2017年09月20日

お腹のお肉を重点的に落とすダイエット方法 no3

ダイエットについて見ています。
お腹のお肉を落とすダイエット方法
について見ています。

前回は呼吸の方法を見てみました。
深い呼吸、いわゆる深呼吸を
お腹の筋肉を意識して行うというものです。

ポイントは息を吐くときでした。
吸った息を吐き切るということが大事です。
また、その際お腹もできる限りへこませます。

時間をかけて息を吐き切る、お腹をへこませる、
これを繰り返すことで、お腹を意識していきましょう。
今回も引き続き見ていきましょう。


■ 腹式呼吸で便秘解消の効果も

深い呼吸には便秘解消の効果もあります。
腸の運動がスムーズに働くようになります。


便秘の悩みをかかえる方は、
是非便秘解消でお腹をすっきりさせましょう。
食物繊維を豊富に含んだ健康的な食事も基本です。

便秘を解消することで、
お腹の中から健康になることが大切です。

但し、野菜は健康的というイメージはありますが、
生野菜を食べ過ぎると、身体を冷やしてしまうので、
野菜スープや温かい料理で摂るよことをお勧めします。


ダイエットには身体を冷やさないように
気を遣うことが大切です。

■ 歩きながら腹式呼吸で自然にダイエット

呼吸はダイエットの味方です。
大切な脂肪の燃えやすい有酸素運動として、
歩いている間に呼吸を意識すれば
ダイエット効果があらわれます。


ウォーキングの際にも息を吐き出すことを
意識することで、自然と深い呼吸が出来るようになり、
代謝もアップしていきます。


買い物時や出勤時、普段の歩く際に
取り入れられる手軽なダイエットです。


ということでお腹のお肉を落とすダイエット方法でした。
深い呼吸、つまり腹式呼吸を実施することは、
便秘の解消効果もあるとのことです。
胃腸がすっきりすることはダイエットにも
大きなアドバンテージとなるでしょう。

食物繊維を摂ることと合わせることで
便秘解消に大きな効果が期待できそうですね。
その意味でも呼吸は期待できそうですね。

この呼吸ですが、慣れてきましたら、
ウォーキングの時にも意識してみると良いとのことです。
呼吸をするだけでダイエットになるのですから
これほど良いダイエット方法はないと思います。

是非色々なところで実施できるようになりましょう。
いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

お腹のお肉を重点的に落とすダイエット方法 no2

ダイエットについて見ています。
前回からはお腹のお肉を落とすダイエット方法
について見ています。

前回は、このダイエット方法について
お腹周りの筋肉を意識した「呼吸」が鍵になる、
ということを見ました。

呼吸とダイエットの関係など
どうなっていくのか見ていくことにしましょう。


■ 深呼吸の効果で呼吸の働きを知ろう

おもいっきり息を吐き出してみてください。
息を全て吐き出すときに、
腹筋を使っていることが実感できます。
ゆっくり深呼吸をする際に、特に息を吐くことに意識して、
息を吐ききってみて下さい。


お腹の引き締めに効果があります。
苦しいと感じる方は無理をせず、
まず最初は30秒から、
ゆっくり深呼吸を続けてみましょう。


毎日続けることで、確実にお腹のラインを
意識できるようになります。

■ ドローインの呼吸で腹筋を鍛える効果

短期間で痩せたい、という方にも嬉しいダイエット効果の
高い呼吸法に「ドローイン」という呼吸法があります。

1. 息をできるかぎり吸い込む
2. おしりの穴に力を入れて締め、一旦息をとめる
3. おしりの穴に力を入れて締めたまま、
ゆっくりと息を全て吐きだす
4. お腹をへこませたまま10秒~30秒キープ


これを1セットとして、一日に数回、
続けられる方は1日に10回やってみると
お腹が痩せる効果があがります。
また当然ですが筋力もアップします。


ということでお腹のお肉を落とすダイエット方法でした。

深呼吸といってもそれほど長時間やるという
ことはあまり無いかと思います。
ですので、息を思い切り吸う、吐く、ということも
意識しない限り無いのではないでしょうか。

腹筋を意識して、息を吐き切ることに意識することから、
先ず開始し、深い呼吸をできるように
してみると良いようですね。

腹式呼吸と呼ばれるものですが、
息を吐き切るというのは結構苦しいものです。
お腹の筋肉をへこませるだけ、へこませて
息を吐き切ってみましょう。

またドローインという呼吸方法もあるようです。

・息を吸う
・息を止める
・息を吐き切る
・そのまま腹をへこませて10~30秒保つ
最初から何回もできないかもしれませんが、
徐々に数を増やしていってみてみましょう。

何れにしましても、お腹を意識しての
呼吸となりますね。
少しずつでもよいので毎日継続しましょう。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

お腹のお肉を重点的に落とすダイエット方法 no1

ダイエットについて見ています。
前回まではウエストに効果のある
ダイエット方法ということで見てきました。

・食物繊維とタンパク質を重視した食事
・ダイエット系炭酸飲料や、カロリーゼロ飲料は注意
・ノンカロリーのお茶や水がお勧め
・腹筋運動のし過ぎは注意
など見てみましたね。

今回はこれをもう少し進めていき
お腹周りの贅肉を落とす方法を見ていきましょう。
すっきりしたウエストを目指しましょう。


■ お腹の贅肉を落とす

男性女性ともに、身体の気になる部分といえば、
定番として「お腹まわり」がでてきます。
すっきりとしたウエスト、お腹のくびれは
女性の永遠の理想ではないでしょうか。

ただ、
・お腹が出ている、
・お肉の肉がはみ出ている、
・シルエットが美しくなりたい

等々お悩みの方も、では具体的にどうしたらお腹まわりを
すっきりさせることが実現できるのか悩むところです。

お腹を効果的に痩せさせるには、
お腹周りの筋肉を意識した「呼吸」が鍵になります。
ヨガやピラティスなど健康法としても話題のダイエットは、
「呼吸」をもっとも意識して行われます。


そこで是非お腹周りに焦点を当てて、
お腹がすっきり痩せる呼吸の方法と
ダイエット方法を見ていきましょう。

ぽっこりお腹を撃退して、ダイエットを成功させ、
感動のウエストのくびれを手に入れましょう。

■「深い呼吸」を意識してお腹の脂肪へアタック

最近ヨガや呼吸法が話題なのには理由があります。
それは、普段から深い呼吸を意識して
生活するのとしないのでは
ダイエットに大きな差が出るからです。

深く呼吸することで、特別に何かをしなくても、
自然と運動量があがるのです。

では、正しく深い呼吸法をひもといてみましょう。


ということでお腹のお肉を落とすダイエット方法でした。

お腹を効果的に痩せさせるには、
お腹周りの筋肉を意識した「呼吸」が鍵になる、
とありますように、今回のキーポイントは、呼吸です。

呼吸なんて普段意識しなくても実施していますが、
今回見ていく呼吸は、意識して行う呼吸です。

ヨガやピラティスなど健康法として話題のダイエットは、
「呼吸」をもっとも意識して行われる。
ということです。
最近はヨガがブームのようで、以前も書きましたが、
私の住んでいるところでもヨガ教室がオープンするという
宣伝がでていました。
ここでも大事なことが呼吸ということです。

そして深い呼吸を意識して生活するのとしないのでは
ダイエットに大きな差が出る。
ということですから、呼吸の大切さを再認識しましょう。

どのような方法で、どれくらいの回数の呼吸をすれば
ダイエットに適しているのか、効果があるのか、
是非知りたいところです。
それについては、次回以降具体的に見ていくことにしましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ウエストに効くダイエット方法とは no8

ダイエットについて見ています。
現在見ているのはウエストに効果のある
ダイエット方法です。

前回見ましたように、
ウエストを細くしたいということで
腹筋運動をダイエットメニューに入れる方も
多いかと思います。

これはこれで腹筋を鍛えるということでは
効果はありますが、ダイエットであったり、
ウエストをすっきりさせるのには
思ったほど効果はないとのことでした。

腰を痛めないようにするためにも、
適度な量の実施が必要とのことですので、
その点は注意しておきましょう。

今回も引き続き見ていきましょう。


■ メタボ腹はさまざまな成人病の引き金に

お腹まわりにつく脂肪は脚や腕などに
ついてしまうものよりも格段に落としやすく、
目に見えて結果が出やすいので
モチベーションも上がりやすいと思います。

メタボリックシンドロームが問題視されていますように、
内臓脂肪は高血圧や高脂血症などの
恐ろしい成人病を引き起こす
原因になると言われています。


内臓脂肪による肥満が悪化しますと、
血液の巡りが悪くなり、
・動脈硬化
・脳梗塞
・心筋梗塞

といった命にかかわる大病に
発展することもあります。

お腹周りをスリムに保つことは、
美容の観点からだけではなく、
健康に生活していくうえでも役立つことです。


日頃から引き締まったウェスト維持を
心掛けるようにしましょう。

最近ズボンやスカートがきつくなってきたな、
と思ったら、放っておかずに
少しずつダイエットを始めてみましょう。

定期的に人間ドックや健康診断を受け、
ご自分の状態を正しく把握しておくことも、
忘れないようにしましょう。



ということで、ウエストをすっきりさせるのに
効果のあるダイエットについてでした。

最近ではメタボリックシンドローム、
俗にメタボというのが話題になります。
お腹につく脂肪の塊はまさにメタボを象徴していますね。

そしてただ単にお腹が出てしまうだけでなく、
内臓脂肪や高脂血症、高血圧など
成人病を引き起こす元凶となってしまうことが
何とも恐ろしいところです。

私自身年齢を重ねてきて、お腹の肉が落ちなかったり、
下腹が引っ込まない、など今まで感じなかったことが
気になるようになっています。

昔と同じように食べていては駄目なのでしょう。
ウエストをすっきりとさせ、
それを維持していくためにも、
今回見てきた内容を良く把握し、
引き締まったウエストになるようにしましょう。

いかがでしょうか。
是非参考にしてみて下さい。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

ウエストに効くダイエット方法とは no7

ダイエットについて見ています。
現在見ているのはウエストに効果のある
ダイエット方法です。

前回、前々回と水分補給についてでした。
そしてお勧めの水分補給は以下でしたね。
・水、お茶などのカロリーを含まないものを摂る

特にペパーミントティーは、空腹感も減退させてくれる
ということでお勧めとのことです。
是非試してみて下さい。

今回も引き続き見ていきましょう。


■ ウェストを細くするためには腹筋だけで良いか

ダイエットをするにあたり、
覚えておかなくてはいけないのは、
体重の減少は食事の調整が必要なことが多く、
運動だけでは目に見える効果は
なかなか期待しにくいということです。


ただし、筋肉は運動をしなければ
鍛えることができませんから、
ただ痩せるだけではなく
引き締まった格好良い体形を手に入れたい場合には、
正しいエクササイズを取り入れることも
考えてみましょう。

注意してほしいのは、お腹を凹ませたい、
という一心から腹筋運動をやり過ぎないことです。


ウェストを細くするには単なる腹筋運動
だけでは効果が薄いですし、
適切でない腹筋運動のし過ぎは
却って背骨を痛めてしまいます。

■ ポールを使ったツイストエクササイズ

家で簡単にできるエクササイズとして、
ポールを使ったものがあります。
・ポールを首の後ろにまわした状態で、
両手でポールをつかんで立ちます。
・背中をまっすぐに伸ばし、足を肩幅に開きます。
・その姿勢で左右に腰をひねり、
ツイスト運動を繰り返しましょう。


ウェストをキュッと引き締めるには
お腹の両脇の部分の脂肪を落とし、
筋肉をつけることが大切です。


このエクササイズを日に30セットくらい
繰り返してみましょう。
もちろん無理であれば、もっと少ない回数から
チャレンジしてみて下さい。


ということで、ウエストをすっきりさせるのに
効果のあるダイエットについてでした。

ウエストを細くするということでは
食事での対応と、運動の対応がありますが、
中でも効果があると思われるのが腹筋ですね。

お腹の筋肉が4分割や、8分割されているのを見ると、
格好良いと思ってしまう人も多いかと思います。
ただこのような腹筋を鍛えることと、
ウエストを細くすることは別のことのようです。

ですので、あまり腹筋運動だけにこだわるのは
止めたほうが良いようです。
腹筋運動のやり過ぎは腰を痛めることにもなりますので
ほどほどにしておきましょう。

ウェストを引き締めるには
お腹の両脇の部分の脂肪を落とし、
筋肉をつけること、ということです。
紹介されているポールを使用して
腰をひねる運動、実践してみましょう。

意識して腰をひねることで
効果があるかもしれまんせんね。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする