2016年11月: 生活全般の気になる情報

2016年11月30日

本を読むことが睡眠に効果的な理由 no2

本を読むことで良い睡眠を得るには、
ということで見ています。

前回見ましたが、本を読むことはストレス解消になる
ということでした。
これはどういうことなのか、といことを知りたくなります。
読書とストレス解消の関係、興味があります。

具体的に見ていきましょう。


■ 本を読むことが良い睡眠につながる理由

本を読むことはストレス解消につながるため、
良い睡眠を得る助けになります。


では何故本を読むことがストレス解消になるのか、
何故それによって良い睡眠を得ることができるようになるのか、
という点を具体的に見ていきたいと思います。

①気持ちが落ち着く

本を読むことによって気持ちを落ち着かせることができ、
その結果ストレス解消を行なうことができ、
良い睡眠につながる、と考えられています。


学校で子供たちに本を読むように
勧めるのはそれが理由です。
本を読んで気持ちを落ち着かせることができるようになると、
いじめなどのトラブルが減ると言われています。

これは大人の世界にも十分あてはまります。
職場は学校以上にストレスになる場合がありますので、
毎日のストレスを解消するために本を読むなら、
気持ちを落ち着かせて、安心して
ゆっくり眠ることができるでしょう。


そういう意味でも、毎日少しでも
本を読むようにしてみましょう。


ということで、本を読むことで良い睡眠を得る
ということでした。

何故本を読むことが睡眠に良いのかといことですが
今回見た理由は以下でした。
・気持ちが落ち着く

本を読むことは精神的に落ち着くといことですね。
成程、確かにそうかもしれません。
好きな本や、良い本を読んでいますと、
その内容に没頭することで気持ちが落ち着くことがあります。

そういう意味では忙しい毎日であっても
少しでも読書をしたほうが良いでしょう。
嫌なこと、辛いことなどストレスに晒されることが
日々多いですが、読書で解消するのだと思って
実践してみましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

本を読むことが睡眠に効果的な理由 no1

良い睡眠を得るにはどうしたら良いか、
ということで見ています。
前回までは、クラッシク音楽を聞くことで
良い睡眠を得られる、ということを見てみました。

クラッシク音楽で、α波が含まれていて、
弦楽器の音が中心のものであると特に良いようです。
色々探してみましょう。

さて良い睡眠を得る方法についてですが、
今回からは読書によって得る方法です。

どのように実施していくのでしょうか。
非常に興味がありますね。
以下見ていきましょう。

■ 睡眠と読書

睡眠と本にはどのような関係があるのでしょうか。
実は、本を読むと質の良い睡眠を得ることができる、
と考えられていますが、何故でしょうか。

それは、本を読むことがストレス解消につながるからです。

ある調査によると、6分間の読書によって
68%のストレスが軽減されたという結果があります。

同じくストレス解消方法として
・音楽を聞く
・散歩をする
では本を読むことよりもストレスが解消されない、
という結果が出ています。


ストレスの溜まり過ぎは不眠症の原因となります。
つまり質の良い睡眠を得ることができなくなるのです。

良い睡眠が得られないなら、
更にストレスが溜まってしまうことでしょう。
ですから、本を読んでストレスを解消することは、
良い睡眠のために大切なことなのです。


では、本を読むことによってよく眠ることができる理由を
以下で見ていきたいと思います。

少しの時間本を読むことを心がけるなら、
毎日質の良い睡眠を得ることができるでしょう。



ということで本を読むことで良い睡眠を得るといことでした。
読書と睡眠の関係とはどのようなものでしょうか。
関係があるようで、なさそうでどうなんでしょうかね。

読書をしていると眠くなってしまう、
という人もいるかもしれないですね。
そういう人にとっては、読書は睡眠誘導剤かもしれないですね。

それは冗談ですが、本を読むことは
ストレス解消につながるというのが理由のようです。
読書がストレス解消になる、これはいががでしょうか。
もしそうだとしたら、それは良いですよね。

私も本を読むことは好きなのでこれ事実であれば、
非常に嬉しくなります。
もっと読書しようという気にもなりますからね。

この理由はどういうことによるのでしょうか。
次回からその理由を見ていくことのことですので、
楽しみに待ってみましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を得るポイント no4

クラッシク音楽を聞いて良い睡眠を得るには、
ということで見ています。

前回はクラッシク音楽を聞くにあたっての準備
のようなものでした。
・聞く環境を整える
・何かと組み合わせる

クラッシク音楽を聞く自分の心持のようなものでしょうか。
ただ聞いていても駄目ということですね。
環境など整備もしておきましょう。

さて今回はどのようなポイントがあるのか
以下見ていきましょう。


■ クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を取るためのポイント

⑤弦楽器の音楽を聞く

クラシック音楽を聞いてリラックスし、
良い睡眠を得たいと思う場合、
弦楽器の音楽を聞くのが効果的です。


弦楽器は複数の音が同時に出るので「倍音(ばいおん)」
と呼ばれる効果が生まれます。

この「倍音」は副交感神経に作用し、
身体をリラックスさせることができるのです。

質の良い睡眠を得るためにクラシック音楽を
聞くのであれば、弦楽器の音楽を選ぶようにしましょう。

【倍音】
倍音とは基本となる音の周波数の倍の周波数を持つ音

■まとめ:自分に合ったクラシック音楽を選んで質の良い睡眠に役立てましょう

以上質の良い睡眠を得るために役立つ
クラシック音楽を聞くためのポイントを見てみました。
参考にして頂けましたでしょうか。

クラシック音楽はポイントを押さえて聞けば、
質の良い睡眠を得る助けになります。
自分好みのクラシック音楽で、
睡眠導入に役立つα波の含まれるものを見つけてみましょう。


またクラシック音楽を聞く環境を整えることも大切です。
是非参考にして頂き、クラシック音楽を睡眠に役立ててみて下さい。


ということで、クラッシク音楽を聞いて良い睡眠を得る
ためのポイントについてでした。

最後のポイントとして以下が挙げられていました。
・弦楽器の音楽を聞く
クラッシク音楽のなかでも弦楽器の音が良い、とのことです。
弦楽器の音ということですので、管弦楽ということになりますかね。

穏やかな弦楽器の音はとても心地が良いですね。
倍音というのは初めて知りました。
副交感神経に作用し、リラックスさせてくれるそうです。

これは良く理解できますね。私も弦楽器の音は好きですね。
バッハの管弦楽組曲第三番(G線上のアリア)は私のお気に入りです。
弦楽器の音を少し追ってみようかと思いました。

クラッシク音楽を聞くということで良い睡眠を得ることができる、
ということで見てみましたが、いかがでしたでしょうか。
クラッシク音楽に馴染みの無い方もいらっしゃるかもしれませんが、
そういう方もこれを機会に聞いてみてはと思います。

良い睡眠を得られるためにクラッシク音楽を聞く、
是非参考にしてみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を得るポイント no3

クラッシク音楽を聞いて良い睡眠を得るには、
ということで見ています。

ただクラッシク音楽を聞けば良い、ということではなく
いくつか抑えておくポイントがあります。
前回はそのうち以下の2点を見てみました。
・歌詞の無いものを聞く
・テンポの遅いものを聞く

今回も引き続き見ていきましょう。


■ クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を取るためのポイント

③聞く環境を整える

クラシック音楽によって身体をリラックスさせ、
気持ち良く睡眠に入りたいと思う時、
音楽を聞く環境を整える必要もあります。

良い音楽を聞いても寝ている環境が
・散らかっている
・汚れている
・暑すぎたり寒すぎたりする
などあれば、クラシック音楽の本来の力を
実感することは難しいでしょう。


質の良い睡眠を得るためにクラシック音楽を使用したい、
と思うなら、音楽を聞く環境を整えるようにしましょう。


④何かと組み合わせる

クラッシク音楽を聞いて睡眠に入る前に
身体をリラックスさせたいと思う場合、
どうしたら良いでしょうか。

その場合身体にリラックス効果のある他のもの、
例えばアロマやおしゃれな照明器具を
組み合わせることができるかもしれません。


身体をリラックスさせるために
・クラシック音楽を聞く
・その時リラックスさせる効果のあるアロマの香りを嗅ぐ
・部屋はリラックス効果のある落ち着いた照明で照らす
この組み合わせで一日の疲れを忘れることができるでしょう。


ということで、クラッシク音楽を聞いて良い睡眠を得る
ためのポイントについてでした。

今回は以下の2点でした。
・聞く環境を整える
・何かと組み合わせる

聞く環境、ここでは寝室ということになりますね。
就寝する部屋を整理しておくことは
良い睡眠を得るためにも重要とのことです。

確かにクラッシク音楽を聞いていても
部屋の状態が気になってしまっては効果も得られません。
清潔な部屋、整理整頓された部屋、
暑過ぎない、寒過ぎない等、寝室の環境は意識しておきましょう。

何かと組み合わせるということで、
ここではアロマや照明を取り上げていました。
私が思ったのは、牛乳は麦茶といった飲料を飲みながら
クラッシク音楽を聞いて就寝するというものです。

以前見ましたが、ノンカフェイン飲料は就寝前に良いということでした。
クラッシク音楽を聞きながらこういったものを飲み、
就寝しても良いのかなと思いました。

いかがでしょうか。
更に次回も見ていきます。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を得るポイント no2

クラッシク音楽を聞いて良い睡眠を得るには、
ということで見ています。

クラッシク音楽にはα波が含まれており、
これが身体をリラックスさせる効果があるとのことです。
特にモーツァルトの作品にはα波が含まれている作品が
多いようなので覚えておきましょう。

では具体的にどのような点に注意してクラッシク音楽を
聞けばよいか、見ていきましょう。


■ クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を取るためのポイント

ではクラシック音楽を聞きながら良い睡眠を取るための
ポイントについて具体的に見ていきます。

①歌詞の無いものを聞く

クラシック音楽によって良い睡眠を得るためのポイントとして、
歌詞の無いものを聞くということが挙げられます。


クラシック音楽には色々な種類のものがありますが、
その中にはオペラなども含まれます。

オペラのような歌詞のあるクラッシク音楽は
どうしても歌詞に集中してしまうため、
身体をリラックスさせることが難しくなるでしょう。


良い睡眠を得るためにクラシック音楽を聞く場合は、
歌詞の無い物を選ぶようにしましょう。

②テンポの遅いものを聞く

クラシック音楽には、他の音楽と同じく
様々なテンポのものがあります。
早いものから遅いものまで種類も多岐に渡ります。

たとえα波が入っている音楽だとしても、
テンポが速すぎたり、気持ち良く聞くことができないものは
質の良い睡眠にはつながらないでしょう。


睡眠のためにクラシック音楽を聞く場合、
あまりテンポが速くないものを選ぶことが大切です。



ということで、クラッシク音楽を聞いて良い睡眠を得る
ためのポイントについてでした。

今回のポイントは以下でした。
・歌詞の無いものを聞く
・テンポの遅いものを聞く

就寝前に聞くという観点からは、
歌詞の無い曲といのが良いと思いますね。
クラッシク音楽に限らず、歌詞のある曲は
その言葉に注意が傾き、却って目が冴えていまいそうです。

テンポの遅い曲、というのも上記と同様でしょう。
激しい曲、アップテンポの曲などは
気分が高まってしまい、こちらも眠れなくなってしまいそうです。
ゆったりとした、静かな曲がいいですね。

クラッシク音楽なら何でもよいわけではない、
その点は意識しておきましょう。
次回もこの続きを見ていきます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を得るポイント no1

良い睡眠を得るにはどうしたら良いか、
ということで見ています。
前回までは、ストレッチをすることで
良い睡眠を得られる、ということを見てみました。

簡単なストレッチで首、肩、腰などをほぐすことで
良い睡眠を得られるということでしたね。
是非試してみて下さい。

さて良い睡眠を得る方法についてですが、
今回からはクラッシク音楽を聞く、という方法です。

クラッシク音楽にそういう効果があるとは
これはまた意外な方法ですね。
非常に興味があります。
以下見ていきましょう。


■ クラッシク音楽と良い睡眠の関係

睡眠前にクラシック音楽を聞くと、
質の良い睡眠が得られると言われています。
これは何故なのでしょうか。

クラシック音楽にはα波というものが含まれている、
と言われています。
このα波は身体をリラックスさせる働きがあります。
ですから、クラシック音楽は
良い睡眠を得るために大変効果的なのです。


クラシック音楽でα波が含まれている作品は、
モーツァルトの作品に多く見られます。

モーツァルト以外にもα波の含まれているクラシック音楽は
色々ありますので探してみると良いでしょう。

寝る前に聞く音楽はモーツァルトでなければならない、
という決まりはありません。
モーツアルトに限らず幾つかのポイント抑えて
クラシック音楽を聞けば、
気持ち良く睡眠に入ることができるでしょう。


今回から良い睡眠を取るためにクラシック音楽を聞く場合
どのようなことに注意するのが良いか、
ということについて見ていきたいと思います。
是非参考にしてみて下さい。

■ クラシック音楽を聞いてより良い睡眠を取るためのポイント

ではクラシック音楽を聞きながら良い睡眠を取るための
ポイントにはどのようなことがあるでしょうか。
具体的には次回から見ていきます。


ということで、クラッシク音楽を聞いて良い睡眠を得る
ということでした。

クラッシク音楽で良い睡眠が得られるのは以下の理由はでしたね。
・クラシック音楽にはα波が含まれている。
・α波は身体をリラックスさせる働きがある。
・クラシック音楽は良い睡眠を得るために効果的。

α波が含まれている、これがキーポイントですね。
特にモーツァルトの作品はα波が多いとのことです。
私もクラッシク音楽は好きですし、
モーツァルトの作品も好きです。

ただα波ということを意識したことは無かったですね。
就寝前にクラッシク音楽を聞く場合、
α波を多く含む曲が良いようですので、
これを意識しておきましょう。

次回からは具体的にどのようなことを注意していけば良いか、
見ていきましょう。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

良い睡眠を得るためにストレッチが役立つ no3

良い睡眠を取るためにストレッチをしましょう、
ということで見ています。

ストレッチの有効性は、睡眠でも効果があるとのことです。
前回、前々回と首、肩、腰をストレッチでほぐしてあげて、
良い睡眠を得られるとのことでした。
今回はどのようなストレッチでしょうか。
引き続いて見ていきましょう。


■ 良い睡眠を得るためのストレッチ方法

④手首や足首をほぐす

手首や足首をほぐして血流を良くすることも、
良い睡眠を得るために大切です。

手首や足首の血流が滞ってしまうと、
手先や足先が冷えてしまい、
なかなか寝付けなくなります。
常に血流を良くしておくことは大切です。


手首や足首の血流を良くするためにブラブラと
動かすことが効果的です。

時間を見つけて手首足首をブラブラさせて
血流を良くするように心がけましょう。

■ まとめ:睡眠前にストレッチを行なうことを習慣にしましょう

以上質の良い睡眠を得るために役立つストレッチ
について幾つか見てみました。
参考にして頂けたでしょうか

身体の筋肉が緊張してしまっていますと、
質の良い睡眠を得ることはできません。


長時間働くと身体の筋肉は絶対と言って良いほど緊張します。
その影響が睡眠に及んでしまうなら、
身体の疲れをしっかり取ることが難しくなり、
結果的に良い睡眠を得ることができなくなります。

ですから、睡眠を取る前に身体全体のストレッチを行なって
身体の筋肉をしっかりほぐしておくことが必要です。


無理をしないで全身をしっかりほぐすことができる
ストレッチを行なうようにしましょう。

そうすれば、身体の筋肉の緊張によって眠れなくなる、
という状態を避けることができるでしょう。
是非参考にしてみて下さい。


ということで良い睡眠を得るためにストレッチをするという
ことでした。

今回は手首や足首をほぐす、というものでした。
手首や、足首の血流が滞ると、手先、足先が
冷えてしまうとのことです。
そうすると血流が悪くなり、良く眠れなくなってしまう、
そういう悪循環になってしまんですね。

手首、足首をブラブラさせて血流を良くする、
これだけで随分と違うとのことです。
すぐにでもできることですので、
是非毎日の生活に取り入れて見てみましょう。

いかがでしょうか。
3回に渡り良い睡眠を得るためにストレッチをする、
ということで、以下見てみました。
・肩をほぐす
・首をほぐす
・腰をほぐす
・手首足首をほぐす

今回はどれも比較的易しい方法であったと思います。
直ぐにできるものも多いかと感じました。
良い睡眠を得るためにも、是非取り入れてみましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

良い睡眠を得るためにストレッチが役立つ no2

良い睡眠を取るためにストレッチをしましょう、
ということで見ています。

ストレッチは色々な場面で遭遇しますが、
良質な睡眠を得るに際しても効果があるということです。
ではどのようなストレッチが良いのでしょうか。
前回に引き続いて見ていきましょう。


■ 良い睡眠を得るためのストレッチ方法

②首をほぐす

長時間のデスクワークをしている人は、
首の筋肉が固まってしまいがちです。

長時間書き物をしたり、パソコンを使用する場合、
首にかかる負担は計り知れません。

毎日寝る前に首の筋肉をほぐすように心がけることで、
良い睡眠を得ることができるでしょう。

両手を頭の後ろに回して息を吸った後、
吐きながら頭をゆっくり前に倒していきましょう。
そのまま10秒ほどキープした後、
息を吸いながらもとに位置に戻します。


これは数回行うと良いでしょう。
但し無理に首を押しすぎて痛めてしまうことがないように
注意しましょう。

③腰をほぐす

長時間のデスクワークで一番負担がかかるのは
腰だと言われています。
また重い物を運ぶ仕事をしている人も、
腰に負担がかかってしまうことでしょう。


腰の筋肉をしっかりほぐすことも、
質の良い睡眠を得るために助けになります。

壁にもたれて座り、足をそろえて前に出して
・前屈したり、
・立った状態で背伸びをする、
またあおむけに寝転がり、
・ひざを立てて肩が浮かないように注意しながら左右に倒す、
などのストレッチを行ないましょう。


効果的に腰の筋肉をほぐすことができ、
良い睡眠を取るための助けになるでしょう。


ということで良い睡眠を得るためにストレッチをする
ということでした。

今回は以下の2点でした。
・首をほぐす
・腰をほぐす

首は前回見た肩と同様に凝りが溜まる個所ですね。
・筋肉が固まって動きが悪くなる
・首が思うように回らなくなる
私も良く経験します。
パソコンに向かって仕事をしているので
どうしても首にも負担が掛かりますね。

就寝前の首のストレッチも良さそうです。

次に腰をほぐすのも大切とのことです。
座っていると、腰にも負担がかかるんですね。
座っているので楽だと思っていましたが、
意外とそうではないんですね。

腰の疲労を取ることで良い睡眠が得られるとは
思いもしなかったので、試してみてはいかがでしょうか。

次回も引き続き見ていきます。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

良い睡眠を得るためにストレッチが役立つ no1

快適な睡眠を得るにはどうしたら良いでしょう。
いくつか見てきましたが、どうでしょうか。

生活習慣の改善をして良い睡眠を得られるようする
というのも見てみました。
自分に合った寝具を選ぶ、寝る前にカフェインを摂らない
自分に合った睡眠時間を探す、等ありました。

さて今回も良い睡眠を得るための方法を見ていきましょう。
運動系の話になります。


■ ストレッチで良い睡眠を得る

ストレッチをすると良い睡眠が得られる、
というのは本当のようです。


身体の筋肉が緊張した状態になっている場合、
質の良い睡眠を得ることは難しくなるでしょう。

長時間のデスクワークをしたりして、
同じ姿勢のまま長時間いることが多いのであれば
尚のこと、ストレッチをしっかり行なうことが大切です。
そうすれば身体の筋肉をしっかりほぐすことができ、
良い睡眠を取り易くなるでしょう。


就寝前にストレッチをするにあたっては、
注意するべき点もあります。
それは激しく行ない過ぎない、ということです。

就寝前に激しいストレッチを行なうと、
身体が興奮し体温が上昇して逆に眠れなくなるでしょう。
質の良い睡眠のためにストレッチを行なうのであれば、
ゆっくり軽く行なうことが大切です。
じんわりと気持ちの良い程度に
ストレッチを行なうように心掛けましょう。


以下では就寝前に行なうと効果的な
全身ストレッチを幾つか見ていきます。

身体が緊張してなかなか寝付けない、
と思われる方は、質の良い睡眠のために是非試してみて下さい。

■ 良い睡眠のために行なうことができるストレッチ

では、身体をほぐして良い睡眠を得るために
どのようなストレッチが行えるのでしょうか。
以下見ていきましょう。

■ 良い睡眠を得るためのストレッチ方法

①肩をほぐす

首と同様に肩もしっかりほぐすことが大切です。
肩の筋肉は疲れが溜まって固まりやすい筋肉なので
必ずほぐすようにしましょう。

そうすることで、良い睡眠を得ることができます。

肩のストレッチは肩を回すことによって
行なうことができます。
走る時のように手を胸の前で構えて、
その状態のまま肩を前後にしっかり回しましょう。


仕事の休憩時間や仕事が終わった後に行なうことを
習慣にしておくことが必要です。


ということで良い睡眠を得るためには
ストレッチが良いとのことでした。

ストレッチは万能なものとのイメージがありますが、
良い睡眠を得るにも効果的とのことですね。

その際大切なのは、ストレッチをゆっくり軽く行なうこと。
じんわりと気持ちの良い程度に行うことで、
効果があるとのことです。

一日同じ姿勢でいる時間が長かったりしますと、
身体が硬直し、緊張が高まりすからね。
そしてどこをストレッチするかという場所ですが、
肩でしたね。

肩をほぐす、これは納得ですね。
緊張や同じ姿勢でいますと、知らず知らずのうちに
肩に力が入り、肩がバリバリになる感じがします。

肩を回す、これだけでかなり違うようです。
休憩の際に、ちょっと試してみるだけでも
かなり違うのではないでしょうか。
身体の緊張を解いて良い睡眠を得ましょう。

この話は次回も続きます。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

睡眠時間を限界まで削ってはいけない理由 no3

睡眠時間を限界まで削ってしまうことの危険性について
見ています。

ではそうならないために、どのようなことを
意識しておけば良いでしょうか。
前回は以下2点を見てみました。
・計画を立てる
・断る勇気を持つ

引き続き今回も見ていきましょう。


■ 限界まで睡眠不足にならないようにするために大切なこと

③時間を見つけて仮眠

限界まで睡眠不足にならないようにするために、
可能であれば仮眠をすることができます。


昼に軽く仮眠を摂ることができれば、
午後の仕事に集中することができるでしょう。

限界まで睡眠不足にならないようにするためには、
夜しっかり眠ることが大切です。
しかしそれに加えて仮眠をするように心がけることも、
限界まで睡眠不足にならないようにするために役立ちます。


昼食後に15分程度の仮眠を摂るのが効果的である、
と言われていますので試してみましょう。
但し午後の3時以降に仮眠を摂ると、
夜眠れなくなることがあるので注意して下さい。

④寝る時間を決める

「もう少し、もう少し」と睡眠時間を削って
作業をしていると、知らないうちに睡眠不足の限界に
到達してしまうかもしれません。

このようなことが頻繁にあるなら、
慢性的な睡眠不足になってしまうことでしょう。
何時には必ず寝て、何時には必ず起きる、
という予定を立てておけば、
限界まで睡眠不足になることを
避けることができるでしょう。


■ まとめ:意識して、限界まで睡眠を削らないように注意しましょう

以上睡眠時間を限界まで削ることが良くない理由と、
睡眠時間を限界まで削らないようにするために
大切な事を見てきました。
参考にして頂けましたでしょうか。

睡眠は人間の体力を充電するために大切なものです。
それを限界まで削ってしまうと、
質の良い作業を行なうことはできないことでしょう。

意識して睡眠時間をしっかり確保し、
限界まで睡眠時間を削ることがないように注意しましょう。



ということで睡眠時間を限界まで削らないために
意識しておくことは、ということで見てみました。
今回は以下2点でしたね。
・時間を見つけて仮眠
・寝る時間を決める

仮眠は、ここ何回か見てきていますね。
昼食後午後一番の仮眠は気分も良く効果的ですね。
ちょっとした充電と言えますね。

就寝時間を決めるのも良いかもしれません。
前回の計画を立てるということに繋がりますね。
起床時間、就寝時間を決めて、そのなかで、
自分の行動を当てはめていく、理想ですが大切です。

前回、今回と睡眠時間を限界まで削らないために
意識するということで、4点見てみました。
いかがでしたでしょうか。

自分の身体を維持していくためにも、睡眠時間を削ることは
避けるようにしましょう。
今回の4点を意識して、日々の睡眠を確保するようにしましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする