2017年09月12日

ウエストに効くダイエット方法とは no3

ダイエットについて見ています。
前々回からはウエストに効果のあるダイエット方法
ということで見ています。

前回見ましたように、
・食物繊維とタンパク質を重視した食事
こちらをしていくことが効果があるとのことでした。

ではこれについて、具体的に見ていきましょう。


■ タンパク質が摂れる食物

・卵
・魚や肉
・チーズ

などの乳製品からは
動物性たんぱく質が得られます。

・大豆
・じゃがいも
・白米や玄米
・小麦粉

などからは
植物性たんぱく質を摂ることができます。

動物性たんぱく質のほうが人間には
馴染み易い傾向にありますが、
逆に動物性たんぱく質に含まれる脂質からは、
悪玉コレステロールが増えてしまうリスクもあります。


悪玉コレステロールを増やす脂質は
主に肉類に含まれていますので、
その点に不安があれば
魚を食べるようにすればよいでしょう。

植物性たんぱく質は脂質が低くダイエットには
持ってこいなのですが、
アミノ酸のバランスも低いので、
体内で栄養素に変わりにくい、
というマイナス面もあります。


動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の良い面と
悪い面を理解し、バランスよく組み合わせて
摂取するようにしていきましょう。



ということで、ウエストをすっきりさせるのに
効果のあるダイエットについてでした。

前回見ましたようにタンパク質は、
筋肉を落とさず脂肪だけを効率よく落とす、
ということが可能ということでした。

タンパク質には以下の特徴があるとのことです。

・動物性タンパク質
脂質が多い分、悪玉コレステロールの摂取も
増える可能性あり

・植物性タンパク質
脂質は低いがアミノ酸が少ないので
栄養素に変わりにくい

以上から言えることは、
どちらもパランス良く摂ることが必要
ということですね。

お肉でしたら、鶏肉が良いようです。
魚は鯖、鯵、鰯、鮭など焼き魚はどうでしょうか。
特に青魚はDHA、EPAといった成分が大変良いとされていますので、
これは是非とも積極的に摂りたいですね。

また大豆では、納豆や豆腐、
乳製品ではチーズや牛乳も良いようです。

毎日の食事のメニューにこれらを意識して組み入れる
ことを実践してみてはいかがでしょうか。

次回は食物繊維について見ていきます。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ウエストに効くダイエット方法とは no2

ダイエットについて見ています。
前回からはウエストに効果のあるダイエット方法
ということで見ています。

ダイエットというと、体重の削減もそうですが、
お腹周りをすっきりさせる、というのも
大きなテーマかと思います。

では今回から具体的な方法について見ていきましょう。


■ 食物繊維とタンパク質を重視した食事を心がける

お腹周りに脂肪がついてしまうのは、
第一にカロリーの摂り過ぎが原因と言えます。

しかしただやみくもに食べる量を減らしてしまうと、
前述したように筋肉が落ち、その部分に脂肪だけがついて
だらしない体型を作ってしまいかねません。

筋肉を落とさないようにするためには、
たんぱく質を多めに摂るように心がけましょう。


タンパク質は筋肉を作るもとになる栄養素ですから、
ダイエット中でも意識して摂取することで
筋肉を落とさずに脂肪だけを効率よく落とせます。

また、食事を減らす時には食物繊維を
摂るようにするのもダイエットの基本です。


食物繊維は食物の消化を遅くしてくれる
効果がありますので、
食後の急激な血糖値の変化を抑えることができ、
満腹感が持続します。


空腹感を抑制することで食べ過ぎや
間食のし過ぎを防止できますし、
食物繊維によってお通じが良くなれば
便秘によるポッコリお腹も解消します。


ということで、ウエストをすっきりさせるのに
効果のあるダイエットについてでした。
今回は先ず以下が挙げられていました。

・食物繊維とタンパク質を重視した食事

お腹周りの脂肪は、カロリー摂取過多が最も大きな
原因とのことですが、これは理解できますね。
若い頃と同じように食事の量を摂っていると、
いつのまにか重量オーバー、お腹も苦しくなる、
というのは私も経験しています。

しかし食事の量を減らしても筋肉が落ちるだけて、
そこに脂肪がつくと体型が良くなるとのことです。

そこで筋肉を作る素となる栄養素である
たんぱく質、これを摂ることが良いようです。

また食物繊維の摂取も血統値の上昇を抑えてくれるので、
満腹感が継続するとのことです。
満腹感があれば、それ以上は食べなくて済みますので、
食べ過ぎを抑制できますね。

無理したダイエットとはならないイメージが
想像できるのでストレスにもならないかもしれないですね。

具体的なタンパク質や、食物繊維については
次回以降見ていきましょう。

ということで、本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。
感謝しております。それでは、また。


posted by goodlife提供 at 00:00| Comment(0) | 飲食 | 更新情報をチェックする