2017年03月31日

冷たい緑茶の作り方 no5

冷たいお茶の作り方、ということで見ています。
緑茶の作り置きをするには、冷茶が良いのでは、
ということです。

前々回からは茶葉を使用しての
冷茶の作り方を見ています。

ティーバックを使用するよりは、
少々手間を要するかもしれませんが、
その分味わいは深まるのではと思います。
今回も引き続き見ていきましょう。

■ 茶葉で淹れる本格的なおいしい冷茶の作り方

■ 急須を使う場合

お湯で入れて氷で急激に冷やすことで、
緑茶本来の味と香りを損なわず、おいしく頂けます。
すぐ出来るので、突然の来客にも対応できます。


①用意するもの
・お茶(上級煎茶)
・お湯
・急須
・グラス
・氷

②急須に茶葉をいれます。
茶葉の量は、一人分4~5g
お湯で普通に出す時より多めにしてください。

③湯ざましなどで、70~80℃位まで冷ましたお湯を
急須に注ぎ、約1分ほど、お茶の葉が開くまで静かに待ちます。


④茶葉が開いたら、氷を入れたティーグラスに、
氷の上から注ぎます。


⑤量と濃さが均等になるように廻し注ぎをします。
少し濃いめに出ますが、氷が溶けて、飲み頃になります。
以上でおいしい冷茶が入ります。


ということで冷たい緑茶の作り方でした。
今回は急須を使用するというものでした。

前回までの冷水ポットや、水出し茶ポットと
異なるのは、急須で作る場合は、
氷を使用する、という点ですね。

湯冷ましでお茶を淹れ、そのお茶を
氷を入れたグラスに注ぐという作り方です。
確かに突然の来客にも
直ぐに出せそうな方法ですね。

冷たくなっていく過程も楽しめそうな
作り方ではないかと思います。
簡単にできそうですので、是非お試し下さい。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

冷たい緑茶の作り方 no4

冷たいお茶の作り方、ということで見ています。
緑茶の作り置きをするには、冷茶が良いのでは、
ということです。

前回からは茶葉を使用しての
冷茶の作り方を見ています。
今回も引き続き見ていきましょう。


■ 茶葉で淹れる本格的なおいしい冷茶の作り方

■ クールサーバー(水出し茶ポット)で作る場合
 
①「水出し茶ポット」を使えば、
より簡単に本格的な『水出し煎茶』が出来ます。
最近は、耐熱ガラスで口に茶こしが付いた
便利な「水出し茶ポット」も市販されています。


②冷水ポットに直接、茶葉を入れます。
茶葉の量は、水1リットルに対して
10~15g程度で結構です。

※茶葉は旨味の多い上級茶
(特にふかむし茶が水でも浸出しやすいので最適)を
使った方が、風味がそのまま残りますので適しています。

③茶葉を入れたら次に、水を入れます。

④水を適量注いだら、そのまま冷蔵庫で冷やしておきます。

⑤水でじっくり抽出すると、甘味成分のテアニンや
ビタミンCが壊れずにゆっくり溶けだすので、
甘みがあって、非常にまろやかな味わいになります。


ただし作るのに時間がかかりますので、
寝る前に作っておくのが良いでしょう。
翌朝にはおいしい冷茶で
目を覚ますことが出来ます。


ということで冷たい緑茶の作り方でした。
前回に引き続き茶葉を使用して作る方法です。
水出し茶ポット、というのがあるんですね。
便利な世の中になったなと思います。

これはまさに水出し茶を作るための道具、
ということになりますからね。

しかも、最近では、
耐熱ガラスで口に茶こしが付いたものもある
ということですから、冷茶をつくるには
まさに持ってこい、というところでしょう。

少し高級の茶葉を使用するというのは、
前回と同様です。
こういう道具があると是非試してみたくなります。
機会があれば購入してみたくなりました。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

冷たい緑茶の作り方 no3

冷たいお茶の作り方、ということで見ています。
緑茶の作り置きをするには、冷茶が良いのでは、
ということです。

前回まではティーバックを使用しての
冷茶の作り方でした。
今回も引き続き見ていきましょう。


■ 茶葉で淹れる本格的なおいしい冷茶の作り方

■ 冷水ポットで作る場合

① 用意するもの
・お気に入りのお茶
・お茶パック
・冷水ポット
・水1リットル

※水は浄水器を通すか、
一度沸騰させたお湯の湯冷ましか、
ミネラルウォーターが理想的です。


②お茶パックに茶葉を入れます。
茶葉の量は水1リットルに対して
10~15g程度で結構です。


※茶葉は旨味の多い上級茶
(特にふかむし茶が水でも浸出しやすいので最適)を
使った方が、風味がそのまま残りますので適しています。


③冷水ポットにお茶パックを入れて、水を注ぎます。

④あとはそのまま冷蔵庫で冷やして、
じっくり待つだけです。(3時間以上冷やしましょう)

※味が薄いと感じるときはポットの中を箸等で
かき混ぜるか、かるくシェイクして下さい。

⑤水でじっくり抽出すると、甘味成分のテアニンや
ビタミンCが壊れずにゆっくり溶けだすので、
甘みがあって、非常にまろやかな味わいになります。


ただし作るのに時間がかかりますので、
寝る前に作っておくのが良いでしょう。
翌朝にはおいしい冷茶で
目を覚ますことが出来ます。


ということで冷たいお茶の作り方でした。
今回からは茶葉を使用しての作り方でした。

茶葉は少し高級なものを使用したほうが
良いようですね。

作る際に使用する水は以下が良いようです。
・浄水器を通したもの
・一度沸騰させたお湯の湯冷まし
・ミネラルウォーター

ティーバックのお茶も良いですが、
時間があるのでしたら、
このような茶葉を使用するのも良いですね。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

冷たい緑茶の作り方 no2

冷たいお茶の作り方、ということで見ています。
緑茶の作り置きをするには、冷茶が良いのでは、
ということですね。

色々な作り方があるのとのことで、
今回も引き続き見ていきましょう。

■ ティーバックで淹れる手軽でおいしい冷茶の作り方

■ マイボトルで作る場合  

①氷をマイボトルに入れて、
その上からティーパックを1パック入れます。

②その上から水をマイボトルいっぱいになるまで入れます。
そして、フタを閉めて、よくシェイク(混ぜる)します。


③おいしい冷茶(水出し煎茶)の出来上がりです。

何時でも何処ででも、手軽に
『深蒸し茶』ならではの、
お茶の水色、甘味、コクが味わえます。

■ 急須で作る場合

①急須にティーバックと氷を入れ、
水を注いで茶葉が開くまで4~5分待ちます。


②急須を少し揺らしてから、均等につぎわけます。
おいしい冷茶(水出し煎茶)の出来上がりです。


ということで冷たいお茶の作り方でした。
今回も前回に引き続き、ティーバックで
冷たいお茶を淹れるというものでした。

・マイボトル
・急須
を使用しての作り方でしたね。
ティーバックということもあり、
前回同様に作り方は比較的お手軽という印象です。

ティーバックと氷を入れて、
シェイクすることが作り方のコツかと思います。

私もマイボトルを所有しているので、
一度作ってみたいかなと思います。
ティーバックがあれば比較的作り易いと思います。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

冷たい緑茶の作り方 no1

前回まで緑茶の作り置きは良くない、
ということを見ました。

そのなかで水出しのお茶は良いという
話がありましたね。
冷蔵庫に保存しても味は落ちないようです。

そこで冷たいお茶の作り方を
色々と見ていきましょう。


■ 冷たいお茶の作り方

緑茶は低温でじっくり出したり、急速に冷却することにより、
甘み成分のテアニンやビタミンCが壊れずに残っているため、
まろやかで深みのある、旨味たっぷりの冷茶になります。

また、色の変化も少なく、緑の鮮やかな色が長時間保たれます。

■ ティーバックで淹れる手軽でおいしい冷茶の作り方

■ 冷水ポットで作る場合  

①三角形テトラ型ティーパックは
約5gの茶葉が入っています。

※三角形のテトラ型となっていますので、
ティーバックの中でも、
茶葉が広がりやすくなっています。

②冷水ポットにティーバックをいれ、
ティーバックが浸るくらいにお湯を注ぎます。
しばらく底を揺すり、旨味を抽出します。

※お湯を使わないで、水だけでもできますが、
その時は箸等でよくかき混ぜて下さい。

③水色が濃くなり、旨味が抽出できたら、水をいれます。
水だけでも結構ですが、氷で急冷すると、
さらにおいしくなります。


※水1リットルに対してティーパック1袋、
お好みで2袋が目安です。

④軽くシェイクして、冷蔵庫で数時間冷やしてください。

⑤おいしい冷茶(水出し煎茶)の出来上がりです。

※注意
作りおきした水出し煎茶は、必ず冷蔵庫で保管し、
その日のうちにお飲み下さい。


ということで冷たいお茶の作り方でした。
ティーバックを使用しての作り方でした。

今やティーバックがありますので、こういうのは
作るのに大変便利になったと思いますね。
手に入れやすいこともあって、
思い立ったら作るというのには向いているかな、
と思ったりします。

好みに合わせて、ティーバックを1袋、2袋と変えて
味を楽しんでみてもいいかもしれないですね。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

緑茶の作り置きについて

お茶について見ています。
お茶は飲むたびに淹れる、
というのが一般的です。

淹れておいて、好きな時に飲む、
ということはできるのでしょうか。
これについては、緑茶を作り置きしたら
身体に良くない成分ができる、
と言う話があるようです。

どういうことでしょうか。
以下で見ていきましょう。

■ 緑茶の作り置き

①作り置きのデメリット「宵越しのお茶は飲むな」

これは、緑茶の茶葉に含まれるたんぱく質が
酸化して化学変化を起こすと
雑菌が繁殖しやすくなり、
それを飲むとおなかを壊す事があるようです。


また、淹れてから時間が経つと、
タンニンとカフェインが結合し白濁します。
時間が経つにつれタンニンも酸化する為、
さびた鉄のような渋味に変わり
これもまたあまり美味しくありません。


以上のことから緑茶は
保存するには向かない飲料になるようです。

②それでも飲みたい場合はどうする

どうしてもという場合は
「水出し」の緑茶を使ってみてはいかがでしょう。

「水出し」の緑茶はタンニンやたんぱく質が
溶け出しにくいということですので、
一日冷蔵庫に保存してても味は落ちないようです。

「水出し」はタンニンが抽出されにくい分
コクは減りますが、きれいな水色を保ちやすく、
さっぱりした味のお茶になるようです。


③水出しの緑茶の作り方

麦茶ポット等に緑茶茶葉と水を入れ、
箸等でかき混ぜたあと、
冷蔵庫で3~6時間横にしておくと
よくお茶が抽出できるようです。


また、茶葉を市販の「お茶パック」にいれておくと
楽と思われがちですが
お茶が抽出されにくくなるようです。
夜作って、翌朝からその日の夜までに
飲んでしまうのが良いようです。

■ まとめ

緑茶は風邪の防止等にもなるといわれていますが、
おそらく、ぬるめのお茶を使って
うがいすると効くということだと思いますので、
作り置きしていたお茶を用いるのは
やめたほうが良いでしょう。


ということで、緑茶の作り置きについてでした。
緑茶の作り置きはよろしくない、ということなんですね。

1.緑茶の茶葉に含まれるたんぱく質が
酸化して化学変化を起こす。
2.その結果雑菌が繁殖しやすくなり、
それを飲むとおなかを壊す事がある。

淹れてから時間が経過すると、
タンニンが酸化し、味も落ちるとのことです。

ということで緑茶は、保存に向かないということですね。
まあ、お茶を淹れておいて飲み忘れて、
冷めてしまって飲むことがありますが、
味は落ちているということですね。

私の場合、休日などに淹れておいたお茶を
飲み忘れてしまうことがあり、
冷たいまま飲むことがありますが、
これは止めたほうが良いのかなと思いました。

一方で水出しのお茶は保存しても良いようなので、
作り置きをしたい場合は、これを検討してみましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

健康や美容に効果のあるお茶 no4

健康や美容に効果のあるお茶
ということで見ています。

色々な種類のお茶を見てきましたが、
いかがですか。
気に入ったお茶はありましたでしょうか。

気になるお茶は是非試して頂きたいと思います。
今回のお茶は何でしょうか。
以下見ていきましょう。


■ 健康や美容に効果のあるお茶

④はとむぎ茶

はと麦は「穀物の王様」と呼ばれているほど
栄養価が高く、タンパク質、アミノ酸のバランスもよく
新陳代謝を増進させてくれます。

更にビタミンB1・B2、カルシウム、
鉄、食物繊維も多く含みます。※ただし妊婦さんはNG

【効果】
ノンカフェイン
栄養価が高い

シミ・ソバカス・肌荒れなどの改善、
美肌効果・アトピー改善作用

【味】
麦茶に似ていますが、
さらに香ばしく飲みやすいです。

⑤なつめ茶

乾燥させたなつめを煮込んで作ったお茶です。

【効果】
骨を強くしてくれる
老廃物を排出してくれる
ホルモンバランスを整えてくれる
精神安定・貧血・冷え性に効果がある。


【味】
ほんのり甘い

■ まとめ

たまにはコーヒー以外の飲み物で休憩するのも新鮮ですね。
お茶は毎日の生活に取り入れやすく、
薬に頼るよりずっと良いでしょう。

自分にぴったりなお茶を見つけて
健康・美容に役立ててみて下さい。


ということで、健康や美容に効果のあるお茶でした。
今回は以下でした。
・はと麦茶
・なつめ茶

はと麦茶は栄養価が高いとのことです。
鉄や食物繊維が豊富であったりするようですが、
妊婦さんはご注意とのことでした。

美容効果もあり女性には嬉しいお茶ですね。

なつめ茶は、骨の強化、老廃物の排出など、
健康面に良いという印象です。

なつめ自体にあま馴染がないのですが、
ほんのり甘い、という味なので、
私でもいけそうかな、という印象です。

以上5種類のお茶を見てきました。
いかがでしょうか。
健康、美容とそれぞれに効果のあるお茶が
これほどあるとはと、驚きました。

お茶の世界は深いですね。
気に入ったものがあれば、是非飲んでみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

健康や美容に効果のあるお茶 no3

前々回から、健康や美容に効果のあるお茶
ということで見ています。

お茶の種類は本当に色々あるものです。
前回の五味子茶ですが、
いまだにオミジャ茶と振り仮名無しには読めません。

どれくらいの種類があるのだろうと思います。
今回のお茶は何でしょうか。
以下見ていきましょう。


■ 健康や美容に効果のあるお茶

③とうもろこし茶

とうもろこし茶(オクスス茶)には
乾燥させた実を炒ったものと、
ひげの部分を使ったひげ茶の2種類があります。

・とうもろこし茶

【効果】
鉄分補給、食物繊維豊富で便秘解消に良いとされます。
高血圧・腎臓の症状に良いともされます。
ノンカフェインのお茶です。

・とうもろこしのひげ茶

【効果】
カリウムを多く含む。
・利尿作用
・むくみ解消
・カロリーがない
・血糖値を安定させる効果
・腎臓病に良いとされる。

【味】
とうもろこしの風味が香ばしくて美味しいです。
とうもろこし茶はコーンの炒り方で
味が変わってきます。
とうもろこしのひげ茶の方が
若干薄味と感じる方が多いようですが
これは商品や淹れ方によるものと考えられます。



ということで、健康や美容に効果のあるお茶でした。
今回はとうもろこし茶でした。

とうもろこし茶、これも初耳です。
しかも、実とひげを使用したものと2種類あるとのことです。

とうもろこし茶も、とうもろこしのひげ茶も
それぞれ効能があり、効果ありそうです。

とうもろこし茶は、ノンカフェインということですので、
これは魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

とうもろこしのひげ茶は、カロリーが無い
ということですので、こちらもダイエットなどには
良いかもですね。

もちろん食物繊維が豊富であったり、
血糖値が安定する、といった健康効果もあるので
そういう面でも魅力はあるかと思います。

私はあまりとうもろこしを食べないので、
お茶でとうもろこしを摂るというのもいいかなと思いました。

2種類のお茶が楽しめるのも良いですね。
いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。



posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

健康や美容に効果のあるお茶 no2

お茶について見ています。
前回からは、健康や美容に効果のあるお茶
ということで見ています。

数多くの種類のあるお茶ですので、
その効果、効能も様々です。
特徴を知って、自分の体調に合うものを
飲むようにしたなら、効果も大きいのではと思います。

今回も引き続き見ていきましょう。


■ 健康や美容に効果のあるお茶

②五味子茶

韓国伝統茶です。
オミジャ茶と読みます。
モクレン科の植物の実のお茶です。
・苦味
・甘味
・酸味
・塩味
・辛味
の5つの味を含む為、五味子茶と言います。

身体の体調によって、この味わいの感じ方が違い、
甘酸っぱく感じれば健康なのだそうです。

・苦味:心臓の機能が低下している。貧血気味。
・甘味:脾臓の機能が低下して老廃物が溜まっている。
・酸味:ストレスが溜まっている。
・塩味:下半身が冷えている。
・辛味:気管支が弱っており、身体のエネルギーが不足している。

【効果】
・ビタミンCが多く含まれているため、
シミやそばかすなどの美肌効果がある。

・眼精疲労や血流改善が見込まれる。
・咳や喘息を和らげる。
・疲労回復


【味】
少し甘酸っぱく後味がすっきりで飲みやすいです。
ホットでもアイスでも美味しく頂けます。



ということで、健康や美容に効果のあるお茶でした。
五味子茶、オミジャ茶というものです。

韓国のお茶ということでした。
以下5つの味があるとのことですね。
・苦味
・甘味
・酸味
・塩味
・辛味

あらゆる味が混ざっているようで、
これらが総合された味とはどのような味なのだろうか、
と想像もつかないですが、
味の感じかたで体調が分かるということです。

甘酸っぱい味であれば良いようですね。
この5つの味から甘酸っぱさがでてくるのでしょうか。
興味ありますね。

・眼精疲労や血流改善
・咳や喘息の緩和
・疲労回復
といった効果があるとのことです。
最近疲れ気味ですので、
私的には是非飲んでみたいと思いました。

自分の体調のどこが悪いのか、
診断するうえで、飲んでみても良いかもですね。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

健康や美容に効果のあるお茶 no1

お茶について見ています。
前回までは、緑茶とお風呂の関係について
見てみました。

入浴前に緑茶を飲むと
カテキンの吸収が良くなる可能性がある
ということでしたね。

このようにお茶の健康効果というのは、
なかなか優れものと思います。
そこで、お茶の健康や、美容に対して
どのような効果があるか見ていくことにします。


■ お茶の優れた効能

お茶にも色々な種類があります。
楽しみで飲むお茶、健康維持などに飲むお茶、
それぞれあるかと思います。
そのなかでも今回は、
・健康維持
・疲労回復
・美容
など様々な効果が得られるお茶を
見ていきます。


■ 健康や美容に効果のあるお茶

①べにふうき茶

べにふうき茶は花粉症の症状を
抑えてくれるお茶として有名です。
メチル化カテキンという成分が
アレルギーを抑制してくれます。


【効果】
アレルギー抑制効果、特に鼻の症状に効きます。

【味】
少し苦味がありますが
強いクセもなく緑茶に似ていて比較的飲みやすいです。

ペパーミントや甜茶などの他のお茶と
ブレンドされているものだと飲みやすいので
お勧めです。



ということで、健康や美容に効果のあるお茶、
ということで今回はべにふうき茶を見てみました。

名前は聞いたことはありますが、
実際のところ飲んだことはありません。
但し花粉症の症状を抑えてくれる、
ということですから、今の季節には
まさに持ってこいのお茶ではと思います。

私も毎年のようにこの季節は、
花粉症の症状に悩まされる一人ですので、
とても興味ありますね。

一度試してみたいお茶です。
いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする