2017年07月24日

長く付き合える墓地選びのポイント no1

お墓について色々と見ています。
お墓の購入や、墓石の選び方について
前回まで見てきました。

ではこの墓石はどこに建てるか、
つまりお墓の建立場所をどうするか
これも悩ましいところです。

そこでどのように墓地を選べば良いか、
見ていくことにしましょう。


■ 墓地を選ぶポイント

墓地選びで最も大切なことは
「お参りしたい」と思える環境であることでしょう。


よく、住宅と墓地の購入は似ている
と言われています。
住宅の場合は物件を探して不動産業者と契約を交わし、
毎年管理費を納めます。

お墓の場合も墓地を探して石材店と契約を交わし、
毎年管理費を納めます。

しかし、住宅と大きく異なる点は、
墓地は自分を含めて代々受け継がれるということです。

住宅の場合も受け継がれることがありますが。

そのため家族や親戚との話し合いが必要不可欠で、
時にはなかなか先へ進まないこともあります。

その場合は強引に計画を進めずに、
何を優先するかじっくり話し合うことです。
墓地は作って納骨することだけが目的ではなく、
・皆がお参りしたい
・ご先祖様に手を合わせたい
と思って気軽にお墓参りができる環境を
整えることが大切なのです。


そのためのポイントを整理して
候補を絞っていきましょう。

■ 墓地選びのポイント

1. 立地条件

お墓は購入したら終わりではありません。
お参りすることが大切ですから、
交通の便を考慮することはとても重要になります。

距離だけでなく、
・電車やバスを使用した場合
・車で行った場合
それぞれどうするかなど、
様々なケースを想定しておきましょう。


また、
・静かな場所
・賑やかな場所
・海が見える場所
・自然に囲まれた場所
等、周辺環境を考えることも必要です。


ということで墓地を選ぶポイントについてでした。
最初にも記載がありましたが、
墓地の購入は、住宅の購入と類似していますね。

価格もそうですし、一生のうち何度も
購入するようなものではないと思います。
必ずしも全員が購入するものでもありませんので、
人によって、捉え方も異なるでしょう。

自分で購入したものが代々引き継がれる、
ということも考えるとどこに建立するかは
結構難しい問題ですね。

あまり遠くに建立してしまい、お参りにいくのが
大変である、というようなことも耳にします。

立地条件が最初に挙げられているのも
頷けるでしょう。

・交通の便を考慮すること
これは切実な問題とさえ聞きます。
私の身近にも、冬など雪が降るとお参りにいけない、
と言っている方もいます。
その点は慎重に選ぶようにしましょう。

次回以降もこの話は続きます。
ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

墓石の色や種類の選び方 no5

お墓の購入にあたり、墓石の色、
種類の選び方について見ています。

前々回から、国産の石を選択するか、
はたまた外国産の石を選択するか、
という観点で見ています。

最近では外国産が多く流通しているようですが、
実態はどうなのでしょうか。
そして材料としての石は国産、外国産の
どちらを選んだするのが良いのでしょうか。

今回もこの調整を引き続き見ていきましょう。


■ 外国産それとも国産

現在では墓石使用される石材の80%以上が
輸入に頼っています。


・韓国
・インド
・北欧
・南アフリカなど
世界中から輸入されていますが、
中でも最も多いのが中国産です。

人件費が安いため
加工まで中国で行われています。

外国産は駄目、国産のほうが上質と思いがちですが、
必ずしも外国産が悪いというわけではありません。

国内の石材は、産出量が減って希少価値があるうえに、
加工費や人件費などが加わって
高値になっているケースももあるからです。


外国産は加工法等が懸念された時期もありましたが、
現在では加工法・品質面でも格段に向上し、
製品の納期も短縮できるように
システムが整っていますので、
今後はますますシェアを伸ばしていくでしょう。


最近問題となっているのは、
中国産の石を国産と偽って販売する産地偽装です。

そこで日本石材産業協会では、
「石材産地証明書」を発行し、
消費者への安心感を提供し、
墓石業界全体のモラル向上に努めています。


また全優石では、お墓の「品質保証書」を発行しています。
製品や施工上の理由で欠陥が生じた場合には
無償で修理をする制度をネットワーク化しています。


ということで墓石の色、種類の選び方についてでした。
墓石にどのよ石を選ぶか、といことを考えるにあたり、
国産、外国産のどちらを選択するか、
これも重要になってきます。

墓石に使用される石材の80%以上は外国産、
というのも結構な驚きかと思います。

・人件費が安い
・加工法や品質面での向上
こういった要因が大きいとのことですね。
品質面で問題んが無いのであれば、
外国産が選択される機会も大きいでしょう。

購入の際に、品質面、技術面で十分に吟味し、
問題無いと判断すれば外国産の墓石の選択の
余地は大きくなります。

・硬度が高いこと
・吸水率が低いこと
・キメが細かいこと
そのような意味でも上記にあげました3点
は重要となります。
是非良く理解して頂き、
墓石購入の際に参考にしてみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

墓石の色や種類の選び方 no4

お墓の購入にあたり、墓石の色、
種類の選び方について見ています。

具体的にどのような石を選ぶか、
前回は国産の石について見てみました。

今回も引き続き見ていきましょう。

■ 墓石によく使用される石の種類

■ 外国産

名称は業者によって異なります。
中国産は産出する省ごとにアルファベットが
割り当てられ数字で石種が表示されます。

・新八光(G623)・中国

「 墓石一式○○円~」など価格表に表示される石として
よく使用されており、安いイメージが定着しています。


白系ベースに黒、グレー、薄いピンク模様が
ブレンドされています。

・新小目(G614)・中国

新八光より目は細かい石です。
茨城県の稲田みかげの小目に
似ていることから人気の石材です。

・桜みかげ(G623)・中国

ピンク系の石です。
墓石全体のイメージが柔らかくなるので
女性に人気があります。

・深海(G906)・中国

その名のとおり濃緑の墓石です。
落ちつた風合いが日本人の趣向に合い、
中国産の石の中では比較的人気があります。


・ファイングレイン・スウェーデン

スウェーデン黒とも言われる高級石材です。
黒系の石材は世界各地から産出されますが
その中でも上質と言われています。

・ベルファースト・南アフリカ

南アフリカの高級墓石です。
吸水率が低く、非常に硬い石材です。

・ニューインペリアルレッド・インド

吸水率が低く良質の石と言われています。
赤い墓石は人気急上昇中の石です。
メインの石を赤にする人もいれば、
アクセントで使用する人もいます。


ということで墓石の色、種類の選び方についてでした。
前回の国産の石に対して、
今回は外国産の石となっています。

過去に何回か見てきましたが、
最近では外国産の石を使用するお墓も
多くなっているとのことです。

今回挙げられていますのは、
中国、スウェーデン、南アフリカ、インド
といった国ですが、世界各地という印象です。

特定の地域ということではないようですが、
なかでも、中国やインドは結構な量があるようです。
同じアジア地域ということもあるのでしょうか。

前々回見ました墓石を選ぶポイントの3点
・硬度が高いこと
・吸水率が低いこと
・キメが細かいこと
が満たされていれば、国産、外国産問わない、
という考え方もありかと思います。

そのあたりは、品質、価格をどう考えるか、
ということになるのでしょう。

国産、外国産については次回も見ていきます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。















posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

墓石の色や種類の選び方 no3

お墓の購入にあたり、墓石の色、
種類の選び方について見ています。

前回は墓石を選ぶポイントということで
見てみました。

通常お墓は外に建立されますので、
様々な天候に晒されることになります。
そういうなかで、何十年もの間劣化もなく
建っている必要があるわけです。

石の耐久度という観点での選び方が
重要になってきますね。

では今回はどのような石が
墓石として使用されるか見ていきましょう。


■ 墓石によく使用される石の種類

数ある石種の中から一部ですが、
以下見ていきましょう。

■ 国内産

・庵治石(あじいし)・香川県

墓石の王様、最高級ブランドといわれるのが
四国の庵治石です。


石には独特の模様があり美しい風合いを
醸し出しています。

・小松石(こまついし)・神奈川県

真鶴半島の山の一帯から採取される小松石は、
鎌倉時代から使用されている歴史のある石で
江戸城にも使用されています。


採石量が少ないため、高級墓石用として
希少価値が高い石材です。


ということで墓石の色、種類の選び方についてでした。
今回から具体的な石について見ています。

今回は国内産の石ということです。
一般的なイメージですが、こういった石についても
国内産が何となく高級感を感じてしまいます。

確かに海外産は安いようですので、
そういった意味でも国産の石はブランド感がありそうです。

・庵治石
・小松石
こちらの石はともにそういった観点から希少価値の高い、
高級感溢れる石、という様子がうかがえますね。

国産にこだわるのであれば、このような石を
選らんでみてはいかがでしょうか。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

墓石の色や種類の選び方 no2

お墓の購入にあたり、墓石の色、
種類の選び方について見ています。

前回は墓石に使用される石は
以下が多いということを見ました。
・花崗岩
・安山岩

ではこれらの石から具体的に
どのような点を注意していくか見ていきましょう。


■ 墓石を選ぶポイント

②吸水率が低いこと

石は水を吸い込みます。
吸水率が高いと水分が残ってコケが付着したり、
ヒビが入りやすくなります。

また中に溶け込んでいた鉄分が酸化してサビも発生します。

③キメが細かいこと

石の模様をよく見てください。
黒や白、グレー等の斑点を見つけることができます。

石は小さい粒の集合体です。
一つ一つの粒が小さくてキメが細かい場合は
ぎゅっと詰まっている証拠です。
水がしみ込みにくく、磨くと光沢が出やすい石です。


お墓の石の色といえば、ひと昔前までは
グレーをイメージする人が多かったと思いますが、
最近はピンクや赤などを使用した墓石も人気です。

石材店で用意している石のサンプルで
比較することもできますが、
全体のイメージを掴むためには
実際に建てられているお墓を見るのがベターです。



ということで墓石の色、種類の選び方についてでした。
前回の記載と含めて、ポイントは以下3点でした。

・硬度が高いこと
・吸水率が低いこと
・キメが細かいこと

石が硬いことが良いとされるのは、
耐久性が良い、とのことです。
お墓は外に建立されますから、
様々な天候に晒されるわけです。

風雨、雪等に遭っても
ずっと建っているわけです。
ですので強い石が良いということです。

吸水率が低いこと、
これも先ほどの石が硬い、ということと
共通する点があるかと思います。

雨に晒されている石ですから、
水分を多く吸ってしまうことは
・苔の付着
・ひびが入る
といったことになりやすく
石には良くないことなのですね。

確かに墓石は外にあるわけですから、
これらはどうにも避けられないですね。

そして最後がキメが細かいこと、です。
石の粒が細かく、詰まった状態であれば
それだけ水も浸み込みづらくなる、
ということです。

これは耐久性の良さにもつながりますね。

以上の3点ですが、墓石の耐久性
という観点から非常に重要と言えます。
良く認識しておきましょう。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 口コミ | 更新情報をチェックする