2017年05月10日

ストレスフリーで歯ぎしりを解消 no3

ストレスを解消して歯ぎしりを
解消しましょう、ということで見ています。

前回は以下の2つが挙げられました。
・物事を深く考えすぎない
・よく笑う

今回も引き続き見ていきましょう。


■ ストレスを解消する方法

③夢中になれるものを見つける

嫌なことを忘れて好きなことに夢中になる、
というのもストレスを解消して
歯ぎしり改善することに役立つことでしょう。


ですので何か夢中になれる
趣味を見つけましょう。
音楽や本、ファッション、スポーツなど
ストレスなく行なうことのできる
自分なりの趣味を見つけることが大切です。

人は何かに夢中になっていると、
その日あった嫌なことを考えることは
無くなります。


ストレス解消にはそれが一番大切です。
是非夢中になれるものを見つけて
ストレスを解消し、ストレスに伴う
歯ぎしりを解消してください。

④感情の平衡を保つ

これは前回の物事を考えすぎない、
という点と重複するところがあるかもしれません。
感情の平衡を保つことは、
ストレスをためないために重要です。


感情というのは人間特有のものです。
また、人間が扱うのに困るものでもあります。


喜びすぎたり悲しみすぎたり、
怖がりすぎたり、驚きすぎたりするなら
感情のバランスを保つことができず、
ストレスを抱え込み、
歯ぎしりの原因となる場合があるでしょう。
ストレス性の歯ぎしりを避ける上で、
この点も大切です。

■ まとめ:ストレスを溜めこまないようにして歯ぎしりを解消しましょう

以上歯ぎしりの原因をストレス一つに絞り、
どのように解消できるのかという点を
見てきました。

もちろん他にも歯ぎしりを解消する方法はあります。
ストレスだけが歯ぎしりの原因では
ないかもしれませんが、
ストレスを解消するということも
歯ぎしり解消に大きな役割を果たします。


歯ぎしりに悩んでおられるのであれば、
是非参考にしてみてください。


ということで歯ぎしりを治すための
ストレス解消方法についてでした。

・夢中になれるものを見つける
・感情の平衡を保つ
でしたが、いかがでしょうか。

夢中になれるもの、これは大事だと思います。
何かと1つものだけに気持ちが向かってしまうのは、
良くないと思います。

ですので、それから離れることができる
別のものを確保することは逃げ道ではないですが、
良いことではないでしょうか。

それから感情を穏やかに保てるようするのも、
難しいことではありますが、
覚えておきましょう。

以上ストレスを解消して歯ぎしりを解消しましょう、
ということで見てきました。
いかがでしたでしょうか。

ストレスだけが歯ぎしりの原因ではありませんが、
それでも歯ぎしりの大きな要因を占めているようです。
歯ぎしりの症状のある方は、
参考にして試してみてはいかがでしょうか。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする