歯ぎしり治療に合うマウスピース no3: 生活全般の気になる情報

2017年05月13日

歯ぎしり治療に合うマウスピース no3

歯ぎしりについて見ています。
前々回より歯ぎしりの対策として
マウスピースを使用する、ということで見ています。

歯ぎしりの予防対策として、マウスピースを使用する
ことが良い理由は、寝ている間に歯が噛み合わさるという状態を、
防いでくれるから、というものでした。

今回も引き続き見ていきましょう。


■ 歯ぎしり改善のために個人としてできること

歯ぎしり改善のために個人として
できることは、まずマウスピースを作成するということです。

市販されているマウスピースを使うことも可能ですが、
あくまで簡易的な治療にしかならないと思います。

本格的に歯ぎしりの治療をするのであれば、
病院でご自分の歯に合った
マウスピースを作ってもらいましょう。


また普段の自分の癖などを改善する必要があるでしょう。
すぐに歯をかみしめる癖を
やめるように努力することができます。

また頬杖は歯ぎしりの原因となると言われていますので、
このような癖もやめるよう努力しましょう。


また、「寝る時はリッラクスするんだ」
と自分に言い聞かせて寝るようにすると、
寝ている間の歯ぎしりを軽減できると言われています。

マウスピースを治療に使いながら、
このようなことも意識して行ってみましょう。

■ まとめ:歯ぎしりを治すためにはマウスピースと意識改善が必要です

以上歯ぎしりを治すために
マウスピースが効果的であるということ、
また、マウスピースを使うことと並行して、
歯のかみ合わせに対する意識や
歯ぎしりの原因となる癖を改善する必要がある、
ということを見てきました。

歯ぎしりはストレスが原因で起こることもあります。
マウスピースを上手に活用しながら
ストレスをためないように
意識改善をして、効果的に治していきましょう。


ということで歯ぎしり対策にマウスピースを使用する
というものでした。

歯ぎしり防止の対策としては、
マウスピースを使用することに加え、
自分の意識をうまく組み合わせましょう、
というものでした。

・すぐに歯をかみしめる癖を止める
・頬杖をつくのを止める
・就寝の際リラックスすると言い聞かせる
といったことですね。

マウスピースとこれらを併用して
是非歯ぎしりの発生を予防してみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください