飲食: 生活全般の気になる情報

2017年11月24日

コーヒーのダイエット効果と効果的な摂取方法 no6

ダイエットについて見ています。
今回はコーヒーによるダイエットとその効果について
見ています。

前回の内容はコーヒーはレギュラーコーヒーのほうが、
インスタントコーヒーよりダイエット効果が高いということでした。
手軽に飲めるインスタントコーヒーではありますが、
レギュラーコーヒーを味わってみるのも良いかもですね。

さて今回も引き続き見ていきましょう。


■ ブラックか微糖で飲むのがよい

ダイエットに効果のあるコーヒーの飲み方としては、
ブラックで飲むのが成分をそのまま摂取できますので、
最もダイエットに効果的です。


但しコーヒーをブラックで飲むのは苦味が苦手という人は、
少量のミルクやヘルシーな豆乳、微糖などで
飲むのが良いとされています。

コーヒーは食後に飲めば消化促進作用もあり、
脳の活動をすっきりと活発化させ、
思考力を高め疲労感を軽減する効果があります。

満足度もあがりますし、ゆっくり飲めば
血糖値の急激な上昇を緩やかにしてくれますので、
ダイエット効果があります。


シナモンや胡桃、バニラ等、フレーバーコーヒーが
豊富にありますので、種類を楽しむのも良い方法です。
満足感が食べすぎを防止してくれます。

■ コーヒーダイエットの注意点

コーヒーは趣味、嗜好品として人々に愛されています。
何より手軽で、様々な味も香りも楽しめる飲み物ですが、
利尿作用が強いので、飲むと水分が不足してしまいます。


コーヒーを飲むとトイレが近くなるのは
皆さん実感されていると思います。

コーヒーはデトックスに良い反面、
カフェインを摂り過ぎることで
身体が脱水状態になり、
身体が水分をためこもうと働きますので、
むくみにもつながります。

ですのでコーヒーだけを飲むのではなく、
水分も同時に十分に摂るようにしましょう。
また、カフェインを摂ると
鉄分の吸収が悪くなりますので、
妊婦さんや貧血気味の方は、取り過ぎには注意しましょう。


コーヒーは500mg以上摂りますと、
副作用が心配されますので、
コーヒーは1日5杯程度まで、と決めておきましょう。

適切な量でダイエット効果がある、
ということを認識しておきましょう。


ということでコーヒーのダイエット効果についてでした。
今回はコーヒーと砂糖の関係についてでした。

ある意味当然かもしれませんが、ダイエット効果という点からは、
コーヒーはブラック、もしくは微糖が良いとのことです。
甘いコーヒーは確かにダイエットの効果としてはどうかな
と思いますね。
ブラックが苦手という方は、ミルクや豆乳は良いようです。

尚コーヒーは利尿作用が働き、トイレが近くなります。
このため脱水症状になり、身体が水分を溜めこもむため、
むくみやすくなるそうです。
ですので、水分の補給も行うことを忘れないようにしましょう。

コーヒーダイエットについて見てきましたが、
いかがでしたでしょうか。

毎日コーヒーを飲むということと、
その習慣を意識することで、
身体にダイエット効果が実感でき、
継続できるのではと思います。

是非リラックスしながらコーヒーの
味と香りをじっくり楽しんで
コーヒーのダイエットを続けてみて下さい。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

コーヒーのダイエット効果と効果的な摂取方法 no5

ダイエットについて見ています。
今回はコーヒーによるダイエットとその効果について
見ています。

前回はコーヒーをどのようなタイミングで摂るか、
またどのくらいの量を飲むのが良いか見てみました。

・朝
・運動の前後
・食事の前後
といったタイミングがダイエット効果が高いとのことです。
また一日の適量は4~5杯ということです。
こういった時間や量を意識して飲むようにしましょう。

さて今回はどのようなものでしょうか。
以下見ていきましょう。


■ インスタントよりもドリップ式の方がより効果的

レギュラーコーヒーは、
コーヒー豆を焙煎して粉砕したドリップ式です。

インスタントコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して
粉砕したものから液体を抽出して乾燥させたものです。

カフェインやクロロゲン酸の含有量という観点からは、
ドリップ式のほうがより高くなりますし、
よりダイエット効果をあげる成分を含んでいることになります。


手間は少しかかりますが、香りが高く、
味わい深いコーヒーを楽しむことで、
満足感やリラックス効果も得られます。

コーヒーの香りを嗅ぎますと、
脳にα波が生まれ心身を癒してくれるので
ダイエットにも、生活習慣としても良いとされています。


先述しましたが、クロロゲン酸は
強い熱に弱い成分ですので、
深煎りよりも浅煎りのものを選んでください。

時間の無い方はインスタントコーヒーでも
もちろんダイエット効果はあります。

またクロロゲン酸は食欲抑制効果もありますので、
食べ過ぎを防いでくれます。

尚、コーヒーはアイスよりもホットで飲むのが
良いというのも事実です。
ホットコーヒーの方が身体を温めてくれるのはもちろん、
香りと味わいの相乗効果で、
よりダイエット効果を働きかけてくれます。


もちろんアイスコーヒーでも効果はありますが、
缶コーヒーなどは糖分が多く、
カロリーの高いものが多いので、
気をつけて選ぶようにして下さい。


ということでコーヒーのダイエット効果についてでした。
今回はダイエット効果のあるコーヒーの淹れ方でした。

最初にもありましたが、コーヒーには主に2種類の
淹れ方があるとのことです。
それが以下の2つでした。
・レギュラーコーヒー
・インスタントコーヒー

コーヒーのダイエット効果として
カフェインやクロロゲン酸という成分を見ましたが、
これらを効果的に摂れる淹れ方は、
「レギュラーコーヒー」になるとのことです。

自らコーヒー豆を選び、それを挽いてから
淹れる、という方式ですね。
コーヒー好きには憧れの淹れ方かと思います。

手軽に飲むのであれば、インスタントコーヒーとなりますが、
じっくり味わうとなるとレギュラーコーヒーになりますね。
手間はかかりますが、レギュラーコーヒーを味わうのも
良いのではないでしょうか。

またダイエット効果がという点からは、
アイスコーヒーよりホットコーヒーのほうが効果が
高いようですので、これも覚えておきましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

コーヒーのダイエット効果と効果的な摂取方法 no4

ダイエットについて見ています。
今回はコーヒーによるダイエットとその効果について
見ています。

前回はコーヒーに含まれるクロロゲン酸
という成分がダイエットに効果があることを見ました。

クロロゲン酸は、脂肪燃焼効果が高いとのことでした。
前々回のカフェイン、カテコールアミンと同様の
働きですので、それだけコーヒーには
ダイエット効果があるのだと言えるのではないでしょうか。

さて今回はどのようなものでしょうか。
以下見ていきましょう。


■ 代謝アップに効果!午前中と運動の前後、食後が効果的

コーヒーに含まれるカフェインは、
リパーゼという脂肪分解酵素を活発にする働きがあります。
このリパーゼが活動することで、
中性脂肪が脂肪酸へと分解され、
脂肪の燃焼を促します。


更に、ポリフェノールの一種のクロロゲン酸は、
脂肪を効率よく燃焼しエネルギーに変換します。
・「食事で摂取した脂肪」
・「元々身体に溜まっていた脂肪」
の両方に効果を発揮してくれます。

コーヒーを1回飲むと、効果が持続するのは数時間、
と言われていますので、1日のコーヒーの適量は
4~5杯を目安にしましょう。


まとめて摂るのではなく、何回かに分けて飲みましょう。
一般的に人は、もともと午前中が代謝が活発ですので、
身体を動かすと更に代謝アップを助けてくれ、
ダイエット効果が期待できます。

コーヒーは、
・朝
・運動の前後
・食事の前後
に飲むのが良いとされています。


コーヒーを飲んだ後に、汗をかく量が増える、
と実感している声もあります。

またコーヒーに含まれるクロロゲン酸は
ダイエット後のリバウンドも防止してくれます。
活動的なときに、また軽い運動をされる前後に
積極的にコーヒーを摂りましょう。



ということでコーヒーのダイエット効果についてでした。
今回はダイエット効果のあるコーヒーの摂り方でした。

前回、前々回とコーヒーのダイエット効果について
確認し、良く理解できたかと思います。
では具体的にどのように摂っていけば良いかですね。

コーヒーの効果は、1回飲む毎に数時間とのことです。
あまり夜遅い時間のコーヒーは良くないといことを踏まえ、
1日に4~5杯が適量とのことです。

また以下のようなタイミングがコーヒーを摂るのに
適しているとのことです。
・朝
・運動の前後
・食事の前後

お茶の時にもありましたが、午前中は
こういった飲料を摂るのに適しているようです。

午前1~2杯、午後1~2杯というところでしょうか。
私も最近会社で午前1杯、午後1~2杯
のコーヒーを摂っています。

頭もクリアになる気がしてなかなか快適です。
コーヒーを飲むタイミング、是非参考にしてみて下さい。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

コーヒーのダイエット効果と効果的な摂取方法 no3

ダイエットについて見ています。
今回はコーヒーによるダイエットとその効果について
見ています。

前回はコーヒーに含まれる以下の成分が
ダイエットに効果があることを見ました。
・カフェイン
・カテコールアミン

コレステロールを減らす
体内の脂肪をエネルギーとして消費しようとする
といった働きがあるとのことで、
ダイエットには重要な役割をしてくれるものです。

これだけでもなかなかの効果ですが、
今回はどのようなものでしょうか。
以下見ていきましょう。


■「クロロゲン酸」が脂肪を撃退

コーヒーダイエットの最大の効果は脂肪燃焼にあります。
カフェインと同様に、コーヒー豆に含まれる
ポリフェノールの1種である「クロロゲン酸」が
脂肪を分解する作用があります。


また、「クロロゲン酸」は自律神経の働きを高めますので、
肥満を予防できる効果もあります。

コーヒーの
・茶色
・香り
・味
これがクロロゲン酸の成分です。


またクロロゲン酸は抗酸化作用があり、
肝臓の脂肪燃焼の働きが促進されるとされています。


更にはクロロゲン酸には、
活性酸素を抑制してくれますので、
アンチエイジングの効果もあります。
身体の錆、老化を防いでくれますので、
健康と美肌にも強い味方です。

このクロロゲン酸は熱湯の熱に弱いので、
沸騰したお湯ではなく、80度程度の
熱過ぎないお湯でコーヒーを飲むのが良い、
とされています。


お湯を温め、熱過ぎないお湯でコーヒーを淹れますと、
ダイエット成分を効果的に摂れます。
また香りや色合いも良く、
更にはリラックスして味わいを楽しめます。


ということでコーヒーのダイエット効果についてでした。
今回はクロロゲン酸という成分でした。

前回のカテコールアミンという成分の初耳でしたが、
今回のクロロゲン酸も初耳となります。

クロロゲン酸もカフェインと同様に
ポリフェノールであるとのことです。
そしてこのクロロゲン酸も脂肪分解作用ある
ということですね。

また抗酸化作用により、肝臓の脂肪燃焼作用が
促進されるということですので、
内臓脂肪予防や、メタボといった面でも
効果が期待できそうです。

コーヒーというとどうしても
かファインというイメージがありますが、
それだけではなく、クロロゲン酸という成分が
ダイエットを初め、アンチエイジング効果までも
持っているということです。

コーヒーが老化防止や、美肌効果まである
というのは結構以外な印象を持ちましたが、
だからこそ、ダイエット飲料として
是非試してみたくなりますね。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

コーヒーのダイエット効果と効果的な摂取方法 no2

ダイエットについて見ています。
前回からコーヒーによるダイエットとその効果について
見ています。

お茶に続いての飲料ダイエットとなります。
コーヒーにはどのようなダイエット効果があるのか、
その効果を得るにはどのようにコーヒーを飲めば良いか、
今回から具体的に見ていきます。


■ ダイエット効果抜群のコーヒーの脂肪燃焼効果

コーヒーにはカフェインが含まれていることは
皆さんご存知だと思います。

カフェインには以下の効果があります。
・血行を良くする
・消化酵素の働きを活発にする
・代謝を高める


また、その他にも
・善玉菌を増やす
・コレステロールを下げる働き
といった効果も確認されています。


またコーヒーのカフェインは中枢神経を刺激し、
カテコールアミンという物質を分泌します。
このカテコールアミンには、
体内に蓄積した脂肪をエネルギーとして
消費しようとする働きがあります。


カフェインとカテコールアミンの成分が
ダブルの効果でダイエットを促進し、
痩せるといわれています。

ただ、コーヒーを夜飲みすぎると睡眠に
影響がありますので避けるようにしましょう。

カフェインには興奮作用がありますので、
摂り過ぎると睡眠に影響が出ます。
コーヒーは飲むにあたっては
適切なタイミングと、量がポイントとなります。

これについては次回以降見ていきます。


ということでコーヒーのダイエット効果についてでした。
今回はコーヒーには脂肪燃焼効果があるというものでした。

この効果のもととなるのが、
カフェインとカテコールアミンという成分ですね。

カフェインはお馴染みの言葉と思いますが、
カテコールアミンは初耳ですね。
こういう物質があるのですね。

カフェインについては、以前にもみたことがありましたが、
・善玉菌を増やす
・コレステロールを下げる働き
といった効果はその際は取り上げられていなかったかもしれません。

どちらもダイエットには重要な役割を果たしますね。
更にもう一方のカテコールアミンも
体内の脂肪をエネルギーとして消費しようとする
という働きがあるということです。

この2つの効果を見ても、コーヒーという飲料が
ダイエットの効果を持っているというのはわかりますね。

コーヒーにこんな働きがあるとは全く知りませんでした。
摂り過ぎは良くないですが、
この効果をダイエットに利用してみたいですね。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする