睡眠: 生活全般の気になる情報

2018年01月17日

布団にカビを生えさせないための対策 no3

布団にカビを生えさせないために、
ということで前々回から見ています。

カビは布団だけではなく、床や畳にも
伝播されていくので布団のカビの
発生は抑える必要があります。

また病気の原因にもなるので
しっかり対策をしていきましょう。


■ カビを生えさせないためにできること

②天日干しをする

湿気を取り除き、カビの生えにくい布団にするには
天日干しが有効です。
朝はまだ湿度が高いので、
お昼前後に干すのが好ましいでしょう。


布団を干すときは両面をしっかり天日に当て、
しっかり殺菌しましょう。
取り込むときに表面に掃除機をかけると、
細かいゴミやダニなども取り除くことができます。

③布団を乾燥させる

カビを防ぐためには、乾燥が一番です。
湿度に低い環境ではカビは生えません。

乾燥させるためには天日干しが一番有効ですが、
中には布団を干すことができない人もいるでしょう。
そんなときは「家庭用ふとん乾燥機」
を使用すると良いです。


こまめに乾燥機を使うことが難しいという場合でも、
最低週に一度は使うようにしましょう。
タイマー機能や自動電源オフ機能などの
安全機能がついているものもあります。

④部屋と布団の湿気を高くしない

カビは湿気が多いと発生してしまいますので、
湿気を減らすことが布団のカビを
予防するためにはとても大切です。


特にフローリングの部屋の場合には、
部屋の構造として、湿気を調節する構造が少ないため、
湿気を意識的に減らすようにすることが効果的です。

具体的には、
・布団の近くで洗濯物を干さない
・布団を太陽が当たる場所に敷く

などといったことが効果的です。

これらは基本的なことですが、
基本的なことをしっかりと行うことで
布団にカビが生えてしまうことを
予防することにつながります。


ということで布団にカビを生えさせないための
対策についてでした。

今回は以下3点が挙げられました。
・天日干しをする
・布団を乾燥させる
・部屋と布団の湿気を高くしない

共通して言えることは布団から湿気を取り除く、
ということになりますね。

・布団は昼前後に干す
・両面を良く日にあてる
というのが効果的なのでしょうが、
日に干せない場合は布団乾燥機を使用する
のも良いとのことです。

布団乾燥機は強力な武器になるのではないでしょうか。
天気の悪い日や、日差しが弱い冬の時期は
こちらを利用するのも効果的だと思います。

布団のある部屋の湿気を高くしないのも
大切なことですね。
布団のある部屋に洗濯物を干さない、
などはついやってしまいがちですので、
注意しましょう。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

布団にカビを生えさせないための対策 no2

布団にカビを生えさせないために、
ということで前回から見ています。

寒いこの季節、暖かい布団は有難いものですが、
だからこそ布団は清潔に保ち、
快適な睡眠ライフを送りたいものです。

布団にカビを生えさせないようにするために
どうすれば良いか、今回も見ていきましょう。


■ カビが生えるのは布団だけではない

カビが生えるのは何も布団だけではありません。
布団をいつも敷きっぱなしにしていると、
どうしても湿気が残ってしまい
カビが生えやすくなってしまいます。

しかも、布団だけでなく畳や
フローリングといった床にも
カビが生えてしまいます。


床に生えたカビはあまり目に見えず
わかりにくいのですが、
実はカビが生えていることがあるので、
要注意です。

■ カビは様々な病気の原因になる

カビが生えている状態というのは、
様々な病気の要因となってしまいます。

カビが生えている布団を使い続けてしまうと、
皮膚疾患や呼吸器官への影響が懸念されます。
また体調を崩しやすくなってしまう、
ということもわかっています。


更に、カビが生えていると、
ダニやノミなどの寄生害虫が住みやすい環境となります。

■ カビを生えさせないためにできること

カビを生えさせないためには、
湿度を下げることと清潔にしておくことが大切です。

①布団はすぐにたたまない

布団を敷きっぱなしにしておくことは、
前述のとおりカビを生えやすい環境にしてしまいます。
しかし、起きてすぐに布団をたたむと、
湿気を逃がすことができません。


起床後はまず敷ふとんと掛ふとんの間に隙間を作り、
寝ている間にこもってしまった湿気を逃がしましょう。
布団をたたむのはそのあとにしましょう。

目安としては、布団を触ってみて
熱が残っていなければ大丈夫です。



ということで布団にカビを生えさせないための
対策についてでした。

布団を敷きっぱなしにしておくとカビが
床や畳にも伝播してしまうというのは
驚きですね。カビの繁殖力の高さだと思います。

そこで対策となってくるわけですね。
・布団はすぐにたたまない

布団を敷きっぱなしにしておくのはいけないのですが、
だからと言って直ぐにたたむのも良くない
とのことです。

すぐにたたむと布団に湿気が溜まったままに
なってしまうからなのですね。
この辺りのタイミングは気を使いそうです。

布団に熱が残ってない状態までにしてから、
布団はしまうのが良いとのことですので、
是非実践してみて下さい。

いかがでしょうか。
この話は次回に続きます。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

布団にカビを生えさせないための対策 no1

寒い日が続いています。
まさに寒波到来という様子です。

暦的には間もなく大寒もあり一番寒い季節ですね。
朝の起床時も布団から抜け出すのが
辛い時期となっています。

布団のなかが暖かくて有難いと感じるわけですが、
だからこそ布団はしっかりと手入れをしたいものです。

布団を清潔にしてカビなどを生えさせないように
しないといけないですね。
ではそんな布団の手入れ方法を見ていきましょう。


■ 布団清潔に保つ

いつも使っている布団が、
気づいたらカビが生えてしまった、
ということありませんか?

布団はどうしても湿気がこもりやすいため、
カビにはもってこいな環境になってしまいます。

そんなカビを防ぐためには、湿気を取り除くことと
清潔を心がけることが大切です。


以下では、布団に生えるカビを
防ぐための対策について見ていきます。

■ 布団はカビが生えやすい

毎日使う布団は湿度が上がりやすく、
そのため何もしていないとカビが
生えやすくなってしまうのです。

■ 一晩にコップ1杯の汗をかいている

人は眠っているとき、知らない間に
大量の汗をかいています。
皮膚から少しずつ発生している汗は、
季節を問わず、一晩のうちにコップ1杯分にもなる
と言われています。


よく「朝起きたらコップ1杯の水を飲むといい」
と言われますが、これはその分だけ
汗をかいているからなのです。

知らない間にかいている汗は
布団に吸収されてしまうため、
そのままにしておくと湿度が
高いままになってしまいます。



ということで布団にカビを生えさせないための
対策についてでした。

布団は元々湿気が溜まり易いものとのことです。
確かにそれはわかるような気がします。

私達は睡眠中に大量の汗をかいている、
というのは良く聞く話かと思います。
これは今の寒い時期でもそうですね。
意外に寝汗はかくものです。

ですからその汗が布団に吸収されてしまい、
結果として湿気が溜まる、
ということになる構図は理解できます。

改めて布団の湿気について気づかされた感じです。
布団にカビが生えてしまうことは避けたいものです。

次回以降対策を見ていきましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

睡眠不足解消のための正しい寝溜め no4

睡眠について見ています。
今回は寝溜めについて見ています。

前回は寝溜めにより体内時計が乱れてしまうことへの
対応について見ました。
朝食を摂るというのは、体内時計を整えるのに
大変有効であるということです。

ですので、休日でも平日ど同様に決まった時間に
朝食を摂るのが良いのですが、
では睡眠不足は解消はできるのでしょうか。

以下で見ていきましょう。


■ 効果的な睡眠不足の解消法

・正しい寝溜めと、睡眠の質の改善

では、睡眠不足を解消できる寝溜めの方法とは
どのようなものなのでしょうか。

まず、睡眠時間を延ばす際は、
起床時間を遅くするのではなく、
就寝時間を早くすることを心掛けてください。


起床時間を遅くする場合は、
最大でも平日の起床時間から
2時間遅らせる程度に留めましょう。


このような正しい寝溜めによって、
体内リズムや眠りのリズムを狂わせることなく
日頃の睡眠不足を解消できるはずです。

更に睡眠の質そのものを改善することで、
より効果的に睡眠不足を解消することが可能です。


睡眠の質を改善するためには、
先述したノンレム睡眠をしっかりとれるよう、
寝る前の習慣に注意が必要です。


例として、
・就寝前のカフェインを控える
・寝酒をしない
・お風呂の温度は低目に設定する
などの方法があります。

心身ともにリラックスした状態で眠りにつき、
質の良い睡眠をとれるよう工夫してください。


現代人の多くが抱える睡眠不足の悩みを
解決するカギは、
質の高い睡眠と正しい寝溜めにあります。

睡眠不足を解消して心身ともに
健康な日々を送れるように、
ご紹介した方法を実践してはいかがでしょうか。

■ 眠れない夜に効果的なツボ

その名も「安眠」
安眠は、首の後ろにあるツボです。

耳の後ろの下に向かって尖っている骨(乳様突起)
の出っ張りから、 およそ指の幅一本分下にある部分
(うなじとぶつかる辺り)に安眠のツボがあります。


人差し指、中指、薬指の3本を使って、
全体的にさすってみるか、
親指で5~10回ほど押してみてください。

ツボ押しの道具があると便利かもしれません。
また、寝る前に血行をよくする
軽いマッサージもお勧めです。


ということで睡眠不足解消のための寝溜めに
ついてでした。
睡眠不足を解消するための正しい寝溜めとは
どのようなものかということですが、以下となります。

・睡眠時間を延ばす際は、就寝時間を早くすること
起床時間を遅くする場合は、2時間まで

これによって体内時計や眠りのリズムを狂わせることなく
睡眠不足を解消できるとのことです。
起床時間は可能な限り一定にしましょう。

・睡眠の質を改善すること

ノンレム睡眠をしっかり確保できるように
リラックスした状態で眠りに入れるようにしましょう。

・就寝前にカフェインやアルコールの摂取を避ける
・安眠というツボを刺激する
などでより良い眠りを得られることが良いようです。

いかがでしょうか。睡眠不足は辛いものです。
睡眠の質を高め、早寝による寝溜めで
睡眠不足を解消していきましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

睡眠不足解消のための正しい寝溜め no3

睡眠について見ています。
今回は寝溜めについて見ています。

前回、前々回と身体にとって良くない
寝溜めについて見ました。

・未来の睡眠を先取りしようとする寝溜め
・睡眠不足取り戻しのため昼頃まで寝る寝溜め

どちらも人間の体内に備わっている
体内時計のリズムのバランスがずれることに
なってしまうということです。

朝起きてから、夜眠るまでのサイクルが
週末の寝溜めによりずれることで
体内時計がおかしくなる、
週明けの身体が重い、という悪循環を生みます。

では体内時計をどのように整えればよいのでしょう。
以下で見ていきましょう。


■ 乱れた体内時計のリズムを整える

休日は寝だめした結果、朝食を摂る時間も
遅くなりがちではないでしょうか。
実は、朝昼兼用の食事やブランチは、
体内時計のリズムを大きく乱す要因となります。

そう、乱れた体内時計のリズムを整えてくれるもの、
そればズバリ「朝食」です。


■ 朝食が体内時計リセットに効く理由

私達の体内時計は、1日が24時間より
少々長めに設定されています。
このため、1日ごとに24時間との
ズレをリセットする必要があるのです。

そのリセットに大切なのが朝食です。
朝食を摂りますと、体内時計がリセットされ、
体温が上昇して一気に活動モードになります。

身体のリズムがきちんとリセットされ、
1日を元気にスタートできます。

しかし朝昼兼用の食事ですと、
このリセットボタンを押すのが
お昼近くになってしまいます。


すると体内時計が乱れ、
心身のコンディションを乱す原因になってしまいます。
「たまの休みはゆっくり起きてのんびりした1日を」
という気持ちもよく分かります。

しかし休日にのんびりした結果、
体調を崩してしまっては悲し過ぎますね。

仕事のパフォーマンスを上げるためにも、
リズムに沿った時間の過ごし方が大切です。
休日も、いつも通りの時間に朝食を
摂る習慣を身につけましょう。



ということで睡眠不足解消のための寝溜めに
ついてでした。
寝溜めをしたことによる体内時計の歪みを
どのように調整するかということでしたね。

そして乱れた体内時計のリズムを整えてくれるものは、
「朝食」であるということでした。

人間の体内時計は、1日が24時間より
少々長めに設定されているとのことで、
このリセットに大切なのが朝食ということです。

朝食を摂ることで体温が上昇し、
活動モードに入れるということです。
朝食を摂る時間が遅くなるということは、
体内の活動開始時間も遅くなってしまう、
ということになるというわけですね。

成程、良く脳を活動させるのに朝食が大事である
というのは良く聞きますが、
身体の体内時計を整えるという役割もあるのですね。

朝食を決まった時間に摂ることは
相当に大切のようです。
休日も同じ時間に起きる必要がありそうです。

では睡眠不足の解消方法はどうなるのでしょうか。
次回で見ていきましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする