睡眠: 生活全般の気になる情報

2018年04月08日

掃除機を使わない布団圧縮袋のメリット no5

布団圧縮袋について見ています。
今回は掃除機を使用しない布団圧縮袋について
見てきました。

前回は掃除機を使用しない布団圧縮袋のメリットのうち
残りの以下を見てみました。
・電気代が掛からない
・ホコリがつかない、場所を取らない

これを含めて最後にもう一度確認しておきましょう。


■ まとめ:布団圧縮袋を買うなら掃除機不要のタイプがお勧め

以上掃除機を使うタイプの布団圧縮袋を
使うことのデメリットと、
掃除機不要の布団圧縮袋を使うことの
メリットについて見てきました。

もう一度そのデメリットとメリットについて
確認しておきましょう。

・掃除機を使う布団圧縮袋は、
 掃除機を壊してしまう可能性がある

・掃除機不要の布団圧縮袋は
 電気代が掛からず簡単に圧縮できる

・掃除機不要のタイプの物でも圧縮はできる


掃除機を使うタイプの布団圧縮袋でも、
気を付けていれば掃除機を
壊さなくて済むかもしれません。

しかし、掃除機を使わなくても
布団が圧縮できるならそちらの方が良い、
またはできるだけ電気代や手間を掛けたくない、
という方には掃除機不要のタイプの
布団圧縮袋の購入をお勧めします。


掃除機で吸うよりも圧縮の力は弱まりますが、
それでも元の布団の厚みと比べると
布団圧縮袋を使うのと使わないのとでは
見たが目はるかに違います。


電気代も場所も手間も取らない
掃除機不要の布団圧縮袋のメリットを
理解頂けましたでしょうか。
是非参考にして下さい。


ということで掃除機を使わない布団圧縮袋についてでした。
いかがでしたでしょうか。

今までも見てきましたように布団圧縮袋は
スペースコストを節約できるなどメリットは
多々あります。
しかし今回見てきましたように圧縮を行う過程で、
掃除機を使用することが負担になったりする場合があります。

・掃除機の出し入れ
・掃除機使用時の電気代
・掃除機の過使用による掃除機の故障

こういった点を改善してくれるのが今回見た
掃除機を使わない布団圧縮袋の存在ですね。

掃除機を使用しない分、圧縮度合は多少劣る可能性も
あるかもしれませんが、掃除機の過使用を防ぐなど
メリットは大きいと思います。

布団圧縮袋の購入を検討している方は
こういった点も考慮してみてはいかがでしょうか。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

掃除機を使わない布団圧縮袋のメリット no4

布団圧縮袋について見ています。
今回は掃除機を使用しない布団圧縮袋についてとなります。

前回から掃除機を使用しない布団圧縮袋のメリットについて
確認しています。前回は、
・掃除機不要で簡単に圧縮できる
というものでした。

布団圧縮袋の使用に際しては、
掃除機による空気の吸出しの力は有難いのですが、
どうしても手間である、と考える人も多いようです。

ですので、掃除機不要の布団圧縮袋は
その部分は人力に頼ることになるのですね。
掃除機と比べますと吸い出し力は減りますが、
簡単に圧縮できるのは魅力を感じますね。

今回も引き続き残りのメリットについて見ていきましょう。


■ 電気代が掛からない

これは節約家には嬉しいですね。
自分の力で圧縮するので掃除機不要、
つまり電気代が掛からないというわけです。


何十分も使うものではなくても
電気代は掛からない方が良いでしょう。
またいちいち掃除機を出してきて
セットする手間が省けるのも
時間短縮になりますね。


■ ホコリがつかない、場所を取らない

これは掃除機を使う布団圧縮袋にも言えることですが、
布団圧縮袋の購入を考えている方に
是非知って頂きたいことは、
布団圧縮袋は場所を取らないだけでなく、
ホコリがつくことも防げる、
というメリットがあるのです。


布団によっては暫く使わないものがあるかもしれません。
布団を長い間押し入れに入れておきますと
汚れやホコリが付く可能性があります。


しかし布団を布団圧縮袋に入れておきますと
外からの汚れやニオイ等を防ぐことができます。

布団を綺麗に保ちたい方には
大変お勧めです。


ということで掃除機を使わない布団圧縮袋についてでした。
掃除機不要な布団圧縮袋のメリットで挙げられていた
残りについてでしたね。
・電気代が掛からない
・ホコリがつかない、場所を取らない

電気代が掛からない、というのは
大きなアピールポイントと言えると思います。
布団圧縮袋の使用がそれほど頻繁で無くても、
一度に空気を吸い出すためには
それなりに掃除機を使用します。

使用すれば電気代が掛かりますし、
掃除機も壊さなくて済みます。

ほこりがつかない、場所を取らない、
というのは布団圧縮袋のメリットとなりますね。

布団圧縮袋は以下の特徴が挙げられるのですね。
・布団を圧縮してスペースを節約できる
・布団を布団圧縮袋に入れて収納することで
 布団を汚れやニオイから防げる
この点は掃除機使用の有無にかかわらずということに
なるかと思いますが、こちらもメリットと言えますね。

布団圧縮袋のメリットを見てみましたが、
いかがでしたでしょうか。
布団圧縮袋の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

掃除機を使わない布団圧縮袋のメリット no3

布団圧縮袋について見ています。
今回は掃除機を使用しない布団圧縮袋についてとなります。

布団圧縮袋は掃除機で中の空気を吸い出すのが
一般的ですが、過度に中の空気を吸い出そうとうすると
掃除機に負荷がかかり過ぎてしまい、
掃除機の故障につながってしまいます。

このようなことで掃除機を壊してしまうことを
避けるため、ということで
掃除機を使用しない布団圧縮袋の登場となります。

こちらの布団圧縮袋のメリットなどを
以下確認していきましょう。


■ 掃除機不要の布団圧縮袋のメリット

布団を圧縮するのに掃除機を使って
掃除機を壊してしまった方に朗報です。

掃除機不要でも使える布団圧縮袋があるのです。
掃除機不要も兼ねた布団圧縮袋のメリットは
以下となります。

・掃除機不要で簡単に圧縮できる
・電気代が掛からない
・ホコリがつかない
・場所を取らない


■ 掃除機不要で簡単に圧縮できる

掃除機で空気を吸い取る必要はありません。
布団圧縮袋に布団を入れ、
その上に乗ったり手で押して
空気を抜いていくだけです。


掃除機を使うよりは圧縮が足りず
少し厚みが出ますが、
それでももとの布団の厚みと比べますと
一目瞭然です。


家で布団を圧縮する以外にも、
旅行に行く時なども荷物がかさばるので、
クッションやタオルを圧縮して
スーツケースにしまう方もいるそうです。


ということで掃除機を使わない布団圧縮袋についてでした。
では掃除機不要な布団圧縮袋には
どのようなメリットがあるのでしょうか。

それが以下でした。
・掃除機不要で簡単に圧縮できる
・電気代が掛からない
・ホコリがつかない
・場所を取らない

先ずは簡単に圧縮できるということです。
掃除機を使用するということは
手間と時間がかかり、ある意味面倒さを
感じるものでもあります。

一方で掃除機不要な布団圧縮袋は
人力で布団袋の中の空気を抜く、
というものです。

・布団袋に乗る
・手で布団袋を押す
といったことで抜いていきますので、
やはり圧縮度合は下がることになります。

手軽さということでは良いのではないでしょうか。
掃除機を壊すという心配も解消されます。

いかがでしょうか。
残りのメリットは次回見ていきましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

掃除機を使わない布団圧縮袋のメリット no2

布団圧縮袋について見ています。
今回からは掃除機を使用しない布団圧縮袋についてとなります。

通常の布団圧縮袋は、掃除機を使用して
布団を入れた袋の中の空気を吸い出していきます。
そうやって空気を吸い出すことで
布団の入った袋を圧縮しコンパクトにしていきます。

では掃除機を使用しないと布団の中の
空気を吸い出せないのでしょうか。
その辺りも含めてみていきましょう。


■ 布団圧縮袋を使う際の注意点

布団圧縮袋は掃除機と一緒に使うもの、
と思っている方もいるでしょう。

布団を布団圧縮袋に入れて
掃除機で中の空気を吸い取ったらおしまいです。
確かに簡単ですし押し入れもスッキリです。

しかし、布団を圧縮することにより、
掃除機が壊れてしまうというケースがあるのも事実です。

掃除機にしても安いものではないので
壊れてしまっては困りますよね。

掃除機が壊れてしまう原因は、
中の空気の吸い過ぎによるものと言われています。


もともと掃除機というのはゴミを吸い取るものです。
それが布団圧縮袋に使うとどうなるでしょうか。

空気を吸って圧縮をし、もう吸い取るものがないのに
更に空気を吸い続けるので
掃除機に負担が掛かってしまい、
最終的に壊れてしまうのです。


布団圧縮袋の中にまだ空気が残っていて、
少し余裕があるくらいで終わらせるのでしたら
掃除機が壊れる可能性も低くなります。

但しその代わりペシャンコにはならず
少し布団の厚みが残ります。


また掃除機を使えば電気代が掛かりますし、
空気を抜くために吸い過ぎることで、
掃除機を駄目にしてしまう可能性もあります。

このようななことで掃除機が壊れてしまうのは
何とも残念なことです。


ということで掃除機を使わない布団圧縮袋についてでした。
布団圧縮袋を使用するにあたって、掃除機はどうなのでしょうか。

布団圧縮袋のなかの空気を吸い出すことは
掃除機を使用することで確かにできることではありますが、
それによって、掃除機が壊れてしまうこともある、
といことです。

布団を圧縮しようとて空気を吸い出すことを
し過ぎてしまうことが原因のようです。
空気を吸って、もう吸い取るものがないのに
圧縮度を高めようと、更に空気を吸うことで
掃除機が壊れてしまうとのことです。

本来の掃除機の使用方法と異なる使用をするので、
加減が難しいですね。
そうかといって、空気を吸い出す量を加減すると
布団圧縮袋の圧縮度が減ることになります。

・掃除機を壊したくない
・布団の圧縮度は高めたい
これは併存できないのでしょうか。

そこで掃除機不要な布団圧縮袋となります。
次回はそのメリットについて見ていきましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

掃除機を使わない布団圧縮袋のメリット no1

布団圧縮袋について見ています。
前回までは布団圧縮袋の使用上の注意点について
確認してみました。

特に布団圧縮袋は寿命が1年半程度なので、
こまめに交換していくことが必要というのが
意外な気がしました。
そこは使用状況を見ながら、
タイミングを考えていきましょう。

さて今回は布団圧縮袋に対し、
掃除機を使用せず圧縮できる布団圧縮袋があるそうです。

これについて見ていくことにしましょう。


■ 布団の収納と布団圧縮袋

布団を押し入れにしまいたくても、
厚くかさばり入りきらないことは
ありませんでしょうか。

布団の上の方に更に重ねようと
無理に布団を入れようとしても、
自分の背よりも高くて
綺麗に布団が入らなかったりして、
収納場所に困ることがありますよね。

一方で今では布団圧縮袋、
という便利なものがあります。
これは布団をこの圧縮袋に入れて、
そこに掃除機を入れ、
袋の中の空気を吸い込むのです。


結果として布団が入っている袋を
ペシャンコにしてしまい、
スッキリ布団をしまうことが可能となります。


但し掃除機を使用するという点で、
ややもすると不便に感じてしまう、
そういう声も聞かれます。

しかし実は掃除機不要でもできる
布団圧縮袋があるのです。


そこで今回は布団圧縮袋に対し
掃除機を使用する場合のデメリット、
及び掃除機不要の布団圧縮袋に対し、
その使い方、及びそのメリットについて見ていきます。

掃除機不要な布団圧縮袋であれば、
それはそれで非常に手間が省けて便利ですね。
これから布団圧縮袋を購入することを
考えている方は、
是非参考にしてくださいね。



ということで掃除機を使わない布団圧縮袋についてでした。
今までに布団圧縮袋について色々と見てきました。

そして布団圧縮袋は
・袋に布団を入れる
・その中の空気を掃除機で吸う
というものでした。

布団圧縮袋はどれだけ空気を抜けるか、
がポイントになるかと思います。
あまり圧縮しすぎるのは良くない
というのも以前見ました。

ただやはりある程度の圧縮は必要です。
そしてそれには掃除機の力が必要とされていました。

そこでもし掃除機を使用しなくても良いとしたら
どうでしょうか。
掃除機を使用することで不便だと思う人も
いるかもしれません。

実際に掃除機が不要な布団圧縮袋もあるそうです。
では掃除機が不要な布団圧縮袋はどうなのでしょうか。
次回からこれについて見ていきましょう。

ということで本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする