
の場合にはツボ刺激が効くと言えます。

一方でツボ刺激では対処することができない腰痛もあります。

以下では各種腰痛に効くツボと、
ツボ治療に適さない腰痛について見ていきます。

■ 腰痛にはツボ刺激も効果的

腰痛は現代人にとって非常に身近な症状です。
腰痛を解消するためには、
慢性のものであればマッサージや湿布を利用すること、
ぎっくり腰などの急性のものであれば
接骨院や整形外科での治療などの対処法があります。

また、様々な腰痛治療の方法の一つとしてツボを刺激する
という方法も効果的です。


ツボは全身に300箇所以上あり、
医学的には完全に解明されてはいないものの、
健康に対する効能は経験的に実証されていると言えます。

腰痛に効くツボとしてはどのようなツボがあるのでしょうか。
また、ツボ刺激では対処できない腰痛は
どのような原因のものがあるのでしょう。

■ 慢性腰痛に効くツボ

先ずは慢性腰痛に効くツボです。
慢性腰痛は姿勢や肥満気味の体質などが原因となり
起きるとされますが、原因がはっきりしないものも
少なくありません。

原因がはっきりしない慢性腰痛に対してはツボ刺激は効果的です。

慢性腰痛に効くツボとしては以下のようなツボがあります。

・崑崙(こんろん)のツボ

慢性腰痛に効くツボとして挙げられるのが
崑崙(こんろん)のツボです。

体内の気や血の通りを良くする作用があるツボとして
知られています。

崑崙は、足にあるツボです。
くるぶしの出っ張りの後ろにあります。


腰痛以外にも、鼻水・鼻づまり、足のむくみ、
足の疲れ、太ももやふくらはぎがダルくてなんだか重たい、
などの症状にも効果があります。

【刺激方法】

手をくるぶしの出っ張りの後ろに伸ばし、
4本の指で足首をつかみ、親指の先でくるぶしの後ろの
崑崙のツボをよく刺激しましょう。

3秒程度押しては放すという刺激を3分程度行います。


ということで、腰痛対策としてツボを刺激する、
というものでした。

ツボという存在があることを忘れていましたね。
確かに腰という重要な箇所ですので、
痛みに対応するツボがあるはずですね。

そして今回は崑崙のツボ、というものでした。
くるぶしの出っ張りの後ろ、ということですから
アキレス腱に近い場所になりますかね。

足のツボですので、家にいて寛いでいる時などに
刺激するのに良いのではと思いました。
ソファに座ってtvを見ながらとか、
入浴中なと、手軽にできそうですね。
是非試してみて下さい。

腰痛に効くツボは、次回に続きます。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

腰痛改善に「ながらストレッチ」no3

腰痛対策のストレッチについて、
何かをしながら実施する、ということで見ています。

前回は寝ながらストレッチをするというものでした。
就寝する前に、布団やベッドの上で
下半身のストレッチをするというものでした。

気分を良くして眠りにつければ、
安眠を得られるかなとも思います。
実践してみたいと思いました。

では引き続き、今回も見ていきましょう。

■ ストレッチでの対策

3.立ち仕事しながらストレッチ

こちらもいたってシンプルです。

立った姿勢で両足を肩幅程度に開きます。
次に5センチほど踵を上げ、足の5本指で
しっかりと身体を支えて下さい。


太ももの裏側をしっかり伸ばしてみると、
お尻の筋肉が引き締まります。

尾てい骨を頂点にAラインを作るイメージです。

重心を後ろに持っていくと、ふらつきますので、
おへその下あたりに力を入れましょう。
上半身は頭のてっぺんから引っ張られているように
ピンと背筋を伸ばします。

お尻と太ももの筋肉を鍛えることで、
腰への負荷を軽くすることができます。


ヒップアップ効果も期待できる
一石二鳥のストレッチです。
ドライヤーで髪を乾かす時にやったり、
台所仕事の最中や、
電車の待ち時間などにもできそうです。

以上、腰痛改善を目的としたストレッチを見てみました。
生活に取り入れてみたいものはあったでしょうか。
最後に注意点を挙げておきます。

■ まとめ ストレッチの注意点

①無理をしない

無理な姿勢を続けたり、急な動きや反動で、
腱や筋を痛めないように自分の身体の許容範囲を大切にしましょう。


その時には気付かないことがありますが、
後から痛みとして残ることもあります。
楽な姿勢でトライしてください。

②毎日少しずつ

ストレッチは毎日の積み重ねが、
痛みやコリの改善をもたらす長期的な健康法です。


忙しい時間にも、ふと思い出して、生活に取り入れることで、
過度のストレスを感じずに続けることができます。
いつの間にか身体にたまってしまった疲労物質を、
徐々に取り払っていきましょう。


ということで、腰痛対策のストレッチについて、
何かしながら実施する「ながらストレッチ」でした。

今回は立ち仕事をしながらのストレッチでした。
立ったまま、という時間が長い、という人も多いかと思います。
そういう意味では、立ちながらでもできる
ストレッチも良いと思います。

踵をあげて身体を支える、
というものですので、これもやり易いと思います。

・下半身に力を入れて背筋を伸ばす、
・その際太ももの裏を伸ばす
こういう意識をもって実施してみると良いようです。

無理をせず、少しずつ実施していきましょう。
毎日できれば理想ですが、
そこまで難しければ、1日おきなどでも良いと思います。
継続できるよう心がけましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

腰痛改善に「ながらストレッチ」no2

腰痛対策のストレッチについて、
何かをしながら実施する、ということで見ています。

何かをしながら実施する、ながら族なとどいう言葉が
昔ありました。
片手間に実施するということでは、あまり良いイメージが
無い言葉ですが、今回みている「ながらストレッチ」」は
そんなイメージとはちょっと違うかな、と思います。

前回見ましたパソコン作業をしながら、下半身を捻る、
というのは、ある意味気分転換にもなり、
却って仕事の効率アップにもつながるかもしれません。

そういう意味で今回見ている「ながらストレッチ」は
結構有効かと思います。

では引き続き、今回も見ていきましょう。

■ ストレッチでの対策

2.寝ながらストレッチ

次はベッドの上でのストレッチです。

1.まずは仰向けの姿勢で楽にし、
両足を肩幅ほどに開きます。

2.次に右足の裏と左足の裏がくっつくまで、
ゆっくりと膝を曲げていきます。
両足でひし形を作るようなイメージです。

3.手で太ももに軽く負荷をかけ、
股関節とお尻から腰にかけての筋肉を
広げてみましょう。
ゆっくりと息を吐きながら15秒が目安です。

4.次に両足を元に戻し、片方の膝をゆっくりと
お腹に向かって曲げていきます。

5.両手で膝を抱え、お尻の筋肉が伸びるのを感じながら、
呼吸を整えてください。

6.およそ15秒経ったら、上半身は仰向けのまま、
伸ばしている反対側の足を下にして、
腰から横向きに倒していきます。

7.無理のない程度に、曲げた膝を押さえながら、
背筋から腰にかけてのラインを意識してください。
反対の足も同様です。


深い呼吸を心がけながら 行ってみると効果的です。
仕事で疲れて早く眠りにつきたい、
と思う気持ちは山々ですが、
就寝前の軽いストレッチは
質の良い睡眠につながります。

1日おきで程度で良いので、
実施してみて下さい。


ということで、腰痛対策のストレッチについて、
何かしながら実施する「ながらストレッチ」でした。

今回は就寝前に実施する寝ながらストレッチでした。
就寝前に実施するので、それほど時間を
掛ける必要はないでしょう。

肉体的にも、精神的にも楽になるので、
良質な睡眠も得られるような気がします。
布団、ベッドの上で実施するので、
疲れたらすぐ寝てしまえば良い、
という気楽さもあるので、気楽に実施してみましょう。

無理の無い範囲で継続できるようにしてはいかがでしょうか。

「ながらストレッチ」は更に次回に続きます。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

腰痛改善に「ながらストレッチ」no1

腰痛改善に筋トレや、ストレッチなど見ています。
じっくりと毎日継続することで、
筋力アップや、身体を柔らかくでき、腰痛にも
効果が見込めます。

ただ忙しい毎日です。
それほど長い時間を掛けなくても良い、
と言われても疲れていたり、
忙しいとのことで継続できなかったりすることもあります。

そこで何かしながらのついでに
できたら、というのが今回の内容です。
以下に見ていきましょう。

■ 腰痛対策

腰痛、肩こり、花粉症は現代人の三大苦悩とも呼べる、
実にやっかいな症状です。

医療技術の発展がめざましい今日においても、
いまだ完治に至る治療法は開発されていません。

とりわけ、日本における有訴率が一番高い腰痛は、
人類が、狩猟生活を止め、一か所にとどまるような、
農耕を始めた頃に起源があるとされている根深い症状です。

患者の8割が原因不明とも言われていますが、
最近では、ストレスと腰痛が深く関わっている
という見方もあります。

■ ストレッチでの対策

しかし、仕事にプライベートに多忙な日々を送る
現代人にとって、腰痛を理由に休むというのは、
なかなか認めてもらえないのが現状です。

栄養剤やサプリメントで一時しのぎをしながら、
いつの間にか症状を悪化させてしまっている方も
多いのではないでしょうか。

外部からの働きかけよりも、内面から腰痛を
改善していくことが大切です。
そこで有効なのが、毎日行うストレッチです。

そこで今回は気軽にできる、
『ながらストレッチ』を見ていきます。

1.パソコンしながらストレッチ

パソコンは今やビジネスに欠かせないツールとなりました。
便利な反面、メールや情報検索など、
デスクの上だけで済ませられる業務も増え、
オフィスの空気が滞ってしまうのが難点です。

そこで、静かなオフィスでも、こっそりできるのが、
『パソコンしながらストレッチ』です。


やり方はとても簡単です。
デスクに向かってパソコンと対面している状態から、
両手はキーボードの上に置いたまま、
腰から下を90度捻るだけです。


回転するオフィスチェアであれば、
その機能を使ってゆっくり腰を横向きに
捻っていきましょう。
姿勢を正してやれば、肩甲骨にもぐっと効きます。

左に捻って、お得意先にメールを送信したら、
今度は右に捻って請求書作成、という具合に
短時間で済ませられる業務をやっつけながら、
ストレッチができます。


但し、同じ姿勢を長く保つと、却って腰や肩に
負担がかかりますので、頃合いを見ながら、
左右を代えてみてください。


ということで、腰痛対策のストレッチについて、
何かをしながら実施する、というものです。

今回はパソコンをしながら、ストレッチでした。
パソコンに向き合って仕事をする、という方も多いと思います。
その仕事中に、時々ストレッチを挟むというものです。

言われてみれば、ちょっとした身体を捻るなどは、
実践されている方もいると思います。
その運動をもう少し意識して、腰痛対策向けの
ストレッチも混ぜ込むといものです。

両手はキーボードの上に置いたまま、
腰から下を左右に90度捻る。

これは簡単ですので、直ぐにできそうです。
最初は無理に90度までいかなくても良いでしょう。
捻る行為を毎日継続することが大事と思います。

1時間に1回、休憩する前に左右2~3回ずつ捻る、
などと決めてやっても良いかもしれませんね。

この「ながらストレッチ」は次回に続きます。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

筋トレで腰痛を治すために気をつける方法 no3

筋トレで腰痛を治す際に注意する方法
というのを見てきました。

腰痛であっても、筋トレなどして
腰回りを鍛えることは大事です。

そしてその際に注意することは以下5点でした。
・筋トレ前に背骨の歪みを治す
・やりすぎは逆効果
・筋トレは1日やったら、2日休む
・プロテインは必要ない
・筋トレ後、45分以内に食事をした方が良い

では、今回は最後にこれに併せて
毎日できるストレッチを見てみます。


■ 背筋を正常に戻すストレッチ

1.肩幅に足を開き、つま先をやや外側に向けてしゃがみます。

2.かかとはなるべく浮かないようにし、
少し前かがみになります。

3.お尻をやや後ろに引くようにして、
できるだけゆっくり立ち上がります。
このとき上半身は胸を先行させるイメージで
ゆっくり持ち上げます。

しゃがむとかかとが浮く人は、倒れるギリギリまで
真後ろにお尻を引き、この姿勢から始めて下さい。

4.胸が上がるにつれ、きれいにヒップアップしてきます。
腰のアーチもかなり強調されます。

*速く立ち上がると深部に効きにくいです。
10秒間かけて、できるだけゆっくり行い、
なめらかに動きましょう。

5.腰に集まった力が抜けないようにしつつ、
背中とお尻を近づけるイメージで連動させ、
ゆっくり立ち上がります。

うまくできたら、ラクに呼吸でき、
肩がリラックスし、腰にアーチができるなどが感じられます。

6.終了後、下腹部に大きく息が入ればOKです。


以上です。
朝晩1回ずつでOKなので、是非お試し下さい。
このストレッチで、身体の歪みを治した後、
自分の腰痛にあわせた筋トレを行って下さい。

■ まとめ

いかがでしょうか。
筋トレは確かに筋肉アップには効果がありますが、
やり方を間違えると逆効果になります。

是非今回の内容を参考にして、筋トレを行って下さい。


ということで、3回にわたって筋トレで腰痛を治す際に
注意することを見てみました。

筋トレを行って、腰回りの筋肉を鍛えることは
腰痛を防ぐためにも大変有効です。
立っていようが、座っていようが
腰を使っています。

腰回りの筋力を鍛えることは、その意味でも
腰痛防止に大変重要でしょう。
焦らず、確実に効果を出すためにも、
無理をせず、継続して実施できるようにしましょう。

再度以下5点を確認頂き、筋トレを実施しましょう。
・筋トレ前に背骨の歪みを治す
・やりすぎは逆効果
・筋トレは1日やったら、2日休む
・プロテインは必要ない
・筋トレ後、45分以内に食事をした方が良い

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

筋トレで腰痛を治すために気をつける方法 no2

筋トレで腰痛を治す際に注意する方法
というのを見ています。

前回は
・筋トレ前に背骨の歪みを治す
・やりすぎは逆効果
ということでしたね。

今回も引き続き見ていきましょう。

■ 腰痛を改善させる方法

3.筋トレの回数「1日やったら、2日休む」

頑張って筋トレに励んだら、翌日筋肉痛になった、
ということはよくありますよね。
頑張って毎日筋トレすると決めて、
筋肉痛を我慢して筋トレをしても、
効果は出ないのはご存知ですしょうか。


トレーニングに一生懸命励めば、当然筋肉は疲労します。
すると万全の体調であれば簡単にできる動作が、
筋疲労によって満足にできなくなります。
パフォーマンス力が落ちるものです。

ですので、筋肉痛になったと感じたら
ゆっくり休養を取るべきですし、
筋肉痛にならなくても
筋力が低下していると感じるだけのトレーニングが
できればそれで十分です。


しっかり休んで筋力を回復させてください。
筋トレは毎日しなくても充分筋力がつきます。

4.筋トレの効果 「プロテインは必要ない」

筋力トレーニングを始めると、
誰でもほぼ例外なく興味を持つのがプロテインパウダーです。

手軽に使える低脂肪なたんぱく源としては
抜群に便利ですが、誤解があったり
うまく使えていない人も多いようです。

プロテインと言うとすぐに飲む時間帯の話が出てきますが、
1日全体で自分に合ったカロリーと
たんぱく質の量が摂れていなければ、
時間帯を工夫しても結果はついてきません。


自分に合った食事量は、今の体形(体重・体脂肪)と
目標の体形によって決まります。

まずは現状を知り、目標を立てて、
何をどれだけ食べれば良いか考えましょう。

5.筋トレと食事「筋トレ後、45分以内に食事をした方が良い」

筋肉は淡白質でできています。
いくら運動しても淡白質が足りなければ、
筋肉は大きくなりません。


ですので筋肉が大きくなり始めるとされている、
トレーニング後の45分以内に
食事をするようにするとより効果的です。



ということで筋トレで腰痛を治す際に注意する方法でした。

今回は以下の3つでした。
・筋トレは1日やったら、2日休む
・プロテインは必要ない
・筋トレ後、45分以内に食事をした方が良い

前回にもありましたが、筋トレは無理は禁物ということでした。
その意味では、1日やったら、2日休む、というのは
それに通ずるものとなりますね。

確かに筋肉痛になった状態で続けるのはどうかと思います。
学生の頃毎日のように筋トレをやっていましたが、
無理してやっていたところもありましたね。

若い頃はそれでも良かったかもしれませんが、
腰痛対策はそれでは意味はないということでしょう。

筋肉痛にならない程度に、休養を取り入れながら、
じっくりと実施していきましょう。
毎日実施しなくても大丈夫というのは心強いです。

筋トレ後45分以内に食事をすると、より効果的とのことです。
これは以前にも筋トレ後にもプロテインや、蛋白質を
摂るとより効果的であるというのをお伝えしました。
こういうことも頭の隅に置いておきましょう。

前回、前々回と5つの注意点を見てきました。
是非参考にして下さい。

次回はこの内容の最終まとめです。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。



posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする